リレーがONにならない

ESP8266の出力端子からリレーをONにすることができません。 下の写真のようにリレーを配線しました。唯一の変更点はトランジスタがBC556であることです。コンポーネントの他の仕様は以下のとおりです。 5Vをリレーし、これを5V電源で動作させます。もう少し事実があります: - ブレッドボードにまったく同じ回路を配線しましたが、完璧に動作します。 - 出力ピンとしてGPIO2を使用していますが、このリレーを駆動する以外に、GPIO2に接続された10Kのプルアップ抵抗もあります。 - リレーは時々うまく機能しますが、何度もそれが機能しないか反応が非常に遅いです。例えば。出力がLOWになると、リレーをオンにするのに数秒かかります。 - トランジスタの両端の電圧Vce = 1.1 Vを測定しました。これは、リレーピンの両端の電圧が3.9 Vであることを意味します。これがリレーがトリガーできない理由だと思いました、それから私は私のブレッドボード回路の正確な測定値を持っていて、それはうまく働きます。私はリレーを切り替えようとさえしました、しかし、私は同じ結果を得ます。 - BC556データシートによると、飽和Vceは0.09 - .25Vですが、1.1の電圧降下になりますこれは正常ですか?私はBC 557で同じ結果を試しました。私はベース抵抗を100オームまで減少させるように変えさえしました、しかしVceは0.1Vだけ改善するだけです。 私がこれをさらに解決するために何をすべきかについてのどんな提案でも役に立つでしょう。ありがとう

enter image description here

0

7 答え

あなたができることを制限することの一つは、ESPチップが3.3Vで、あなたの電源が5Vであるので、あなたが望むことをするためにPNPトランジスタだけを使うことができないことです。これは、ロジックを変更せずにタスクを実行するための1つの方法です(low = on)。

schematic

simulate this circuit – Schematic created using CircuitLab

あなたの回路は2つの問題を抱えています - リレーコイルの両端の電圧は約4.3Vと1.1Vの間になるでしょう - 完全にオンにも完全にオフにもなりません。これは、エミッタフォロワであり、0.6〜0.7Vのオフセットがあり、ESPチップから来る3.3Vを増幅できないためです。

1.1Vはリレー動作のグレーゾーンであり、リレーによっては引き込まれたままになり(温度、タップされているかどうかなど)、ドロップアウトする可能性があるため、特に危険です。 4.3というのは、コイルにフル電圧がかかっていないので、非常に高い温度では引っ張らないかもしれないということです。上の回路では、リレー電圧は約4.9Vから0Vになります。

4
追加された
図を明確にしてくれてありがとう。うまく機能するので、これを実装しました。そして、はい、私のリレーは悪くありませんでした、このサーキットでそれは魅力のように反応します。
追加された 著者 Liam Bailey,

問題は、あなたがトランジスタを完全にオン/オフにしていない可能性が高いということです。あなたはコメントでリレーがオフのとき13 mAを取っていると述べています。これは明らかにあなたの設定によるものです。

1つは、ESPが3.3Vロジックです。 5Vプルアップでも、5Vと3.3Vの間に分圧器を作成するので、トランジスタはまだ導通しています。ただ言って、あなたはESPを揚げたかもしれません。

2つ、1キロオームの抵抗はトランジスタを飽和させるのに十分でないかもしれません。それは5 mA、あるいはそれ以下です。

3、PNPトランジスタの場合、ローサイドドライバのようにエミッタにリレーを配線することはお勧めできません。エミッタがそのコレクタよりもダイオードドロップが低くなることはありません。

解決策、PNPをNPNに交換してください。プルアップを解除し、コードを変更してロジックを反転します(1 =オン)。

2番目の解決策は、ESPの3.3Vロジックのため、PNPを切り替えてリレーし、NPPをPNPドライバとして使用することです。

3
追加された
コメントしてくれてありがとう。私は最終的に私のリレーが故障していることを知りました、交換はうまくいきます。しかし、私はあなたのコメントを受け入れ、これらの変更を加えます。あなたは正しいリレーがオフのときに行うべきではありません。ありがとう:)
追加された 著者 Liam Bailey,

そのような低スイッチング電圧を供給する回路では、通常、トランジスタをオンにする。そしてハイを供給することは通常トランジスタをオフにします。

ただし、PNPトランジスタのベースに3.3VのH信号を供給する場合を考えてみましょう。トランジスタがオフになることが予想されるかもしれません。しかし、この質問をよく見ると、リレーは5Vで動作しています。マイクロプロセッサが動作しているのと同じ電圧ではありません。

リレーに5Vが供給され、トランジスタのベースに3.3Vが供給される場合、エミッタとベースの間に最大5 - 3.3または1.7Vの差が生じる可能性があります。トランジスタがオフになることが予想される場合でも、トランジスタをアクティブにするのに十分です。

リレーがオフにならないことがあります。切り替えないように見えるように。おそらく欠陥品だとさえ思っていました。

2
追加された

明確にするために、ここで議論されているあなたの回路は次のとおりです。

PNPではなくNPNトランジスタが必要です。図のようにベースを配線し、エミッタをグランドに、コレクタをリレーに配線します。

Otherwise, you have to make sure the transistor can support the relay current. Let's say the digital signal is 3.3 V when high. Figure the B-E drop will be 700 mV, so that leaves 2.6 V across the base resistor. With the 1 kΩ resistor as shown, that will result in 2.6 mA of base current. Verify that the digital output can source that. Most can, but you should check anyway. Of course it can't be a open drain output if used this way since those can't source any current.

