ProLiant DL380pのRAM容量を確認するにはどうすればよいですか。

私はどのRAMが私のサーバーと互換性があるか知っています、しかしふたを外さないで私は私がどんな特定のモジュールを持っているかわかりません。

vSphereから8つの8GB DDR3 1333MHzモジュールがあることを知るのに2秒かかりましたが、それらが登録済みかバッファなしか、シングルランクかデュアルランクか、低電圧かどうかはわかりません、または彼らのタイミングは何ですか。

私がもう少しRAMを購入して、それが機能することを100%知っているようにこの情報を見つけるための最も迅速で最も簡単な方法は何ですか?

事前に感謝します。

1
nl ru de

4 答え

サーバーの ILO 4インターフェイスをご覧ください。

各RAMモジュール、そのスロット番号、HP部品番号、容量、周波数、負荷(ランク)、およびヒースステータスを詳しく説明します。

enter image description here

6
追加された
iLOが最良の方法であることが証明されたため、回答としてマークされました。再度、感謝します。
追加された 著者 Ram,

「動作することを100%知りたい」場合は、すでにインストールされているモジュールだけでなく、 Proliantのクイックスペック(これはDL380p G8だと思います)、ユーザーガイド、または HPメモリコンフィギュレータ

関連するQuickSpecのセクションからの抜粋:


enter image description here

一般的なメモリ装着の規則とガイドライン:

  • White DIMM slots denote the first slot of a channel. For 1 DPC (DIMM per channel) populate white slots only.
  • A minimum of one DIMM is required per server.
  • Install DIMMs only if the corresponding processor is installed.
  • If only one processor is installed in a two processor system, only half of the DIMM slots are available.
  • To maximize performance, it is recommended to balance the total memory capacity between all installed processors and to load the channels similarly whenever possible.
  • When two processors are installed, balance the DIMMs across the two processors.
  • Populate DIMMs from heaviest load (quad-rank) to lightest load (single-rank) within a channel. Heaviest load (DIMM with most ranks) within a channel goes furthest from the processor.
  • RDIMMs operating at either 1.35V or 1.5V may be mixed in any order, but the system will power them at the higher voltage.
  • Do not mix RDIMMs, LRDIMMs, and UDIMMs.
  • LRDIMMs are supported up to 3 DIMMs per channel.
  • Using the HP RBSU, 1.35V DIMMs can be changed to operate at 1.5V.
  • DIMMs of different speeds may be mixed in any order; the server will select a common optimal speed.
  • The maximum memory speed is a function of the memory type, memory configuration, and processor model.
  • The maximum memory capacity is a function of the memory type and number of installed processors.
  • HP memory from previous generation servers is not qualified on the DL380p Gen8 Server. Certain HP SmartMemory features such as memory authentication and enhanced performance may not be supported.
  • To realize the performance memory capabilities listed in this document, HP SmartMemory is required. For additional information, please see the HP SmartMemory QuickSpecs at: http://h18000.www1.hp.com/products/quickspecs/14225_na/14225_na.html

You indeed would need a bit of information about the current configuration. You might get it by going through the output of dmidecode, the supported route though would be running HP Insight Diagnostics from the Intelligent Provisioning suite accessible by hitting F10 during BIOS POST. See the Intelligent Provisioning docs for more detail.

2
追加された
これは本当に役に立つ情報です。将来の使用に備えて保存しました。ありがとうございます。
追加された 著者 Ram,

dmidecode -t 17

Linux

dmidecode | less

esxi 4.x用

smbiosDump

esxi 5.x用

VMwareについてもこれを参照してください

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1003587

1
追加された

VMware ESXi/vSphereを実行していると仮定すると、コンソールコマンドを実行してハードウェアコンポーネントに関するより詳細な情報を取得できます。具体的には、部品番号を入手してオンラインで調べることができるはずです。

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=1003587

特にポイント2から、dmidecodeはすべてのバージョンで利用できるわけではないことに注意してください。その場合は、同じ情報を提供するsmbiosDumpを使用できます。

要約すると: 「dmidecode | less」または「smbiosDump | less」から、メモリモジュールの部品番号を探し、それらをオンラインで調べて仕様を見つけます。

1
追加された