ステンレス鋼を介したワイヤレス電力伝送

問題のSSは316であり、弱い磁気にすぎません。 これが可能かどうか誰かが知っていますか?

3
ステンレス容器は接地されているか、電気的に浮いていますか幾何学的形状は何ですか?
追加された 著者 chews,
それはいくらですか?どのくらいのpowah?薄いもののためにそれは可能ですが、許容できないかもしれません損失と加熱があるかもしれませんが。
追加された 著者 Roxanne Claassen,
それは悪いです - 12mm。いくらか、おそらく1W程度でしょう。現在のところ、真空システムからコネクタを外すことはアイデアにすぎません。
追加された 著者 Alex Howansky,

5 答え

問題となるのはその磁気特性ではありません - それはAC渦電流を誘発し、それがあなたの磁場をほとんど消滅させるでしょう。 10 Hzで動作していない限り、12 mmはもちろんのこと、1 mm SSから1 mm SSまでは得られないと思います(キロヘルツではなくヘルツです)。

編集(質問とは関係ありません) - 50 kHzから1 MHzの間、特に300 kHzの316 mmの「mmサイズ」という奇妙な磁気特性に驚かれることでしょう。食品や医薬品の金属探知機を設計するときに私が観察したものだけ。

4
追加された
私は、mm以下の厚さが電磁波シールドとしてもよく使用されていると考えています。
追加された 著者 MadHatter,

私はあなたがこれを商用電源周波数で行うことの合理的な可能性があると思います。 316 SSは室温では非常に抵抗性があり、ほとんど非磁性であるため、60 Hzの磁場は50 mmまたは60 Hzで12 mmの表皮深さを容易に貫通するはずです。

多くの漏れインダクタンスがあるので、結果として生じるトランスは多くの実効直列インピーダンスを持つことになります。

私は、2つの半分の間にSSの壁を挟んで、鉄や軟磁性鋼からなる「鍋の芯」のようなものを視覚化しています。

3
追加された

これは確かに可能です。

効率の要件は何も挙げられていないので、1つの解決策は、ステンレス鋼にAC電流を流して(そうではありません)、容器の内側にピックアップを使用して容器の内側に誘導的に電力を発生させることです。コイルはステンレス鋼の壁に触れません。

enter image description here

ここで私はACの半分を示しています。ここで電流が血管の壁を横切って左から右へ流れる場合(左を指す矢印)。これはステンレス鋼の壁を通る電流の経路の周りに円形の磁力線を発生させる。

これらの円形の磁力線が大きくなるにつれて小さくなるように内側のピックアップコイルを配置します(コイルは壁の中の電流の経路と平行です)。

あなたはあなたが船の中で必要とするボルト/アンペアに基づいて内部コイルのためのターン数を選ぶでしょう。

一次側(ステンレス)が1回転するトランスと考えてください。

真空中にDCが必要な場合は、内部コイルから出てくる電力を整流してフィルタリングする必要があります。

あなたが潜在的にこの配置をより実用的にすることができる多くの方法がありますが、それらはあなたの設定の幾何学に依存しています。

2
追加された
ここで電源電圧を使用することは提案されていません。血管壁がSSであることを考えると、AC電源電圧は非常に低く、ほぼ確実に1ボルト未満になります。
追加された 著者 chews,
うーむ... ** 警告:電化の危険 **それは「ちょっとした欠点」であるが、理論は実行可能/実行可能だ。ひどいアイデアです!
追加された 著者 Alex Martelli,

コネクタをニッケルメッキされたフェライト/軟鋼の「コア」と交換することは許容できますか

If so, you could rabbet-joint & NASA low-gas-epoxy in a small diameter transformer core so that a portion of it sits flush with (or even behind, say, 1-2mm of un-removed SS) the 'device-side' surface, to closely couple the magnetic flux from your exterior coil to the base of your device, where your secondary windings are placed, to receive the power.

If that's not an option, then I guess there's always the "put a 300W electro-magnet on the outside of the SS & deal with the losses" approach. However, I'm guessing that you most likely aren't trying to design an induction cooker that heats your whole SS surface with 299W of power.

また、一般的には「好ましい」オプションではありませんが、E/M結合ではなく、超音波(または他の物理的振動)を使用して12mmのSSを通して少量の電力を伝達することが「実現可能」かもしれません。これは「効率からは程遠い」アプローチであり、1Wは妥当性の上限に近づいている可能性がありますが、それ以外のすべてが失敗した場合は、検討に値する可能性があります。

1
追加された

1mmの電力を12mmのSSに通す方法はありません。薄いシートはEMCシールドに使用されているため、電磁場を吸収するのに適しています。

あなたはデバイスについての詳細を与えることができます、多分他の電力転送の方法があります...

1
追加された
厳密に言えば、あなたは与えられていない効率要件のために必要とされる電力レベルを混同しています。実験が「真面目」で、チャンバーの壁の厚さが12mmである場合、1ワットの結合に100ワットを費やした1%の効率のようなものは受け入れられないものではないと思います。どのくらいの頻度で達成できるかは興味深い問題です。もちろん、パワーレギュレータやフィルタ、あるいは関連するものが内部に置かれているとしても、真空定格(または少なくともガス放出が問題にならない程度)でなければなりません。
追加された 著者 Andrew Walker,