マウスの加速だけでなく、マウスの感度を設定する方法はありますか。

マウスの加速とマウスの感度の両方を設定できる単一のデスクトップ環境が見つかりません。 マウスの加速をしたくないが、マウスの速度を上げたい。マウスを同じ距離だけ動かすと、ポインタは毎回同じ距離だけ動くことになる。マウスをどれだけ速く動かすかは関係ありません。

KDEは私にマウスの加速を1倍に設定させてくれるでしょう、しかしマウスはあまりにもゆっくり動く、そして私はスピードを上げる方法を理解することができません。私はCLIソリューションを受け入れても構わないと思っていますが、 xinput でアクセラレーションを変更することしかできませんでした。私は xset にも多くの幸運があることを思い出しません。

32
ru de
私はそうは思わない。正しく理解すれば、ポインタを一定の距離だけ動かすまで1倍の加速でゆっくりとマウスを動かすことができます。その場合、加速は開始されます。常に同じ速度でポインタを動かしたい。加速はしたくない。
追加された 著者 Chris Simpson,
私は加速をなくすことができることを知っています、しかし私は加速なしでスピードを上げたいです。増加した速度、ゼロ加速度。私は今#kdeで話しています、そしてそれが唯一の解決策がより大きなDPIを持つマウスを購入することであるかもしれないようです。 :/しばらくしても良い答えが得られない場合は、不可能だと自分で答えます。
追加された 著者 Chris Simpson,
これはUbuntu SEで尋ねられ、答えられました。 > askubuntu.com/questions/172972/…
追加された 著者 Warren Young,
どちらかといえばわかりませんが、 xset m 3 400 を使用してどこかにアクセスしているようです。もしあなたがそれを少しプレイしたら?
追加された 著者 Jamal,
加速度と加速度がトリガーされるしきい値の両方を大きくしてこれを行うことはできませんか。 こちらは役に立ちますか?
追加された 著者 Jamal,
私はどういうわけか答えを探してこのページにたどり着きましたが、いくつかのイライラした検索エンジンを使った後、どうにかしてうまくいくように思われる私自身の答え
追加された 著者 Sami Laine,

4 答え

ポインタにピクセルをスキップさせるだけで、次のようになります。

最初のリスト入力デバイス:

$ xinput list                                                               
⎡ Virtual core pointer                          id=2    [master pointer  (3)]                                 
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer                id=4    [slave  pointer  (2)]                                 
⎜   ↳ PixArt USB Optical Mouse                  id=10   [slave  pointer  (2)]                                 
⎜   ↳ ETPS/2 Elantech Touchpad                  id=15   [slave  pointer  (2)]                                 
⎣ Virtual core keyboard                         id=3    [master keyboard (2)]                                 
    ↳ Virtual core XTEST keyboard               id=5    [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳ Power Button                              id=6    [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳ Video Bus                                 id=7    [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳ Sleep Button                              id=8    [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳ USB2.0 UVC 2M WebCam                      id=9    [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳ Asus Laptop extra buttons                 id=13   [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳ AT Translated Set 2 keyboard              id=14   [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳   USB Keyboard                            id=11   [slave  keyboard (3)]                                 
    ↳   USB Keyboard                            id=12   [slave  keyboard (3)]   

この例では、マウスIDは10です。次にそのプロパティをリストします。

$ xinput list-props 10
Device 'PixArt USB Optical Mouse':
        Device Enabled (140):   1
        Coordinate Transformation Matrix (142): 1.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000
        Device Accel Profile (265):     0
        Device Accel Constant Deceleration (266):       1.000000
        Device Accel Adaptive Deceleration (267):       1.000000
        Device Accel Velocity Scaling (268):    10.000000
        Device Product ID (260):        2362, 9488
        Device Node (261):      "/dev/input/event5"
        Evdev Axis Inversion (269):     0, 0
        Evdev Axes Swap (271):  0
        Axis Labels (272):      "Rel X" (150), "Rel Y" (151), "Rel Vert Wheel" (264)
        Button Labels (273):    "Button Left" (143), "Button Middle" (144), "Button Right" (145), "Button Wheel Up" (146), "Button Wheel Down" (147), "Button Horiz Wheel Left" (148), "Button Horiz Wheel Right" (149)
        Evdev Middle Button Emulation (274):    0
        Evdev Middle Button Timeout (275):      50
        Evdev Third Button Emulation (276):     0
        Evdev Third Button Emulation Timeout (277):     1000
        Evdev Third Button Emulation Button (278):      3
        Evdev Third Button Emulation Threshold (279):   20
        Evdev Wheel Emulation (280):    0
        Evdev Wheel Emulation Axes (281):       0, 0, 4, 5
        Evdev Wheel Emulation Inertia (282):    10
        Evdev Wheel Emulation Timeout (283):    200
        Evdev Wheel Emulation Button (284):     4
        Evdev Drag Lock Buttons (285):  0

