ポテンショメータの抵抗を2倍にすることは可能ですか?

私は古いViscount電子オルガンのリズムPCBを使った回路曲げプロジェクトを始めています。アイデアはいくつかの追加のコントロールと処理を追加することによって、ポータブルリズムボックスを作ることです。この問題について私が考えているのは、テンポをコントロールする既存の指数フェーダーに加えて、ハーフテンポスイッチを追加することです。

私の最初の考えは起動時に抵抗を2倍にするスイッチを追加することです。

私はこれが不可能だと思います、回路パスに別の可変抵抗器を配置すること以外には、

schematic

simulate this circuit – Schematic created using CircuitLab

ただし、これには、2つのポテンショメータを物理的に位置合わせし続けるように強制する設計が必要です。片方のポテンショメータがもう一方のポテンショメータを自動的に「追跡」するようにするためのトリックがある場合は、それを使用します。

Edit: Per questions, here's a photo of the PCB: PCB showing connections

And relevant part of the circuit diagram: Photo of the circuit diagram

7
通常、最初に問題を説明してから、この種の質問でそれを解決する方法についてのあなたの考えを説明するのが最善です。時には最善の解決策は別のアプローチです。ここでは@Andyakaを使い、必要に応じてこれをデジタルで2で割ることで、より高いレートのパルスを最初に生成します。機構部品が少なく、故障しにくく、1組の接点だけがきれいに保たれます。
追加された 著者 smack0007,
同じ軸を共有するポテンショメータのようなものがあります。通常、これらはステレオコントロール(同じ抵抗値を持つ)や、一部の電源で同じ軸上に複数のコントロール(微調整やコース調整など)が必要なシステムで使用されます。答えではありませんが、それはあなたに探し始める場所を与えるかもしれません
追加された 著者 H. R.,
現時点でこの質問はXY問題の匂いがするので、なぜあなたが抵抗を2倍にしたいのか説明してください。
追加された 著者 user20218,
どんな回路がビートのためのタイミングパルスを生成するかにかかわらず、BPMを半分にするために出力に2で割る論理回路を使います。
追加された 著者 user20218,
@buildsucceededポテンショメータの出力は何に入力されますか?スライダーの出力が単なる電圧信号であるならば、あなたの解決策は入力側で半分に12Vを切るのと同じくらい簡単かもしれません。
追加された 著者 user4574,
@Andyakaオーディオビートを出力する回路を制御しています。「テンポスライダー」で選択したテンポ、つまり既存のリニアポテンショメータを半分にしたいと思います。 (答えで示唆されているように、私は私の望ましい振る舞いを得るためにこれをステレオロータリーエンコーダに取り替えなければならないかもしれません。)
追加された 著者 maxauthority,
連動ポテンショメータ、直列。あるいはレトロにしてひもを使う。
追加された 著者 Shanteva,

6 答え

新しく追加されたオリジナルの回路図で、これがRCオシレータ回路であることがわかります。ハーフテンポスイッチを追加するというあなたの本当の目標を達成するために、私たちはオリジナルのものと同じ値を持つ2番目のコンデンサを追加することによってテンポを半分に分割することができます。スイッチを使用すると、結果として得られる回路セグメントは次のようになります。

