異なる音部記号の音符を結ぶ直線はどういう意味ですか?

絵のように、反対側の譜表の音符間の直線の意味は何ですか?私はそれを見続けるが、GoogleとWikipediaは私を助けていない。

enter image description here

21
推測すると、これはMusical Offeringの@ Rattercar a 6 の@MattPutnamからのものです。そういうわけで、「余剰」があります。公正であるためには、これはグランドスタッフでフォーマットするのは非常に難しいものです。
追加された 著者 user16935,
私は尋ねるだけで、この音楽はどこから来たのですか?私はこのようなひどいフォーマットでこのような質問を続けています。
追加された 著者 MattPutnam,

3 答え

それは問題の声が音部記号の間で(そして通常は手の間でも)動いているということを意味します。この場合、ミドルCの上にあるGで始まるボイスは、オクターブ下がり、左手で継続すると中音域の下のGに戻ってから、オクターブを上げて右手で演奏します。

編集:ここに、この節の元のスコア( Musical Offering Ricercar a 6 のm.10ff)があります。個々の声部の範囲を見ると、譜表が大譜表に転記されたときに声部が譜表の間を跨がる回数を想像することができます。

enter image description here

24
追加された

それがピアノの場合は、それはグリッサンドまたはグリッサンドとみなすことができます。ギタープレイヤーがスライドとして知っているもの

これがどのように表記されるかの例。

Gliss

gliss2

1
追加された
グリッサンドは他の楽器にも適用できますか?それだけでなく、グリスも私の心に来たものです。 +1
追加された 著者 Shevliaskovic,
glissando(これは通常、 gliss。で指定されています)ですが、この場合はそうではありません。それは声の交差です。私は自分の答えにオリジナルのスコアを追加しました。その結果、ボイスが最初に表記された様子を見ることができます。
追加された 著者 user16935,
グリッサンドは波線を意味するのではなく、裂け目を結ぶ直線ではありません。私はそれが動いていると信じています。
追加された 著者 a3nm,

Barbershopスタイルの表記法では、そのような線は、メロディーがある声部から別の声部に移動していることを示します。慣例により、音声部分はあるスタッフから別のスタッフに移動しません。

この場合、1つの音符(楽器音や音符など)が高音部からベース音部まで移動して戻ってきたかのように見えます。歌手として、私はこれが混乱していることがわかります。

1
追加された