Mac OS X Mountain LionでオーディオCDを複製するにはどうすればよいですか(トラック間の一時停止を含む)。

I need to clone an audio CD, including the defined pauses between tracks. Under Linux, cdrdao would do the trick for me, but I cannot get the version from MacPorts to work — it will not read from my SuperDrive.

Mountain LionでMacBook Proを使ってCDを複製する方法を教えてください。

7

6 答え

まず、機能しないもの:

  1. 一部の人々は書き込みを提案していますが、それはもはや更新されておらず、そうではありません。 最新バージョンのOS Xで動作します。
  2. LiquidCD を提案する人もいますが、もう更新されておらず、最新バージョンのOS Xでは機能しません。
  3. ディスクユーティリティを推奨する人もいますが、これは DATA CD には適していますが、 AUDIO CD には適していません。ファイルシステム。ディスクユーティリティ(および舞台裏のhdiutil)は、ファイルシステムベースの.dmgファイルに書き込む必要があるため、生のオーディオCDをイメージングすることはできません。 Audio CDがFinderにマウントされているのを見ると、Audio CDトラックを再生可能な.aiffファイルとして提示するために cddafs コンビニエンスファイルシステムドライバを使用しています - これは生のAudio CDデータではありません。ディスクユーティリティのフォルダからのディスクイメージオプションから見ると、オーディオギャップが散らかっていることがよくあります。これらの.dmgファイルをマウントすると、Finderウィンドウに再び.aiffオーディオファイルが表示されますが、iTunesはマウントされた.dmgをオーディオCDとして認識しないため、通常のオーディオのようにリッピングすることはできません。 CD。

何が機能しますか? cdrdao はまだ動作し、Macports(port install cdrdao)とHomebrew(brew install cdrdao)を通して自由に利用できます。

私は cdrdao の大ファンではありませんが、この特定の作業には適しています。平均的なユーザーにとっては複雑過ぎます。(a)コマンドラインを使用する必要があるからです(私は使い慣れていますが、ほとんどの人はそうではありません)。 (b)2つの異なるデバイス名のセットに関する知識が必要です。(c)排他的アクセスを妨げるようにオーディオCDをロックするため、iTunesが実行されていないことが必要です。

NOTE: This whole process is a lot easier if you go to System Preferences > CDs & DVDs and set all options there to Ignore. This should stop Finder, iTunes and other software from breaking things at the wrong times for you.

cdrdao が排他的になるようにアンマウントしなければならないので、まず最初にあなたの光デバイスの/ dev/disk(?)名を知る必要がありますそれへのアクセス、例えば:

$ diskutil list

/dev/disk0
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *1.0 TB     disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                  Apple_HFS Macintosh HD            999.3 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3
/dev/disk3
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:        CD_partition_scheme Cool Music Disc...     *834.4 MB   disk3
   1:                      CD_DA                         75.3 KB    disk3s0
   2:                      CD_DA                         30.3 MB    disk3s1
...

この場合、/ dev/disk3は、オーディオCDが挿入されたUSBベースの光学デバイスです。

また、 cdrdao がこのデバイスと呼ばれるものを理解している必要があります。

$ cdrdao scanbus

Cdrdao version 1.2.3 - (C) Andreas Mueller 
IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/[email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IODVDServices : TSSTcorp, CDDVDW SE-208DB, MF00
IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/[email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IODVDServices : ASUS, SDRW-08D1S-U, 1.02

とにかく ":"までのそれらの巨大な文字列は、cdrdaoが必要とするデバイス名です。サムスンとASUSの2台のUSBベースの光学式ドライブを接続しているので、2台がリストされています。

オーディオCDをイメージングするには、次のコマンドを発行します。

$ diskutil umount /dev/disk3

Volume Cool Music Disc... on disk3 unmounted

$ cdrdao read-cd --device "IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/[email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IODVDServices" --with-cddb --datafile test.dat test.toc

Cdrdao version 1.2.3 - (C) Andreas Mueller 
IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/[email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IODVDServices: ASUS SDRW-08D1S-U    Rev: 1.02
Using driver: Generic SCSI-3/MMC - Version 2.0 (options 0x0000)

Reading toc and track data...
...

最終的にはディスクに2つのファイルがあります。

  1. test.datは、オーディオCDのデータを含むバイナリファイルです。
  2. test.tocはオーディオCDのトラックメタデータ(--with-cddbスイッチを使用した場合はトラック名/アーティスト情報を含む)を含むテキストファイルです。

最後に、データを新しいディスクに書き込むには、空のCD +/- Rを取り出して次のコマンドを使用します。

$ cdrdao write --device "IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/[email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IODVDServices" test.toc

Cdrdao version 1.2.3 - (C) Andreas Mueller 
IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/[email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IODVDServices: ASUS SDRW-08D1S-U    Rev: 1.02
Using driver: Generic SCSI-3/MMC - Version 2.0 (options 0x0000)

Starting write at speed 10...
Pausing 10 seconds - hit CTRL-C to abort.
Process can be aborted with QUIT signal (usually CTRL-\).
WARNING: No super user permission to setup real time scheduling.
Turning BURN-Proof on
Executing power calibration...
Power calibration successful.
Writing track 01 (mode AUDIO/AUDIO )...
...
Writing track 13 (mode AUDIO/AUDIO )....
Wrote 795 of 795 MB (Buffers 100%  98%).
Wrote 354742 blocks. Buffer fill min 93%/max 100%.
Flushing cache...
Writing finished successfully.

