テーブルビューからセルを削除する - エラー - コードが提供されました

私はカスタムセルを持っており、それにセグメントコントロールを追加しています。

-(void)segmentclicked:(id)sender{


        UISegmentedControl *segmentC = (UISegmentedControl *)sender;

        CustomCell *cell=(CustomCell *)segmentC.superview.superview;

        NSIndexPath *indexPath = [self.table indexPathForCell:cell];

        NSMutableArray *discardarr = [NSMutableArray array];

        [discardarr addObject:[self.entries objectAtIndex:indexPath.row]];

        [self.table beginUpdates];

        [self.itemsArray removeObjectsInArray:discardarr ]; 

        [self.table deleteRowsAtIndexPaths:[NSArray arrayWithObjects:indexPath, nil]  withRowAnimation:NO];         

        self.entries = [NSArray arrayWithArray:self.itemsArray];

        [self.table endUpdates];

        [self.table reloadData];


    }
}

私は次のエラーを受け取ります。

'NSInternalInconsistencyException'、理由: '無効な更新:セクション0の行数が無効です。更新(10)後に既存のセクションに含まれる行の数は、そのセクションに含まれる行の数と等しくなければなりませんupdate(10)、そのセクション(挿入された0、削除された1)から挿入または削除された行の数をプラスまたはマイナスし、そのセクションの内外に移動した行の数をプラスまたはマイナスします。 '

* First throw call stack:

1.)どのように私はこれを取り除くことができる、私はそれに応じてすべてをやったと信じています。私は [self.table endUpdates]; の上に [self.table reloadData]; という行を追加しようとしましたが、変更はありません。助けて

0

1 答え

この行でコード内の行を削除すると [self.table deleteRowsAtIndexPaths:[NSArray arrayWithObjects:indexPath、nil] withRowAnimation:NO];

あなたのテーブルビューは、行内のセクション数とセクション内の行数を表示するために、データソースを再度チェックします。 エラーは、削除された要素がテーブルビューに表示されるはずのデータソース要素として存在しているにもかかわらず、その行を削除したことを確認しているためです。

例:

私の行の数で私は7を返します。

しかし、私は行を削除する場合、私はこの返す6..butあなたのまだ7かもしれない返す必要があります..

(通常、リターンはいくつかの[配列数]です。例としてリターン7を使用しました)

2
追加された
私は自分のコードを編集し、 numberOfRowsInSection メソッドを見てください。私はそれを正しくやっている。私のコードで珍しいものを見つけることができますか?助けて :(
追加された 著者 shajem,
`self.entries = [NSArray arrayWithArray:self.itemsArray];する必要があります。 ` deleteRowsAtIndexPaths の上に来ますか?
追加された 著者 shajem,
さて、私はあなたを確認し、更新させてください。
追加された 著者 shajem,
NSLogを返す前に置く[self.entries count];あなたのカウントをチェックする。それにブレークポイントを作って、あなたがdeleteを押す前にその値をチェックし、deleteを押した後。それはあなたの配列で削除されない要素ではない。
追加された 著者 Shubhank,
はい。それはそれより上にあるはずです:)私はちょうどそれをスリップしました..
追加された 著者 Shubhank,