Kubectlは実行時にコンテナを再起動し続けます

私は現在、私たちの会社のSquidサーバーをDockerized版に移行しようとしています。そしてKubernetesで動かすのに苦労しています。

"docker run"で実行したときに完璧に動作するDockerイメージを作成しました。 完全なDocker Runコマンドは次のとおりです。

sudo docker run -d -i -t --privileged --volume =/proc/sys/net/ipv4/ip_nonlocal_bind:/ var/proc/sys/net/ipv4/ip_nonlocal_bind --net = host --cap -add = SYS_MODULE --cap-add = NET_ADMIN --cap-add = NET_RAW -v/dev:/ dev -v/lib/modules:/ lib/modules -p80:80 -p8080:8080 -p53:53/udp -p5353:5353/udp -p5666:5666/udp -p4500:4500/udp -p500:500/udp -p3306:3306 --name =エッジ交差/ edge:最新/ bin/bash

KubernetesでImageを実行しようとすると、

kubectl run --image = crossense/edge:latest --port = 80 --port = 8080 --port = 53 --port = 5353 --port = 5666 --port = 4500 --port = 500 - -port = 3306エッジ

Kubernetesがコンテナを稼働させようとしているように見えますが、何も成功していません...

$kubectl get po
NAME         READY     REASON    RESTARTS   AGE
edge-sz7wp   0/1       Running   10         15m

また、 $ kubectl describe pod edge コマンドを使用すると、次のようなことがたくさんできます。

Thu, 09 Nov 2017 17:13:05 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:05 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id abcc2ff25a624a998871e02bcb62d42d6f39e9db0a39f601efa4d357dd8334aa
Thu, 09 Nov 2017 17:13:15 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:15 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id 878778836bd3cc25bdf1e3b9cc2f2f6fa22b75b938a481172f08a6ec50571582
Thu, 09 Nov 2017 17:13:15 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:15 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id 878778836bd3cc25bdf1e3b9cc2f2f6fa22b75b938a481172f08a6ec50571582
Thu, 09 Nov 2017 17:13:25 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:25 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id aa51e94536216b905ff9ba07951fedbc0007476b55dfdb2e5106418fb6aee05c
Thu, 09 Nov 2017 17:13:25 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:25 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id aa51e94536216b905ff9ba07951fedbc0007476b55dfdb2e5106418fb6aee05c
Thu, 09 Nov 2017 17:13:35 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:35 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id f4661e5ea33471cd1ba30816b40c8ba2d204fa22509b973da4af6eedb64c592e
Thu, 09 Nov 2017 17:13:35 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:35 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id f4661e5ea33471cd1ba30816b40c8ba2d204fa22509b973da4af6eedb64c592e
Thu, 09 Nov 2017 17:13:45 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:45 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id 75f83dcb9b4f8af5134d6fd2edcd9342ecf56111e132a45f4e9787e83466e28b
Thu, 09 Nov 2017 17:13:45 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:45 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id 75f83dcb9b4f8af5134d6fd2edcd9342ecf56111e132a45f4e9787e83466e28b
Thu, 09 Nov 2017 17:13:55 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:55 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id c9d0535b3962ec9da29c068dbb0a6b64426a5ac3e52f72e79bcbaf03c9f3d403
Thu, 09 Nov 2017 17:13:55 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:13:55 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id c9d0535b3962ec9da29c068dbb0a6b64426a5ac3e52f72e79bcbaf03c9f3d403
Thu, 09 Nov 2017 17:14:05 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:05 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id 579f4428e9804404bd746cceee88bb6c73066a33263202bb5f1eb15f6ff26d7b
Thu, 09 Nov 2017 17:14:05 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:05 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id 579f4428e9804404bd746cceee88bb6c73066a33263202bb5f1eb15f6ff26d7b
Thu, 09 Nov 2017 17:14:15 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:15 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id d36b2c9ddf0b1a05d86b43d2a92eb3c00ae92d00e155d5a1be1da8e2682f901b
Thu, 09 Nov 2017 17:14:15 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:15 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id d36b2c9ddf0b1a05d86b43d2a92eb3c00ae92d00e155d5a1be1da8e2682f901b
Thu, 09 Nov 2017 17:14:25 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:25 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id 2d7b24537414f5e6f2981bf5f01596b19ea1abdb0eb4b81508fc7f44e8c34609
Thu, 09 Nov 2017 17:14:25 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:25 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id 2d7b24537414f5e6f2981bf5f01596b19ea1abdb0eb4b81508fc7f44e8c34609
Thu, 09 Nov 2017 17:14:35 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:35 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id fdae44c599b77d44839e4897b750203c183001a6053c926432ef5a3c7f4deb38
Thu, 09 Nov 2017 17:14:35 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:35 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id fdae44c599b77d44839e4897b750203c183001a6053c926432ef5a3c7f4deb38
Thu, 09 Nov 2017 17:14:45 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:45 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id 544351dda838d698e3bc125840edb6ad71cd0165a970cce46825df03b826eb38
Thu, 09 Nov 2017 17:14:45 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:45 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id 544351dda838d698e3bc125840edb6ad71cd0165a970cce46825df03b826eb38
Thu, 09 Nov 2017 17:14:55 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:55 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           created     Created with docker id 00fe4c286c1cc9b905c9c0927f82b39d45d41295a9dd0852131bba087bb19610
Thu, 09 Nov 2017 17:14:55 +0000 Thu, 09 Nov 2017 17:14:55 +0000 1   {kubelet 127.0.0.1} spec.containers{edge}           started     Started with docker id 00fe4c286c1cc9b905c9c0927f82b39d45d41295a9dd0852131bba087bb19610