これが終了すると、オリジナルのオーディオCDの完全な複製ができます。ドライブでこれを開くと、iTunesはそれをオーディオCDとして認識し、その内容をリッピングするオプションを提供します。

お役に立てれば。

8
追加された
素晴らしい答えをありがとう。 エラーのため、多少の違いはありますがよく使用されています。/code>の問題主な違いは、scanbusの前後両方でアンマウントしなければならないということです。
追加された 著者 JeffH,
ありがとう、ありがとう - 私はその「init:GetsExclusiveAccess」問題も克服しなければなりませんでしたが、完璧に動作します。
追加された 著者 whaefelinger,

"Burn"がトリックをしているようです。 CDのイメージを "Raw"形式で保存すると、ISOファイルがISOINFOファイルと共に生成されます。ペアを空白のCDに焼くためにもう一度「焼く」を使用して図を描くと、元のポーズが再現されます。

一時停止を確認していませんが、曲は間違いなくコピーされています。

2
追加された
残念ながら、Burnは放棄されており、Yosemiteでは動作しません。あなたはそれを起動することはできますが、それはオーディオCDを複製しません。
追加された 著者 spkhaira,

あなたはディスクユーティリティでイメージを作ってみましたか?

詳細と写真はこちら:

http://www.wikihow.com/Copy-Your-DVDs - Mac-OS-Xとの組み合わせ

1
追加された

FooMonkeyによって記述されたプロセスからの変化は、外付けの光学式ドライブを使用していると問題が発生したため、少し変化しました。の:

ERROR: init: ObtainExclusiveAccess failed

私は最初にFooMonkeyの記事を読むことをお勧めします。それは優れた、非常に徹底的な答えであり、ここに提示されるものに対してより良い文脈でより完全なアドバイスを提供するからです。

  1. Find mount location of CD and unmount it

    $ diskutil list
    $ sudo umount /dev/diskN
    

    Where "N" is a number that corresponds to the mount that contains your CD (e.g. disk3)

  2. scan and obtain the long "IOService" device name string

    $ cdrdao scanbus
    
  3. Confirm mount location and unmount again

    $ diskutil list
    $ sudo umount /dev/diskN
    
  4. Read CD data, replace the IOService string with the one you received via scanbus

    sudo cdrdao read-cd --device "IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/Mercury [email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IOBDServices" --with-cddb --datafile test.dat test.toc
    
  5. When read completes successfully, eject disk and insert blank CD

  6. write data to blank CD

    sudo cdrdao write --device "IOService:/AppleACPIPlatformExpert/[email protected]/AppleACPIPCI/[email protected]/AppleUSBXHCI/Mercury [email protected]/[email protected]/IOUSBMassStorageClass/IOSCSIPeripheralDeviceNub/IOSCSIPeripheralDeviceType05/IOBDServices" test.toc
    
0
追加された

Post edit in progress, please ignore for the moment. The method above, using Disk Utility ... Create Image from Folder failed for me (El Capitan, 10.11.6). The image created from a CD having about 697 megabytes (note, MB not MiB) came out 773 MB and would not fit onto a CD. However, the following worked perfectly, as suggested by https://changilkim.wordpress.com/2013/03/09/create-an-audio-cd-image-on-mac/#comment-498 and slightly updated by me. You have to use Terminal.

  • でオーディオCDのディスク番号を確認します

diskutil list

例えば私の例では/ dev/disk4です。

  • それから

hdiutil create -srcdevice/dev/disk4 -format UDTO/PathToDesiredImage

次に原稿を取り出します。

  • この画像をCDに焼くには、

hdiutil burn "/ PathToDesiredImage"

これは空のディスクを要求します。他のオプション(例えば検証をオフにする)についてはhdiutilのドキュメントを参照してください。

0
追加された

This solution works perfectly for me :

1) Create a disk image from source CD

  • Insert the source CD (the one you want to copy)

  • Open the Finder, open Applications, then Utilities, and start the Disk Utility program

  • In Disk Utility, select File -> New -> Disk Image from Folder

  • The Finder will appear – select whole CD and click on the Image button

  • A new dialog box will appear. In the Where box, choose Desktop. In the Image Format box, choose DVD/CD master

  • Click Save

Now a new file will be created on your Desktop, titled the name of your CD with a “.cdr” extension. This file is a disk image of your CD. Btw, it works even if you do not select cdr format and write disk as generic Disk Image (.dmg).

Now you need to burn it on new, blank CD:

2) Create new CD from a disk image

  • Eject your original CD from the CD drive

  • Return to the Disk Utility program.

  • You should now see the disk image of your CD on the left hand side, typically at the bottom of the list. Select the image, and then click on the Burn button

  • Follow the directions and insert a blank CD-R disc when prompted

0
追加された