センサーに関する多くの情報を知らずにArduinoにセンサーを接続する

私はホルムアルデヒドセンサーを購入するつもりです。 Arduino Uno ボード(および後でラズベリー)に接続します。私が知る限り、センサは他の外付け部品(アンプなど)なしで小さなボックス/バッグに入っています。だから私は接続用の2つの銅端子を備えたセンサを手に持っていきます(下の画像参照):

enter image description here

これを接続スキームなしでArduinoボードに接続することは可能ですか?はいの場合、このセンサーの2つの端子はどこに5V、GND、A ##ポートに接続しますか?また、製造元であり、何らかの変換テーブルではありませんか?また、私はこれに外付け部品が必要でしょうか?はいの場合、どのコンポーネントですか?

私はこの質問が非常にばかげていることを知っていますが、これまでは Seeed Grove に明確な説明が書かれていますが、特定のセンサーのプロデューサーとGrooveの間にリンクが存在するため、コードが存在すると想定しました。ありがとうございました!

参考:プロデューサーはセンサーに関するいくつかのことを書いていますが、それは私を大きく助けません。

このセンサーは2電極電気化学タイプのもので、   外部サンプリングハードウェアを必要としません。に   ホルムアルデヒドガスの存在により小さな直流が生成される。その   センサはそれ自身の電源を必要としないが、この電流は   外部データ収集を使用して読み取り可能にする増幅   機器。

0
ru de
私は喜んでキットを購入するだろうが、私は同じ問題で終わるのではないかと心配している。キットをArduinoボードにどのように接続すればよいですか?回路の実装に関しては、まあ、私は正しい知識を持っていません。あなたは抵抗とコンデンサを持つものを指していますよね? (私は回路スキームの記号の一部しか読めません)
追加された 著者 Vinze,
ステップ1:データシートを読む。ステップ2:そこに記載された回路を実装する。
追加された 著者 Majenko,
センサキットを購入する
追加された 著者 jsotola,

1 答え

データシートにリンクしています。センサー。

データシートでは、「アプリケーション回路」セクションを参照してください。この回路を構築する必要があります。センサーは非常に小さな電流を生成し、アプリケーション回路は高ゲインアンプで、非常に小さな電流をArduino ADCでサンプリングできるさまざまな電圧に変換します。

回路については、電線に "To ADC"と書かれています。これはarduinoに接続する部分です。

キャリブレーションに関しては、データシート自体が、バッチのセンサーを注文する際に、プロセスが重要ではないこと、またはキャリブレーションを追加料金で実行できることに注意してください。おそらく、それらの較正には、アンプのゲインを設定するために使用される正確な抵抗値と、PPM値を「To ADC」ワイヤで提供されるアナログ電圧に関連付ける式が含まれます。

回路図(回路図)を読む場合は、すでに抵抗とコンデンサが分かっている場合があります。他の品目については、オンラインで品目番号を検索し、品目を確認してください。

また、データシートには、アプリケーション回路がセンサメーカから事前に用意されていることが記載されています。あなたは自分で購入する方法を決定するために連絡することができます。

ほとんどのエレクトロニクス製品には、動作パラメータの最小値と最大値、標準値、標準出力など、デバイスに関する一般的な情報がすべて記載されたデータシートがあります。このセンサも同じですが、較正手順は複雑さのために素晴らしいディテール。

2
追加された
彼らのウェブサイトを読んでください。アクセサリセクションにはインターフェイス回路基板があります。私はQ&Aウェブサイトが自由に利用可能で、既にリンクされている情報を読む必要があると信じるのは難しいと思うのですか?
追加された 著者 Tarski,
素晴らしい答えをありがとう。ウェブサイト上で提供されるキットがデータシートの余分な回路で構成されているのか、別の回路で構成されているのかご存じですか?さもなければ、私はそれらにその特定の回路と共にセンサを送るように頼むでしょう。これを明確にしていただきありがとうございます。
追加された 著者 Vinze,
それはそれを読むことだけではありません。それはまた理解に関するものです。私はエレクトロニクスのノブであり、それが私がこれに対処している理由です。インタフェース回路基板には仕様に含まれていることを理解させる仕組みがありません。だから私は助けが必要です。おかげさまで、その回路をArduinoに接続する方法が明らかになりました。その付属品が私が構築しなければならない回路ならば、私はそれを手に入れます。
追加された 著者 Vinze,