任意の助けは大歓迎です!

0
kubectl logs -f edge の出力も共有できますか?
追加された 著者 Vishal Biyani,
kubectl logs -f edge の出力も共有できますか?
追加された 著者 Vishal Biyani,
返事をありがとう! kubectl logs -f edge のようにログが返されないようです... :(
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
返事をありがとう! kubectl logs -f edge のようにログが返されないようです... :(
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
返事をありがとう! kubectl logs -f edge のようにログが返されないようです... :(
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,

7 答え

ログを再生したりログを作成したりすることができない限り、これを決定的に言うことはできませんが、簡単にわかる違いの1つは、dockerコマンドで提供した権限です。 Kubernetesの実行コマンドに欠けているcode> NET_RAW など。

Kubernetesでは、ポッド宣言の securityContext 内で capabilities を使用して、そのような権限をポッドに割り当てることもできます。

Kubectlでこれができるかどうかはわかりませんが、ポッドにYAML宣言を使用すると、仕様はおおよそ次のようになります。

apiVersion:v1 種類:ポッド メタデータ:  名前:ミポッド スペック:  コンテナ:     - 名前:ミシェル      イメージ: "ubuntu:14.04"      コマンド:         - /bin/sleep         - "300"      securityContext:        能力:          追加:             - NET_ADMIN

もっと参考に、私は簡単に見てみることをお勧めします:

1
追加された
その結果、ログはまったく記録されず、一貫して再開されるポッドが得られます。
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
`ports: - containerPort:80 - containerPort:8080 - containerPort:53 - containerPort:5653 - containerPort:4566 - containerPort:500 - containerPort:500 - containerPort:3306ボリューム: - 名前:ip-nonlocal-bind hostPath:パス:/ proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev hostPath:パス:/ devタイプ:ディレクトリ - 名前:modules hostPath:パス:/ lib/modulesタイプ:Directory`
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
私はそれをyamlファイルに変換しようとしました、そしてこのような何かを思い付きました: apiVersion:v1 kind:Podメタデータ:name:edge spec:コンテナ: - name:edge image: "crossense/edge:production"コマンド: - /bin/bash securityContext:capabilities:追加: - NET_ADMIN - SYS_MODULE - NET_RAW volumeMounts: - 名前:ip-nonlocal-bindマウントパス:/ host/proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev mountPath:/ host/dev - name:modules mountPath:/ host/lib/modules
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,

ログを再生したりログを作成したりすることができない限り、これを決定的に言うことはできませんが、簡単にわかる違いの1つは、dockerコマンドで提供した権限です。 Kubernetesの実行コマンドに欠けているcode> NET_RAW など。

Kubernetesでは、ポッド宣言の securityContext 内で capabilities を使用して、そのような権限をポッドに割り当てることもできます。

Kubectlでこれができるかどうかはわかりませんが、ポッドにYAML宣言を使用すると、仕様はおおよそ次のようになります。

apiVersion:v1 種類:ポッド メタデータ:  名前:ミポッド スペック:  コンテナ:     - 名前:ミシェル      イメージ: "ubuntu:14.04"      コマンド:         - /bin/sleep         - "300"      securityContext:        能力:          追加:             - NET_ADMIN

