エキナセア種子を土壌に置く正しい方法は何ですか?

いくつかのインターネットサイトでは、エキナセア種子は土壌に1/4インチの小さな深さに置くべきだと言われていますが、当時は覆われていなかったので、発芽には光が必要です。彼らが発芽した直後に、彼らは土の1/4インチの層で覆われるべきです。 (この提案は小さなコンテナからの栽培と直接屋外での両方に有効であると思われる)

これは本当ですか?それは重要ですか?誰かに関連した経験がありますか?


更新:

地元の種子屋から買った袋の内容:0.5グラム、それは約90種でなければならない

enter image description here

すべての種子は2mm〜3mmの長さです。

正確な種はEchinacea angustifoliaです。種子屋は発芽率が60%だと言いますが、それは疑いの余地はありませんが、それは異常に高いですが、わかります。


更新 - マッチ8日0

3つの種子が土壌の表面上の各細胞に配置され、軽く叩かれます。だから、袋には約130の種があった。私は種子が濡れた指にちょうど「つい」ているのを知ったので、私は指で細胞を1つずつ、時間に3つずつ広げました。土は濡れていましたが、その後も各セルに水を撒きました。

enter image description here

私は庭の中でそれらを始めるためのより多くの種袋を持っていますが、私は春の半ばにそれを行うつもりです。


アップデート - 3月9日 - 1日

私は透明なナイロンカバーでトレイを覆った:

enter image description here

トレイは100%シールされていませんが、これは土壌を湿らせておくのに十分です。

カバーは実際にはシャツやその他の衣服のカバーで、ドライクリーニング店が定期的に使用します。

私は1週間カバーを保つつもりです。私は空気をリフレッシュするために、数日おきに10分開いていきます。


更新 - 3月4日 - 4日

私は今日(10分カバーを外して)今日の種子の周りの空気をリフレッシュしたかったのですが、予期せず、一部の種子がすでに発芽していることがわかりました!カバーを恒久的に取り外しました。


アップデート - 4月6日 - 29日

enter image description here

1
nl ru de

2 答え

私は土の表面に種子を散らし、軽くそれらを落とす。エキナセアは、このようにして播種した種子から容易に生育するが、根を切断することにより迅速に生育する。通常、播種した種子には、日差しが必要なほか、雨、雪、擦り傷から利益を得ます。これは自然に、これらの影響に耐えて進化し、その後も実行可能な年のままである硬質種皮を傷つけます。

2
追加された

自己播種の花には、発芽するために光を必要とするか、または光に無関係な種子があります。一方、他の植物種子は光によって阻害される。

エキナセアは容易に自己種を蒔き、寒い成層後に発芽するので、低光度の時に発芽するために光を必要としないと考えられます。

1
追加された