私達は«座標変換マトリックス»が欲しい、その№142を覚えています。

このプロパティを変更することで、ポインタの速度を上げることができます。これはポインタの動きを計算するために使用される変換マトリックスです。リンクから:

デフォルトでは、X内のすべての入力デバイスのCTMがIDです。   マトリックス。例として、ポイント(400、   197)画面に表示されます。

⎡ 1 0 0 ⎤   ⎡ 400 ⎤   ⎡ 400 ⎤
⎜ 0 1 0 ⎥ · ⎜ 197 ⎥ = ⎜ 197 ⎥
⎣ 0 0 1 ⎦   ⎣  1  ⎦   ⎣  1  ⎦

2回目には、デバイスイベントのX座標とY座標が入力されます。   計算の行列計算結果は次のとおりです。   イベントのX座標とY座標が画面にマッピングされます。図のように、   単位行列はデバイス座標を画面にマッピングします   変更を加えずに調整します。

そのため、 xy に従って値を大きくして、ポインタの速度を上げる必要があります。私のPCからの例:

$ xinput set-prop 10 142 2.400000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 2.400000, 0.000000, 0.000000, 0.000000, 1.000000

It is xinput set-prop . Play a bit with this until you find the appropriate one. Note: do not change the last value of the matrix. That was my error when I tried it to get work — in this case you just won't see any difference.

謝辞:xorgメーリングリストのSimon Thumに感謝します。彼はマトリックスについてのヒントをくれた人でした。

UPD: note, some Windows games running with Wine may have odd pointer behavior (e.g. noticed, that the aim in old Counter Strike 1.6 declines down, until it stares the floor, no matter how you move the mouse), in this case just reset x and y of CTM to 1 before running the game.

18
追加された
素晴らしい、私のために働く唯一のもの
追加された 著者 Anoop,
@ Wyatt8740私は最近、いくつかの状況ではプロパティ番号がそれ自身で変更される可能性があることに注意しました、そのような場合には番号の代わりにデバイス/プロパティ名を使用することが可能です。すなわち私のデバイスでは: xinput set-prop "PixArt USB光学式マウス" "座標変換マトリックス" 2.400000、0.000000、0.000000、0.000000、2.400000、0.000000、0.000000、0.000000、1000000
追加された 著者 Hi-Angel,
ええ、私もそれらの文字列を使用しました。
追加された 著者 Wyatt8740,
これは実際には正しく見えます。
追加された 著者 Wyatt8740,
(y)私のために働く
追加された 著者 jeffwgtn,

以下は @Luke にAsk Ubuntuに投稿された回答から逐語的にコピーされたものです。この情報をこのサイトにも掲載できるように、コミュニティWikiの回答として投稿しています。


KDEはまだこれをコントロールセンターに組み込んでいませんが、コマンドラインからxinputを使うことができます。まず、 xinput list を実行してマウスのデバイス番号を見つけます。

$ xinput list
⎡ Virtual core pointer                          id=2    [master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer                id=4    [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ SynPS/2 Synaptics TouchPad                id=10   [slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                         id=3    [master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard               id=5    [slave  keyboard (3)]
    ↳ AT Translated Set 2 keyboard              id=9    [slave  keyboard (3)]

On my laptop, the device id I want is 10 (SynPS/2 Synaptics TouchPad). On your system, you will have to decide which device is the correct one. Next, run xinput list-props to see the current settings for that device:

$ xinput list-props 10
Device 'SynPS/2 Synaptics TouchPad':
    Device Enabled (144):   1
    Device Accel Profile (266):     1
    Device Accel Constant Deceleration (267):       2.500000
    Device Accel Adaptive Deceleration (268):       1.000000
    Device Accel Velocity Scaling (269):    12.500000
  [ many more settings omitted ]

