Hamilton Sundstrand CorporationがこのGPWS問題を解決しましたか?

So I was reading about Garuda Indonesia Flight 152 and one of the reason it crashed was for a GPWS malfunction. Here is the Wikipedia article about the crash and GPWS: Garuda Indonesia Flight 152

原告は、GPWSが不完全に設計されていること、製造業者が10年以上にわたり山岳地帯の欠陥を認識していて、事故を避けることができるようにシステムを設計したと主張した。

この問題はこれまでに解決されましたか? Hamilton Sundstrand Corporationが問題を解決しましたか?また、どの会社がAirbus A350とAirbus A320用にGPWSを作っているのか、誰かが知っているのだろうか?

5
@ user71659:GWPS自体は廃止されていません。以前のGPWSのフォームは時代遅れです.EGPWS/TAWSはまだGPWSの一種です。
追加された 著者 Sean,
GPWSは廃止されたと考えられ、2000年代初めに段階的に廃止されました。
追加された 著者 rod,
Wikipediaの記事にもかかわらず、Hamilton SundstrandはGPWSを作っていませんでした。 Sundstrand Data ControlはGPWSを構築しました。 Sundstrand Data Controlは、Sundstrand Corporationから1993年にAlliedSignalによって購入されました。 AlliedSignalはその後、Honeywellの名前を取って1999年にHoneywell Internationalを購入しました。 Honeywellは、GPWS/EGPWS製品ラインの現在の所有者です。 Sundstrand Corporationは1999年にUTCによって購入され、Hamilton Standardと合併してUTCの下でHamilton Sundstrandになりました。
追加された 著者 Gerry,

1 答え

EGPWS/TAWSはこの問題の修正です...

当初の地上近接警報システムは、当時の飛行機のほかに何かを知ることができなかったため、実際にはかなり制限されていました。理論的には、これをレーダーに沿って軍用地形に似た地上マッピングレーダー技術を使用することができますが、それは民間航空環境での使用には非実用的な分類と高度な信号処理の鉱山分野で踊るでしょう。

代わりに、EGPWS(強化地上近接警報システム)/ TAWSは、航空機の自らの位置(車載ナビゲーションシステムからの)と、地形情報のデータベースを使用して、生成されたより簡単な電波高度計の警告GPWSによってこれは、今日のメインライン航空便の基本的にすべての航空機だけでなく、より多くの最新のビジネスジェット機や通勤型航空機にも見られるものです。

たとえあなたがどこにいるのか嘘をついてしまっているのであれば、TAWSでもあなたを救うことはできません!

Nonetheless, it's still possible to have a non-pilot-error CFIT in an EGPWS/TAWS equipped aircraft -- on one fateful day in Ethiopia, a British Mediterranean Airlines A320 nearly became a crater twice over thanks to the ADS VOR/DME providing bad bearing information to anyone who tried to use it as a navaid -- without GPS, the only thing the TAWS had to go on was the VOR-updated IRU position, which was being thrown off by the bad data from the ADS VOR. Luckily for the passengers, the crew had their wits about them and caught the situation before smashing into the ground, but even with GPS being nearly universal in airliners compared to its prevalence in 2003, interference, spoofing, or jamming of GPS signals is still a threat, as this year's Red Flag exercises are reminding us quite vividly by taking out GPS service across much of the western CONUS.

5
追加された