schematic

simulate this circuit – Schematic created using CircuitLab

スイッチを閉じると、静電容量が2倍になり、周波数が半分になります。ポテンショメータを他のものに置き換えるよりもはるかに簡単です。

46
追加された
@ buildildが成功しました。注意点:多くのコンデンサは公差範囲が広いため、公称値から大きく変動することで有名です。スイッチを真に半分のテンポにすることが重要な場合(20〜30%以内ではなく)、コンデンサを一致させる必要があります。既存のものを測定してから、同じ値の一連の置換を測定して、一致するものを見つけることができます。あるいは、既存のものと同じ名目値に一致するものを2つ見つけて、既存のものと置き換えることもできます。それはうまくいくかもしれませんが、おそらく厳密に必要というわけではありません。
追加された 著者 SePröbläm,
そしてはるかにエレガント!
追加された 著者 JB King,
これは正しい解決策です。鉱山はその理由を示しているだけです!
追加された 著者 Transistor,
これであなたの助けをありがとう!私はそれがなぜうまくいくのかを理解しています。これは私の旅のこの段階では私にとっては稀です
追加された 著者 maxauthority,
とても優雅な解決策。 +1。
追加された 著者 TomTsagk,
私はオペアンプでこれを行う方法について答えを出すつもりでしたが、これははるかに優れています。尊敬!
追加された 著者 Reto Höhener,
これはまっすぐに解決策であり、他のものを支持してバブルアップされるべきです。
追加された 著者 Aliquam,

システムが回路図のように構成されていることはほとんどありません。一番左のアクティブポットワイパーを完全に左にして、電圧リファレンスをショートします。

schematic

simulate this circuit – Schematic created using CircuitLab

図1(a)リズムボックスの配置(b)出力を2で割る。 (c)入力を2で割る。

  • (a)は可能性のある配置を示しています。ワイパーがどこに設定されていても、Vrefの負荷は一定のままです。 (これは、OUTへの負荷がかなり高い抵抗であることを前提としているため、Vrefにそれほど負荷をかけません。)
  • (b)は出力電圧を2で割ります。あなたの下流の回路はいくらかの負荷効果を持っているので、あなたはこれがあなたに半分の周波数を全く与えないことを見つけるかもしれません。負荷をかけ過ぎないようにするには、R3と4をポット抵抗値の約10倍にする必要があります。
  • (c)はとても簡単です。ポテンショメータ抵抗トラックを分圧器の半分として使用します。これも実装が最も簡単なはずです。トラックをポットの「最上部」に切り取り、直列抵抗と単極単投スイッチを追加するだけです。

あなたの修正された回路図はまだ直列接続された可変抵抗器を示しています。ワイパーをポットの一方の端に接続するのを忘れています。現時点ではオープンサーキットなので何もしません。

schematic

この回路をシミュレートする

Figure 2. Stereo potentiometer arrangements. (a) What the OP intends. (b) This circuit will not work in the OP's application.

  • 図2aは、元のポテンショメータがポテンショメータとしてではなく可変抵抗器または「レオスタット」として配線されている場合にのみ機能します。これは事実かもしれませんが可能性は低いです。 SPDTタイプではなくSPSTスイッチを使用してポットの1つをショートするだけで、これをさらに簡単にすることができます。
  • 結果が二乗則になるため、図2bは機能しません。完全に時計回りに出力は100%になります。中間位置での出力は50%x 50%= 25%になります。

問題を解決するには、回路をリバースエンジニアリングして、元のポテンショメータがどのように使用されているかを理解する必要があります。


あなたの最新の編集はあなたがずっと回路図を持っていたことを示しています。ちょっと、あなた!