The property you are interested in is "Device Accel Constant Deceleration (267)". To slow your mouse down, the value must be increased by running xinput set-prop :

$ xinput set-prop 10 267 5.0

この例では、値が2.5から5.0に増加し、マウスは半分の速度で動きます。


プロパティの説明は X.org にあります。

スクリプトでこれを使用している場合は、idなどが変わる可能性があるため、フルネームを使用すると役立ちます。例えば:

xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Accel Constant Deceleration" 1
17
追加された
あなたがただ明確にすることができれば:「装置加速定数減速」は加速度または感度と関係があるか?私の質問に対するコマンド例を教えてください。マウスのアクセラレーションをすべて取り除きますが、それでもマウスの感度を上げることができます(アクセラレーションなしで)。
追加された 著者 Chris Simpson,
@ terdonそれでは、どうすればマウスポインタの速度を上げることができますか?あなたが指摘したオプションはデフォルトでは«1.0»に設定されています、そしてそれをさらに減少しようとすると負の値を与えるか、少なくとも«0.1»のようなものはエラーを引き起こします。
追加された 著者 Hi-Angel,
@IncnisMrsiあなたは文字列を使用できます直接
追加された 著者 Hi-Angel,
ここで行ったことに同意できない場合は、こちらのメタ投稿でその旨をお伝えください。 。
追加された 著者 Jamal,
@oddshocksは正直なところ、私にはわかりません。リンク先のサイトからこれをコピーしました。それはまたSEサイトです、私は彼らに聞いて行きます。
追加された 著者 Jamal,
追加された 著者 Incnis Mrsi,
私の場合、デバイスは xinput list のポインタセクションに2回リストされているので、フルネームを使用してもうまくいきません。それはスタートアップスクリプトにこれを追加することを不可能にしますか?
追加された 著者 Dapz,
これは、あなたのデバイスがそのオプションを許可している場合にのみ機能します。 xinput list-props で確認できます。
追加された 著者 sms169,
xinputとlibinputには、もはや減速や速度スケーリングの特性はありません
追加された 著者 Douglas Gaskell,

Xサーバの設定にXorg.confを使用している場合は、加速または減速を設定するためにそれを使用できます。以下の効果に何かを加えるだけです。

Section "InputDevice"
    Identifier "name"
    Driver "evdev"
    Option "ConstantDeceleration" "multiplier"
EndSection

乗数は、マウスの移動速度を何倍遅くするかです。 0.5は速度を2倍にするか、2は速度を半分にします。同等ですが、もっと複雑ですが。

Section "InputDevice"
    Identifier "name"
    Driver "evdev"
    Option "TransformationMatrix" "a b c d e f g h i"
EndSection

where "a" through "i" are the transformation matrix, as described in other answers.
Source: xorg.conf manpage

4
追加された

Mint 17.2 + Cinnamonでは以下の設定を使用していますが、あなたの環境でも同様に機能すると思います。

xinput list # to get the id of your mouse
xinput list-props 10 # to list the properties of your mouse
xinput set-prop 10 'Device Accel Profile' -1 # turns off mouseaccel
xinput set-prop 10 'Device Accel Constant Deceleration' 1.5 # settings the sens

私はあなたが最初にあなたのマウスのDPIを最大に設定することを勧めます(私はそれのためにボタンがあります)。それでも感度が低すぎる場合は、減速度を下げることができます。

すべて問題なければ、これをシステム内の適切なファイルに入れることができますので、起動することで設定が読み込まれます。私にはそのファイルは〜/ .xinputrc です。

Some info about these xinput properties: http://www.x.org/wiki/Development/Documentation/PointerAcceleration/

(Note: I love Linux! <3 After I "upgraded" my system from XP in 2009. Since then I had mouseaccel on Windows 7, no matter what accelfix I tried. Trust me, I tried all of them. Now after 6 years, I managed to turn it off on Linux Mint. :-) It was a bit too late, I ended my gaming carrier at least partially because of this. It meant -20% accuracy in my FPS. So I played at 40% instead of 50-60% acc, which is a low-med skill instead of a high. The game is dead now, but still it is a release that I don't have to bear this mouseaccel thing by using the op system.)

1
追加された