近代的な執筆のためのコンベンションは、フィギュアド・ベースで6番目に高まった

現代の読者のためのフィギュアド・ベースの組版では、6番目の盛り上がりを示す好ましい方法は何ですか?

私は、バックスラッシュのアプローチは古風であると考えられていますが、自然な/鋭いシンボルと一般的な+サインをどちらが好むかは不明です。基本的には、この表記法を読んでいる人々(そして特定の時間/場所の文体的特徴を保存することには関心がない)によって、どのコンベンションが最も一般的に見られ、理解されるのかを調べようとしています。

3
@NeilMeyerので、ここのコンテンツは en.wikipedia.org/wiki/Figured_bass#Accidentals です違う?
追加された 著者 Dave,
プラス記号は非常に特殊です。拡張された和音を意味します。本当にそれは6番手とは関係がありません。
追加された 著者 Neil Meyer,
私はいくつかの機会にWikipediaに同意しませんでしたが、インターネットに接続している人が書いたジャーナルを何に伝えることができますか?彼らは明らかに私が信任状に勝つようにした。
追加された 著者 Neil Meyer,
フィギュアされた低音がそれ自体古風であるのを見て、それをあまりにも心配するのは奇妙に思えます。私は、フォントサイズが十分に大きければ、それをはっきりと見ることができ、私は大幅にスラッシュを好むと言います。しかし、偶然のための嗜好であれば、鍵のために適切なものを使用します(一般的に、当日の作曲家の間では標準的です)。しかし、6を上げた場合、特定のキーの外に一般的に言及されている場合、シャープが適切です。プラスは混乱することはありませんが、私は実際に6とそれを見ていない。これは私の意見ですが、私は答えとして投稿しません。
追加された 著者 JAGAnalyst,
@NeilMeyer私は思慮深い低音の文脈で増強された+見た目の危険はないと考えていますが、その意味は完全にはっきりしています。しかし、私が見た唯一のインターバルは、4であるが、それは数字の後に来る - 4からの拡張クロスバーを通る垂直線のようなものだ。とにかく、私は本当の答えだと思うここには当時の標準はなく、実際には今のようには見えないということです。
追加された 著者 JAGAnalyst,
プラス記号付きの4のように見えるのは、実際にはクロスバーを通るスラッシュの4つだけです。
追加された 著者 musarithmia,

1 答え

私は3つの情報源をチェックしました。

  1. C.P.E. Bach's Essay on the True Art of Playing Keyboard Instruments. Unfortunately, there does not seem to be a public domain English translation (you might be able to find one in a university library), so I checked the first edition German version on IMSLP (which I can't actually read). As far as I can tell from a quick skim of it, he appears to use the slashed-6 quite frequently. Now, you might argue that this is not modern typography -- which is true. But consider that C.P.E. Bach's work is (1) regarded as essentially the definitive treatise on continuo realization by modern scholars, as well as (2) the fact that he was writing at the very end of the Baroque (it was first published in 1753), so continuo styles had pretty much evolved as far as they were going to. In light of this, I think that following his conventions would be at least a safe choice.

  2. My modern Dover edition of Handel's Messiah. This used a 6♮ to raise what would otherwise be a flatted note (e.g. B♭ in the key of F). However, in sharp movements (e.g. in D), the slashed-6 was used to raise what would otherwise be natural.

  3. My modern Dover edition of Bach's Brandenburg Concertos & Orchestral Suites, which only has figures on the 5th concerto (in D, for the non-solo sections) and the 1st two Orchestral Suites (in C and D). These consistently use a slashed-6 to indicate sharped sixths. However, I did find one instance of a 6♮ in the 1st Orchestral Suite. This was an interesting case, because it was actually a cautionary accidental. The key signature was C, but the previous measure had a B♭ in the bass part, so the measure in question had a D with a cautionary natural next to the six. At any rate, this matches the use of 6♮ in Handel to raise a flatted note.

In no case did I ever see either a 6+ or a 6♯, so from this limited sample (two modern Dover scores), it appears slashed-6 is the preferred way to go... at least if you have a way to support the symbol in your software.

8
追加された