ProLiant DL580 G7 E7アップグレードの問題

I'm an administrator IT and also repair desktop computers & servers for many years.

DL580 G7の保証期間は2015年12月31日です。もともとXeon E7530と標準のメモリカートリッジで供給されて、我々は最近それをE7-4870とE7メモリカートリッジにアップグレードしました。それ以来、我々はそれが機能することを確認するために大きな問題に直面しています。問題を見つけるために、私は順次テストを進めました。

1)PROC1 = A、PROC2 = B、PROC3 = X、PROC4 = X、POST = TRUE
2)PROC1 = C、PROC2 = D、PROC3 = X、PROC4 = X、POST = TRUE
3)PROC1 = A、PROC2 = X、PROC3 = B、PROC4 = X、POST = FALSE
4)PROC1 = A、PROC2 = X、PROC3 = X、PROC4 = B、POST = TRUE
5)PROC1 = A、PROC2 = C、PROC3 = X、PROC4 = B、POST = TRUE
6)PROC1 = A、PROC2 = C、PROC3 = D、PROC4 = B、POST = FALSE
7)PROC1 = E、PROC2 = F、PROC3 = X、PROC4 = X、POST = TRUE
8)PROC1 = E、PROC2 = X、PROC3 = F、PROC4 = X、POST = TRUE
9)PROC1 = E、PROC2 = G、PROC3 = F、PROC4 = H、POST = TRUE

A、B、C、DはE7-4870(SLC3T)130W TDPです。
E、F、G、HはE7530(SLBRJ)105W TDPです。
Xは空のソケットです

TRUE =サーバーがOSをポストして実行します(WS2012 R2 DataCenter)
FALSE =投稿前にサーバーがハングアップします(iLO 3に最後の投稿コード4048を表示してから、投稿コードが消え、ビデオが表示されない、VGAポートに接続された場合と同じ結果になります)

サーバー部品:
DL580 G7(584087-421)
マザーボード(512843-001/591196-001)
CPUボード(583367-001/591197-001)
入出力ボード(512844-001/591199-001)
E7ラムカートリッジ(650761-001/647058-001)
標準ラムカートリッジ(617524-001/591198-001)
Micron 4GBラムライム(500203-061)
4×PSU 1200W(438203-001/498152-001)

システムROM P65 10/01/2013(デフォルトにリセット)
iLOファームウェアバージョン1.85

According to Hp QuickSpecs for this particular ProLiant server, E7-4800 series are only supported in DL580 G7 CTO (643086-B2x) & Preconfigured models (6430xx-xx1/6967xx-xx1). From what I know, the main difference with a entry-level are E7 cartridges. Motherboard, CPU board and I/O board are the same part numbers.

再開すると、ソケットPROC3がE7-4870でマウントされているとサーバーがポストしないようです(4つすべての4870をテストしてください、同じ結果)。 TDPがE7530より高いので、私はこのソケットの電気/電源の問題を疑っています。

私は最初にCPUボードを交換するつもりです、どんなアドバイスでも大歓迎です。

あなたはすでにそのような問題に直面していますか?

0
ru de

4 答え

584084-001モデルの3台のDL580 G7をXeon E7-4870プロセッサにアップグレードしました。私たちの環境で重要なのは、メインのシステムボードの改訂であることがわかりました(CPUボード/トレイやSPIライザーではありません)。その最後の回答を読んだ後、私はiLOをチェックして、すべてのPALバージョンを確認しました。 PALバージョン0x10のCPUボード上に1TBのメモリを搭載した4つのE7-4870プロセッサを実行しているサーバーが1つあります。

システムのMainIOボード(hp part 512843-001)がリビジョン0B以降であれば、動作することがわかりました。 3台のサーバーのうち2台はMainIOボードのリビジョン0Aを持っていて、新しいプロセッサを搭載しませんでした。これらのシステムでは、メインボードだけが置き換えられ、結果は正常に機能するサーバーでした。

すべてが新しいMainIOボードリビジョンでサーバー上で動作したので、最初にそのCPU /メモリトレイを動作していないサーバーに移動してみました。それでも動作しないときは、問題はCPU /メモリトレイの外側にあると判断しました。 MainIOボードの改訂は、稼働していないサーバーと稼働しているサーバーの唯一の違いです。

私達は私達の通常の製造者からメインボードを発注しました、しかし修正を指定する方法がありませんでした。インストールする前にリビジョンを注文して確認しました。

編集:私たちの作業CPLD/PALバージョンに関する診断情報を追加する:

Server 1:
 - CPLD PAL0:   ProLiant DL580 G7 SPI Board PAL version 0x0F
 - CPLD PAL1:   ProLiant DL580 G7 MainIO Board PAL version 0x0F
 - CPLD PAL2:  ProLiant DL580 G7 CPU Board PAL version 0x0E

Server 2:
 - CPLD PAL0:   ProLiant DL580 G7 SPI Board PAL version 0x0F
 - CPLD PAL1:   ProLiant DL580 G7 MainIO Board PAL version 0x0F
 - CPLD PAL2:   ProLiant DL580 G7 CPU Board PAL version 0x0F

Server 3:
 - CPLD PAL0:   ProLiant DL580 G7 SPI Board PAL version 0x10
 - CPLD PAL1:   ProLiant DL580 G7 MainIO Board PAL version 0x11 bootleg
   0x10
 - CPLD PAL2:   ProLiant DL580 G7 CPU Board PAL version 0x10
3
追加された
PAL1の数字は0x0Eだと思いますが、確かではありません。 E7シリーズXeonsにアップグレードするには、これら2台のサーバーそれぞれに約500ドルを費やす必要がありました。 (改装された部品、MainIOボードに300ドル、E7互換メモリカートリッジに200ドル)。私の主な不満は、すべてのDL580 G7が同じではなかったということでした...そしてすべての584084-001モデル番号サーバーさえ同じではなかったということです。
追加された 著者 Alejandro,
素晴らしい反応@クリント!現在、私たちはより正確には、非互換性の主な問題はMainIOボードのバージョンであることを知っています(MainIOの写真で私が編集した答えを見てください)。あなたのサーバー1と2について、新しいMainIO PAL1は0x0Fです。非稼働ボードでは、PAL1番号は何でしたか?また、私と同様に、何千ドルではないにしても、何百ドルもの費用をかけて、HPから無料のファームウェアアップデートでアップデートできる高価なサーバーを入手する必要があります(例:DL980 G7は基本的に8ソケットに拡張されたDL580 G7です)。 。あなたが有効な保証を持っていないならば、私は本当に最後のBIOSとSPPダウンロードがロックされるようなこの種のやり方が好きではありません。
追加された 著者 frx,
そして良いニュースですが、pcserverandparts.us /でV.B03の改装済みのボードを$ 82(出荷なし)で入手することもできます。私には遅すぎます...
追加された 著者 frx,

これは「HPサポートへのお問い合わせ」の状況です。

That is all.

保証のステータスにかかわらず、あなたは何か特別な知識を必要とする仕事をしようとしています。私はあなたがすべてのファームウェアをアップグレードしたと仮定します、しかしそれはあなたが認識したようにも思われます、しかし重大な互換性問題を無視しました。

2
追加された

ewwhiteがそれを通知したように、私は深刻な互換性の問題を無視しました。

I finally got my hands on a 643086-B21 CTO model, fitted with two E7-8837 on PROC1 & PROC2.

逐次テスト済み(I、JはE7-8837、SLC3N、130W TDP)

1)PROC1 = I、PROC2 = J、PROC3 = X、PROC4 = X、POST = TRUE(E7 dimmカートリッジ)
2)PROC1 = A、PROC2 = B、PROC3 = C、PROC4 = D、POST = TRUE(E7 dimmカートリッジ)
3)PROC1 = E、PROC2 = F、PROC3 = G、PROC4 = H、POST = TRUE(標準dimmカートリッジ)

システムROMはP65です10/01/2013

As you can see, everything works fine (4xE7-4870 & 4xE7530 cpus).

CTOサーバの部品:
マザーボード(512843-001/591196-001)
CPUボード(583367-001/591197-001)
入出力ボード(512844-001/591199-001)

584057-421モデルと比較すると、ハードウェア、P/Nボードはまったく同じです。

だから違いはどこですか?

この種のサーバでは、各ボード(SPI、MainIO、CPU)は、コンプレックスプログラマブルロジックデバイス用にCPLD、プログラマブルアレイロジック用にPALという名前の独自のチップROM(ラティスEEPROM /フラッシュ)を持っています。一部のHp ProLiantサーバーが起動に時間がかかる理由を説明できます。

iLO 3メニューの[情報]/[診断]/[iLOセルフテスト結果]の下に、番号のバージョンが表示されます。

DL580 G7 CTOの部品番号643086-B21の場合:

CPLD - PAL0 = ProLiant DL580 G7 SPIボードPALバージョン0x10(部品番号591199-001、ラティスチップステッカー= SPI PAL、512844v4、6470)
CPLD - PAL1 = ProLiant DL580 G7 MainIOボードPALバージョン0x11海賊版0x10(部品番号591196-001、ラティスチップステッカー= Sys PAL、20110215、5290)
CPLD - PAL2 = ProLiant DL580 G7 CPUボードPALバージョン0x10(部品番号591197-001、ラティスチップステッカー= CPLD、0x1010、EB96)

enter image description here

DL580 G7 p/n 584087-421の場合:

CPLD - PAL0 = ProLiant DL580 G7 SPIボードPALバージョン0x0F(部品番号591199-001、ラティスチップステッカー= SPI PAL、R18、3484)
CPLD - PAL1 = ProLiant DL580 G7 MainIOボードPALバージョン0x0E(部品番号591196-001、ラティスチップステッカー= Sys PAL、R18、6D87)
CPLD - PAL2 = ProLiant DL580 G7 CPUボードPALバージョン0x0E(部品番号591197-001、ラティスチップステッカー= CPLD、R18、B5B6)

enter image description here

2台のDL580 G7の場合(2台のサーバーで起動し、CPLDの更新は不要)

CPLD - PAL3 = ProLiant DL580 G7 Combo PCIe & PCI-X Board PAL version 0x06 (p/n 591204-001, Lattice chip sticker = CPLD, R18, 80B6)
CPLD - PAL3 = ProLiant DL580 G7 Standard PCIe Board PAL version 0x06 (p/n 591205-001, Lattice chip sticker = CPLD, R18, 80B6)

注:CPUボードPAL v0x10を搭載した4xE7-4870は、DL580 G7 p/n 584087-421では起動しません。そのため、CPUボードを交換/更新するだけでは不十分です。MainIO/ SPIボードも交換/更新する必要があります(別途テストはしていません)。

テストが前に示したように、A DL580 G7 CTOはE7500プロセッサをサポートします、従って標準的なサーバのCPLDファームウェアをアップデートすることは互換性問題を引き起こさないでしょう。したがって、標準のDL580 G7サーバーをE7プロセッサーにアップグレードする予定の場合は、CPLDチップを更新する必要があります。残念ながら、DL580 G7サーバー用のCPLDファームウェアアップデートはどこにもありません。 Hpはダウンロードを提供していないようですが、そうは思わないでしょう。しかし、他の多くのProLiantサーバーにも使用できます。
たとえば、hp documentation p/n AM426-9011 Bでは、DL980 G7サーバーでのE7ファミリプロセッサのアップグレードについて説明しています(6ページ、FPGA Smartコンポーネントを使用してFPGAをフラッシュする)。完全なiso CPLDアップデートファームウェアは、HP ftpサーバーで入手できます(/pub/softlib2/software1/pubsw- linux/p2139015018/v70029/dl980g7-offline-cpld-fpga-fmp-flash-1.0-8.zip)。 そして、興味があるかもしれない人のために、私はDL585 G7用のCPLDアップデートも見つけました(/pub/softlib2/software1/sc-linux-fw/p2039955643/v85801/cp019851.scexe)。

As has been said before, E7-4800 series are only supported in DL580 G7 CTO (643086-B2x) & Preconfigured models (6430xx-xx1/6967xx-xx1). But if you get failed board, especially for second market, you have to replace it with the right part number and take care to get the right compatible CPLD chip version !

Also, for people who still want to upgrade a standard DL580 G7 with E7 Westmere processors without CPLD update, keep in mind that:
- Only in PROC1 & PROC2 sockets (to get a symmetrical configuration) and so, maximum memory amount is split by two,
- A 2xE7-4870 configuration is faster than a 4xE7530 configuration and less power hungry (2xE7-4870, 20 cores=208W, 4xE7530, 24 cores=337W, under WS2012 R2 idle mode),
- A Expansion board can't be added as you have to populate PROC3.

問題は解決しました。

編集:@Clintに対応して、詳細なMainIOボードのバージョン:

584087-421 enter image description here

643086-B21 enter image description here

2
追加された

すばらしい情報をありがとうございました。あなたは本当に私をこれで救った。後で迷い込んでいる皆さんにとって、これが一番下の行です。

メインIOボード591196-001 rev 0Aがあります。それがPCIスロットのあるボードです。 CPUボードのコネクタ付近のラベルにはrev 0Aと表示されています。あなたはrev 0Bが必要です。

スロット3にE7プロセッサが搭載されていて、rev 0Aメインボードが取り付けられていると、サーバは起動しません。プロセッサ3を削除するかrev 0Bボードを取り付けるとすぐに、すべて問題なく動作します。

0
追加された