schematic

この回路をシミュレートする

図3.元の設計に基づく抵抗器ソリューション

これから、それが問題の山だということがわかります。 @ KevinCathcartの解決策はその道です。

13
追加された
はい、そうすることは標準的なやり方です。ノイズがどうであれ、ワイパーの接触が失われると回路が完全に開くのを防ぎます。この場合、発振器は停止します。その代わりに、回路は最小周波数で発振します。
追加された 著者 Transistor,
(1)既存のポットを取り外してステレオバージョンにする必要があります。 (2)対数ポットです。ステレオバージョンの2つのポットではそれが正確に追跡されず、周波数が正確に半分にならないことがあります。 (3)新しいコンポーネントを挿入するためにトレースを切り取る必要があります。それは可能ですが、ダブルコンデンサの仕事ほどエレガントではありません。私がそうしていたならば、私はおそらくペアの間で良い一致を得ることを期待して追加のコンデンサと同じバッチから別のものとオリジナルを交換するでしょう。
追加された 著者 Transistor,
あなたが示したように、オリジナルのポットのワイパーは実際にはポットの一端に接続されていますか? PCB上でこれをトレースするか、ワイパーを50%に設定して各ポットエンドまでの抵抗を測定することができます。私の狙いが正しいならば、あなたは恒久的に地面に接続された鍋の一端を見つけるでしょう。これはマルチメータでも確認できます。
追加された 著者 Transistor,
私は数回前にワイパーをポットの一端につなぐオーディオ回路を見ました。ワイパーがほこりの小片の上を走っている場合、最大抵抗をキャッピングすることによって、出力のノイズを減らすことができます。これはもちろんロータリーよりもスライドポットの問題です。
追加された 著者 Chris H,
ご協力いただきありがとうございます!回路図をもう一度更新しました。まだトリックがない場合はお知らせください。
追加された 著者 maxauthority,
@Transistorは、「本当の」回路図を失くしてしまうと思っていました。 :)
追加された 著者 maxauthority,
あなたが投稿したソリューションが「トラブルの山」である理由を詳しく説明してください。私にはわかりません、そしてこれについて少し高度な洞察を得ることは私にとって役に立つでしょう。
追加された 著者 maxauthority,
それに加えて、オーディオポテンショメータは意図的に非線形になる傾向があります。
追加された 著者 rackandboneman,

2つのポテンショメータを調整する必要がある場合は、2つのポットが同じ回転式ハンドルに取り付けられているデュアルポットを使用してください。あなたがそれらを独立して回すことができるならば、回路図はそれらを整列させ続けません。実際の回路図によっては、スイッチを使用して電圧V1を2で割り、それにシングルポットを接続することができます。これは、ポット抵抗を2倍にするのと同じ効果があります。

ところで、あなたの回路図は、ポットを一番左の位置に回すとショートする可能性があるので、非常に危険です。

8
追加された
回路図を修正しました - 私はこれが初めてです! :)
追加された 著者 maxauthority,

可変抵抗としてポテンショメータを使用している場合(回路図のように実際の3端子分圧器ではない)、常に2倍の値のポテンショメータを使用して、スイッチに同じ値の固定並列抵抗を制御させることができます。

PS、可変抵抗器としてポテンショメータを使用するときにまったく第3の端子を接続しないことは、通常は賢明ではありません。ポテンショメータは、特に動作時に断続的な接点を発生させる傾向があります。接続されていない3番目の端子はそのような問題の間は直線的な開回路のように見えますが、ワイパーにその端部を接続すると可変抵抗の最大抵抗のように見えます。定義された回路

3
追加された

デュアルポテンショメータ(通常はステレオで使用)を使用できます同じ軸に取り付けられた2つのポテンショメータで構成されています。

0
追加された
どうやって?元の回路が可変抵抗だけであるならば、彼はそうすることができました。それがポテンショメータであるならば、それはより複雑です。アプローチ方法の概略図を追加してください。 (エディタのツールバーにボタンがあります。)
追加された 著者 Transistor,
はい、それは今します。彼の元の1つはばかげた人でした。いずれにせよ、彼は電子工学についてあまり知らないようで、彼が示すようにそれは直列可変抵抗器セットアップであることはありそうにないと思います。
追加された 著者 Transistor,
OPの質問にはすでに回路が示されています(また、質問のコメントから判断すると、まったく異なる解決策が必要です)。
追加された 著者 RubyTuesdayDONO,

あなたはステレオポテンショメータを使いたいです。これは基本的に1本のシャフトを持つ2つのポテンショメータなので、それらは常に同じ値を持ちます。それを使用するには、2ポジションスイッチも必要です。

schematic

simulate this circuit – Schematic created using CircuitLab

スイッチはステレオポット1を直接出力に接続するか、ステレオポット2に接続します。

0
追加された
あなたはポテンショメータの代わりに抵抗器を示しました。 OPのスキームを考えれば、これはあまり役に立ちません。ツールバーには組み込みのスケマティックエディタがあります。 Pbrush(あるいはあなたが使ったものは何よりも)よりずっと使いやすく、そして編集可能な回路図を作成するでしょう。
追加された 著者 Transistor,