あなたはハムバッカーなしでハムをどのようにコントロールしますか?

私はホーナープロフェッショナルのB-Bass 4弦ベースを2つのシングルコイルで持っています。コントロールはネックボリューム、ブリッジボリューム、トーン(ローパスフィルターのカットオフとみなします)です。いずれかのピックアップだけを使用すると、深刻なハムを起こします。 2つのボリュームコントロールがあまりにも範囲外でない限り、目立つハム音がします。

私は、ボリュームポットを一緒に動かして0から100のスムーズなスウェルを得るテクニックを開発しました。そのため、その連続体にポイントを見つけて、そのベースポイントに比べて各ピックアップをどれだけブーストまたはカットするかを決めることができますいずれかのノブでいずれの方向にもハムを生成する)。しかし、それは本当に難しいです!

ハムを避けるより良い方法はありますか?

4

2 答え

私は一般的にここで話していますので、これらのうちのいくつかがあなたのホーナーに関係していないように思われる場合は謝ります。

Making your environment less 'hummy'. The kind of hum that pickups pick up is caused by electromagnetic fields in the environment; if you can identify a particular item that is causing the hum, then you may be able to turn it off or move away from it. Items that can cause hum include mains transformers, motors, and, as Tetsujin mentions, old style CRT screens.

ソースを特定できない場合でも、より良いように見える別の場所に移動することができます。

Try to get your instrument not to 'catch the hum' so much. You might orient a radio antenna to catch more signal; conversely, you can often reduce hum significantly by turning the instrument around and finding the least noisy position.

Don't 'hum' yourself! If you've experienced hum getting worse as you are near the instrument, this is because your body (being mostly water) can pick up and retransmit hum from the environment. You can reduce this effect by grounding your body - often people notice this when they touch the strings or bridge of the guitar, but you could also try using a grounding wrist strap (https://en.wikipedia.org/wiki/Antistatic_wrist_strap). OK, arguably not a cool look and might not work with all playing styles, but it can help when recording! Of course please follow all relevant safety instructions - don't clip it to the nearest live wire.

Shielding the instrument - you can reduce the amount of hum the instrument picks up by surrounding (as much as possible) the pickups and electronics in a conductive foil, tape, or paint, usually applied to the inside of the pickup and control cavities, and back of the pickguard. To work best, this shielding needs to be continuous and have a good connection to earth. Although it's said not to be the best thing, I've had pretty good results with kitchen foil just crimped on to the earth wire.

Checking your wiring : make sure all the solders and connections to ground are good; make sure you have shielded cable for any non-earth connections inside the guitar (the shield would itself be connected to earth). Metal hardware on the guitar should be grounded via the bridge - check the bridge is grounded.

Battery - on an active instrument, check that the battery isn't running out of juice - this can make the electronics behave worse.

Cable - check that you are using an undamaged shielded instrument cable.

Changing your electronics - ultimately if you like the playability of the instrument but it's just too noisy, you could consider changing your pickups and associated electronics.

5
追加された
追加したいことがあります:ハムバッキング・ピックアップでインストゥルメントを改造します。これらは、既存の単一コイル設備に適合するために利用可能である。 ...おっと、あなたはそれを最後に言いました。その部分は簡単に見逃されます。
追加された 著者 Brian Warshaw,
あなたの体は「環境からの騒音を受け取り、再送信しない」。これはHFドメインで発生する可能性があります(たとえば、車のキーを頭に当てるとその範囲を広げることができます)が、オーディオ周波数のEMフィールドの波長は長すぎます。あなたが話している効果は反対です:あなたの身体は、既存のフィールドを盾にすることができます。しかし、それは本当にギターの製作者のほとんどが自分の楽器を内部的に遮るという悪い仕事の証です。 (また、身体は磁場だけを遮蔽することができますが、磁場は遮蔽することができません。
追加された 著者 Nikos Steiakakis,
@topomorto:よく考えてみると、あなたの体がアンテナになり、干渉を増やすことは実際には可能だと思います。何が起こるかはあなたが近距離にいることですが、波の減衰は依然として幾何学的要因によって決まります。特に、スイッチング電源のようなデバイスは、対称性を取り除かない限り、かなり急速に減衰する四重極電界を持ちます。
追加された 著者 Nikos Steiakakis,
+1私が長年にわたって見てきた1つの改善点は、現代のLCDタイプのスクリーンが制御ルームに録画している場合、古いCRTよりはるかに少ないことです。
追加された 著者 user12556,
私は環境、遮蔽、配線を最も可能性が高く、有効な分野として挙げたいと思います。非常に完全な答え、+1。
追加された 著者 Todd Wilcox,
@leftaroundabout私はちょうど今行った実験:ノートパソコンのトランスフォーマーに左手をかけ、ギターをアンプに接続させました。私がピックアップの近くで(手を触れないで)私の右手を握ったとき、私はより多くのハムノイズを聞いた。それから私は右手をピックアップの近くに置いたが、左手をトランスから離して(そして離して)動かすと、ハムは落ち着いた。それはなぜでしょうか?
追加された 著者 topo morto,
@leftaroundabout TBH私が本当に必要とするのは、自分自身を自分の箔で包み始めたいという言い訳を見つけることですが、私はそこに1つはないと確信しています...
追加された 著者 topo morto,

私はトポの答えを混乱させたくありませんが、私はより良い選択肢と考えています

Don't 'hum' yourself

古いスタジオのトリックは地面に自分自身を配線するのではなく、ギターをあなたに接続することでした。

Most of the time, this type of hum goes away if you're holding on tight to the metalwork of the instrument. When you're actually playing it can come & go depending on how well you're connected to it at that moment, which can be very distracting.

The solution was fuse or solder wire [something easily bent, that will stay in place], tied round a wrist, leg, waist & then to the shield on the guitar or jack - these days a common grounding band like you use for computers, with a strap & crocodile clip would be just as effective.

Same caveats apply regarding safety.
If you need to touch any other piece of equipment, test by licking the back of your fingers & touching first. Then in worst-case-scenario, your body's reaction to an electric shock is to curl your fingers away from it as your muscles contract, rather than end up stuck to a live mic you can't let go of.

1
追加された