もっと参考に、私は簡単に見てみることをお勧めします:

1
追加された
その結果、ログはまったく記録されず、一貫して再開されるポッドが得られます。
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
`ports: - containerPort:80 - containerPort:8080 - containerPort:53 - containerPort:5653 - containerPort:4566 - containerPort:500 - containerPort:500 - containerPort:3306ボリューム: - 名前:ip-nonlocal-bind hostPath:パス:/ proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev hostPath:パス:/ devタイプ:ディレクトリ - 名前:modules hostPath:パス:/ lib/modulesタイプ:Directory`
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
私はそれをyamlファイルに変換しようとしました、そしてこのような何かを思い付きました: apiVersion:v1 kind:Podメタデータ:name:edge spec:コンテナ: - name:edge image: "crossense/edge:production"コマンド: - /bin/bash securityContext:capabilities:追加: - NET_ADMIN - SYS_MODULE - NET_RAW volumeMounts: - 名前:ip-nonlocal-bindマウントパス:/ host/proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev mountPath:/ host/dev - name:modules mountPath:/ host/lib/modules
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,

ログを再生したりログを作成したりすることができない限り、これを決定的に言うことはできませんが、簡単にわかる違いの1つは、dockerコマンドで提供した権限です。 Kubernetesの実行コマンドに欠けているcode> NET_RAW など。

Kubernetesでは、ポッド宣言の securityContext 内で capabilities を使用して、そのような権限をポッドに割り当てることもできます。

Kubectlでこれができるかどうかはわかりませんが、ポッドにYAML宣言を使用すると、仕様はおおよそ次のようになります。

apiVersion:v1 種類:ポッド メタデータ:  名前:ミポッド スペック:  コンテナ:     - 名前:ミシェル      イメージ: "ubuntu:14.04"      コマンド:         - /bin/sleep         - "300"      securityContext:        能力:          追加:             - NET_ADMIN

もっと参考に、私は簡単に見てみることをお勧めします:

1
追加された
その結果、ログはまったく記録されず、一貫して再開されるポッドが得られます。
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
`ports: - containerPort:80 - containerPort:8080 - containerPort:53 - containerPort:5653 - containerPort:4566 - containerPort:500 - containerPort:500 - containerPort:3306ボリューム: - 名前:ip-nonlocal-bind hostPath:パス:/ proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev hostPath:パス:/ devタイプ:ディレクトリ - 名前:modules hostPath:パス:/ lib/modulesタイプ:Directory`
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
私はそれをyamlファイルに変換しようとしました、そしてこのような何かを思い付きました: apiVersion:v1 kind:Podメタデータ:name:edge spec:コンテナ: - name:edge image: "crossense/edge:production"コマンド: - /bin/bash securityContext:capabilities:追加: - NET_ADMIN - SYS_MODULE - NET_RAW volumeMounts: - 名前:ip-nonlocal-bindマウントパス:/ host/proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev mountPath:/ host/dev - name:modules mountPath:/ host/lib/modules
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,

ログを再生したりログを作成したりすることができない限り、これを決定的に言うことはできませんが、簡単にわかる違いの1つは、dockerコマンドで提供した権限です。 Kubernetesの実行コマンドに欠けているcode> NET_RAW など。

Kubernetesでは、ポッド宣言の securityContext 内で capabilities を使用して、そのような権限をポッドに割り当てることもできます。

Kubectlでこれができるかどうかはわかりませんが、ポッドにYAML宣言を使用すると、仕様はおおよそ次のようになります。

apiVersion:v1 種類:ポッド メタデータ:  名前:ミポッド スペック:  コンテナ:     - 名前:ミシェル      イメージ: "ubuntu:14.04"      コマンド:         - /bin/sleep         - "300"      securityContext:        能力:          追加:             - NET_ADMIN

もっと参考に、私は簡単に見てみることをお勧めします:

1
追加された
その結果、ログはまったく記録されず、一貫して再開されるポッドが得られます。
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
`ports: - containerPort:80 - containerPort:8080 - containerPort:53 - containerPort:5653 - containerPort:4566 - containerPort:500 - containerPort:500 - containerPort:3306ボリューム: - 名前:ip-nonlocal-bind hostPath:パス:/ proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev hostPath:パス:/ devタイプ:ディレクトリ - 名前:modules hostPath:パス:/ lib/modulesタイプ:Directory`
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,
私はそれをyamlファイルに変換しようとしました、そしてこのような何かを思い付きました: apiVersion:v1 kind:Podメタデータ:name:edge spec:コンテナ: - name:edge image: "crossense/edge:production"コマンド: - /bin/bash securityContext:capabilities:追加: - NET_ADMIN - SYS_MODULE - NET_RAW volumeMounts: - 名前:ip-nonlocal-bindマウントパス:/ host/proc/sys/net/ipv4 - 名前:dev mountPath:/ host/dev - name:modules mountPath:/ host/lib/modules
追加された 著者 Max Vlaschuk-Gorelik,

答えを見つけることができなかった、そこにいるすべての貧しい魂のために、 Podが再起動し続ける理由は、Podによって実行されたコマンドがコード0で終了した(正常に意味された)ためです。

私の場合は、pod設定の.yamlファイルで指定されているように、entrypointコマンドとして/ bin/bashを実行していました。

apiVersion: v1 
kind: Pod 
metadata: 
 name: edge 
spec: 
 containers: 
   - name: edge 
     image: "crossense/edge:production" 
     command: 
       - /bin/bash 
     securityContext: 
       capabilities: 
         add: 
           - NET_ADMIN 
           - SYS_MODULE 
           - NET_RAW 
     volumeMounts: 
       - name: ip-nonlocal-bind 
         mountPath: /host/proc/sys/net/ipv4 
       - name: dev 
         mountPath: /host/dev 
       - name: modules 
         mountPath: /host/lib/modules

....

解決策は、存在しないコマンドを単に追加することでした。   エントリポイントこれはフォアグラウンドで実行されているプロセスか、単に   /bin/sleep

例と将来の学習のために、私の最後のポッド設定ファイルはこのようになっていました:

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
 name: edge
spec:
 hostNetwork: true
 containers:
   - name: edge
     image: "crossense/edge:production"
     command: ["/bin/bash", "-c"]
     args: ["service rsyslog restart; service proxysql start; service mongodb start; service pdns-recursor start; service supervisor start; service danted start; touch /var/run/squid.pid; chown proxy /var/run/squid.pid; service squid restart; service ipsec start; /sbin/iptables-restore < /etc/iptables/rules.v4; sleep infinity"]
     securityContext:
       privileged: true
       capabilities:
         add:
           - NET_ADMIN
           - SYS_MODULE
           - NET_RAW
     volumeMounts:
       - mountPath: /dev/shm
         name: dshm
       - name: ip-nonlocal-bind
         mountPath: /host/proc/sys/net/ipv4
       - name: dev
         mountPath: /dev
       - name: modules
         mountPath: /lib/modules
     ports:
       - containerPort: 80
       - containerPort: 8080
       - containerPort: 53
         protocol: UDP
       - containerPort: 5353
         protocol: UDP
       - containerPort: 5666
       - containerPort: 4500
       - containerPort: 500
       - containerPort: 3306
 volumes:
   - name: dshm
     emptyDir:
       medium: Memory
   - name: ip-nonlocal-bind
     hostPath:
       path: /proc/sys/net/ipv4
   - name: dev
     hostPath:
       path: /dev
       type: Directory
   - name: modules
     hostPath:
       path: /lib/modules
       type: Directory

ご質問がございましたら、このスレッドにコメントしてください。

0
追加された

答えを見つけることができなかった、そこにいるすべての貧しい魂のために、 Podが再起動し続ける理由は、Podによって実行されたコマンドがコード0で終了した(正常に意味された)ためです。

私の場合は、pod設定の.yamlファイルで指定されているように、entrypointコマンドとして/ bin/bashを実行していました。

apiVersion: v1 
kind: Pod 
metadata: 
 name: edge 
spec: 
 containers: 
   - name: edge 
     image: "crossense/edge:production" 
     command: 
       - /bin/bash 
     securityContext: 
       capabilities: 
         add: 
           - NET_ADMIN 
           - SYS_MODULE 
           - NET_RAW 
     volumeMounts: 
       - name: ip-nonlocal-bind 
         mountPath: /host/proc/sys/net/ipv4 
       - name: dev 
         mountPath: /host/dev 
       - name: modules 
         mountPath: /host/lib/modules

....

