数学エディタでのアンドゥとやり直しの実装

テキストエディタでイベントを定義するためにMathQuill JavaScript Libraryを使用しているWebアプリケーションで、元に戻す/やり直しシステムを実装する必要があります。ステートとプッシュ/ポップコールなどを保持するオブジェクトの配列を使用してカスタムソリューションを自分で実装することはできますが、すべての状態とカーソル位置を処理するにはかなりの不具合があります。とにかく、Mathquillライブラリや、エディタでブラウザの組み込みのアンドゥ/リドゥ機能を有効にすることができます。

1
こんにちは、これまでの解決策を見つけましたか?
追加された 著者 JasonY,

答えはありません

0