最低保証利得50のトランジスタを使用するとしましょう。つまり、最大130 mAのコレクタ電流をサポートできます。リレーはそれ以下の定格でなければなりません。

2
追加された
これを否定した人は、あなたが間違っている、誤解を招く、または不適切に書かれていると思うことを説明してください。私が言うことができる限りすべてが正しいです。
追加された 著者 Olin Lathrop,
@ブルース:私はそれについて話すことができるように私はOPの回路図をコピーしました。私は時々質問が変わるという難しい方法を学びました、そしてあなたの答えはもはや意味をなさない。ただし、これはOPの回路図のコピーであることを明確にします。
追加された 著者 Olin Lathrop,
@Bruce:正しい回路図はOPの値に非常に近いため、別の回路図を作成する価値はありません。回路図の真下にある回路図のPNPをNPNに置き換える方法を説明しました。それが唯一必要な変更です。 Spehro氏は反対の論理を望んでいると述べたので、この答え全体は適切ではないかもしれません。しかし、私はデジタル信号がプログラマブルデバイスから来ていたので、どんな極性でも最も便利な回路に適したものを使うことは可能であるべきです。
追加された 著者 Olin Lathrop,
もちろん私も投票しなかったが、彼は(後で)彼が逆の論理を望んでいると明言した。ただ誰かのずさんな指かもしれません、ものが起こります。チップ+ショルダー<ショルダー>。
追加された 著者 Spehro Pefhany,
私はあなたに賛成投票しませんでした、しかし...あなたの回路図はただOPのコピーです。あなたの説明に合うように回路図を編集する必要があります(すなわち、グランドにエミッタを備えたNPNトランジスタ)。
追加された 著者 Bruce Abbott,
しかし、 という質問は変更されておらず、あなたの答えにはまだOPの悪いデザインがあります。それがどのように行われるべきかを示す回路図を追加しないのはなぜですか?
追加された 著者 Bruce Abbott,

通常、NPNトランジスタが使用され、エミッタは接地され、コレクタはリレーに接続されています。このようにして、トランジスタはオン時に飽和するので、それを横切る電圧は約0.2ボルトになる。

これはロジックを反転させるので、ESP 8266からのHighはリレーをオンにします。

1
追加された
@VijaySharma次に、2つのNPNトランジスタを使います。
追加された 著者 James Marshall,
ありがとう、しかし私はリレーがオンにされるべきである低い引き金を持っています。
追加された 著者 Liam Bailey,

通常、NPNトランジスタが使用され、エミッタは接地され、コレクタはリレーに接続されています。このようにして、トランジスタはオン時に飽和するので、それを横切る電圧は約0.2ボルトになる。

これはロジックを反転させるので、ESP 8266からのHighはリレーをオンにします。

1
追加された
@VijaySharma次に、2つのNPNトランジスタを使います。
追加された 著者 James Marshall,
ありがとう、しかし私はリレーがオンにされるべきである低い引き金を持っています。
追加された 著者 Liam Bailey,

リレーとは

多くの場合、小型の低電圧リレーには有極コイルがあり(永久磁石が磁界にバイアスをかけることで電力を節約します)、コイルを間違った方向に接続しても切り替わりません。これは通常データシートにありますが、あなたが望むほど明確ではないことがよくあります(誰がこれを持っていたと思います....)。データシートのピン配列図を見て、1つの端子ごとの「+」を探してください。オムロンとTEの両方がこの問題を解決しています。

データシートから「操作しなければならない」および「解放しなければならない」という定格を尊重してください。これらは温度に敏感であり、これらを無視すると、信頼性に関する多くの問題に対処することができます。

0
追加された
このような場合は、部品自体にはないことが多く、データシートを確認する必要があります。それは素敵な罠です、そしてあなたがちょうど1000ドルの試作品を立ち上げてそしてあなたが主電源インターロックリレーを引き込むことができないのでうまくいかないときには非常に迷惑です。
追加された 著者 Dan Mills,
ああ!私はそれを知りませんでした。リレーには極性の印は見られませんが。私は両方の方法を試しました、そしてそれはうまく働きます。たぶんそれは彼らの何人かのケースであり、彼らはこれを示すマーキングを持っています - いい情報です。
追加された 著者 Liam Bailey,