ボーイング737の小さな眉の窓の目的は何ですか?

誰でもこれらのウィンドウが何のために使われたのか知っていますか?

enter image description here

3

1 答え

ウィキペディア:ボーイング737 から:

737台のコックピットには、メインのグレアシールドの上に「眉毛の窓」があります。眉毛の窓は元の707と727の特徴でした。彼らはターンの視認性を高めることができ、星空で移動するとより良い空の表示を提供しました。現代の航空電子工学では、彼らは冗長になり、多くのパイロットは実際に太陽の光沢を遮るために新聞やその他の物を置いていました。彼らは2004年に737台のコックピット設計から排除されましたが、依然として顧客の要求に応じて設置されています。これらの窓は、通常、メンテナンスのオーバーホール中に取り外され、塞がれ、当初は窓に取り付けられていなかった後の航空機の滑らかな金属とは異なる金属プラグによって区別することができます。

ボーイング社はまた、窓を取り除くと操縦席の騒音が約3デシベル減少すると判断した。新しいモデルには、以前は窓があったコックピットの上に10個の渦発生器があります。メンテナンス費用も削減されます。

4
追加された
「星によってナビゲートすると「より良い空の見方」が少し無意味です。実際の天体航法は、窓から星を見ることではなく、六分円で行われます。私は起源が空中給油のためのものだと思う。受信機はそれらの窓を使ってタンカーを見ることができる。そしてそこから、議論されているように、彼らは707と727に引き継がれました。しかし、ARの使命がなければ、彼らはかなり役に立たず、ちょうどそれが望ましくないところに日光を浴びせた。最終的にボーイングは全面的に全面的に操縦士が十分に良く分かっていたことに気づいた。
追加された 著者 Mark Heath,
@ RalphJ幸運にも私はウィキペディアの記事を書かなかったが、私は主張を否定することはできない。六分円は地平線と既知の星の両方を見る必要がある。いずれにしても、問題は順番に見えているか、パターンをクリアするために滑走路を待っていると思います。新しい737は、視界を改善するために大きなウィンドウを持っています。私は737コックピットに座ったことがありませんでした。それは、視認性が良い/悪いと言って実際にそれについてのコメントをすることはできません。
追加された 著者 c69,