解決策は、存在しないコマンドを単に追加することでした。   エントリポイントこれはフォアグラウンドで実行されているプロセスか、単に   /bin/sleep

例と将来の学習のために、私の最後のポッド設定ファイルはこのようになっていました:

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
 name: edge
spec:
 hostNetwork: true
 containers:
   - name: edge
     image: "crossense/edge:production"
     command: ["/bin/bash", "-c"]
     args: ["service rsyslog restart; service proxysql start; service mongodb start; service pdns-recursor start; service supervisor start; service danted start; touch /var/run/squid.pid; chown proxy /var/run/squid.pid; service squid restart; service ipsec start; /sbin/iptables-restore < /etc/iptables/rules.v4; sleep infinity"]
     securityContext:
       privileged: true
       capabilities:
         add:
           - NET_ADMIN
           - SYS_MODULE
           - NET_RAW
     volumeMounts:
       - mountPath: /dev/shm
         name: dshm
       - name: ip-nonlocal-bind
         mountPath: /host/proc/sys/net/ipv4
       - name: dev
         mountPath: /dev
       - name: modules
         mountPath: /lib/modules
     ports:
       - containerPort: 80
       - containerPort: 8080
       - containerPort: 53
         protocol: UDP
       - containerPort: 5353
         protocol: UDP
       - containerPort: 5666
       - containerPort: 4500
       - containerPort: 500
       - containerPort: 3306
 volumes:
   - name: dshm
     emptyDir:
       medium: Memory
   - name: ip-nonlocal-bind
     hostPath:
       path: /proc/sys/net/ipv4
   - name: dev
     hostPath:
       path: /dev
       type: Directory
   - name: modules
     hostPath:
       path: /lib/modules
       type: Directory

ご質問がございましたら、このスレッドにコメントしてください。

0
追加された

答えを見つけることができなかった、そこにいるすべての貧しい魂のために、 Podが再起動し続ける理由は、Podによって実行されたコマンドがコード0で終了した(正常に意味された)ためです。

私の場合は、pod設定の.yamlファイルで指定されているように、entrypointコマンドとして/ bin/bashを実行していました。

apiVersion: v1 
kind: Pod 
metadata: 
 name: edge 
spec: 
 containers: 
   - name: edge 
     image: "crossense/edge:production" 
     command: 
       - /bin/bash 
     securityContext: 
       capabilities: 
         add: 
           - NET_ADMIN 
           - SYS_MODULE 
           - NET_RAW 
     volumeMounts: 
       - name: ip-nonlocal-bind 
         mountPath: /host/proc/sys/net/ipv4 
       - name: dev 
         mountPath: /host/dev 
       - name: modules 
         mountPath: /host/lib/modules

....

解決策は、存在しないコマンドを単に追加することでした。   エントリポイントこれはフォアグラウンドで実行されているプロセスか、単に   /bin/sleep

例と将来の学習のために、私の最後のポッド設定ファイルはこのようになっていました:

apiVersion: v1
kind: Pod
metadata:
 name: edge
spec:
 hostNetwork: true
 containers:
   - name: edge
     image: "crossense/edge:production"
     command: ["/bin/bash", "-c"]
     args: ["service rsyslog restart; service proxysql start; service mongodb start; service pdns-recursor start; service supervisor start; service danted start; touch /var/run/squid.pid; chown proxy /var/run/squid.pid; service squid restart; service ipsec start; /sbin/iptables-restore < /etc/iptables/rules.v4; sleep infinity"]
     securityContext:
       privileged: true
       capabilities:
         add:
           - NET_ADMIN
           - SYS_MODULE
           - NET_RAW
     volumeMounts:
       - mountPath: /dev/shm
         name: dshm
       - name: ip-nonlocal-bind
         mountPath: /host/proc/sys/net/ipv4
       - name: dev
         mountPath: /dev
       - name: modules
         mountPath: /lib/modules
     ports:
       - containerPort: 80
       - containerPort: 8080
       - containerPort: 53
         protocol: UDP
       - containerPort: 5353
         protocol: UDP
       - containerPort: 5666
       - containerPort: 4500
       - containerPort: 500
       - containerPort: 3306
 volumes:
   - name: dshm
     emptyDir:
       medium: Memory
   - name: ip-nonlocal-bind
     hostPath:
       path: /proc/sys/net/ipv4
   - name: dev
     hostPath:
       path: /dev
       type: Directory
   - name: modules
     hostPath:
       path: /lib/modules
       type: Directory

ご質問がございましたら、このスレッドにコメントしてください。

0
追加された