Magitでは、2つのリモコンの良いワークフローは何ですか?

長年のgitユーザーとして、私は共同プロジェクトの次のワークフローに精通しています:

  1. 私の私用リポジトリはローカルで変更する場所です。

  2. 私のパブリックリポジトリは、他の人が引き出す準備ができている変更をプッシュする場所です。

  3. プロジェクトリポジトリでは、承認された変更を一元的に承認します。 (これはゲートキーパーによって管理されるものです)

このワークフローでは、プロジェクトリポジトリに「リモート」を設定しました。ここでフォームを作成します。私は自分の公開リポジトリに「プッシュリモート」を設定しました。

最近に到着し、とても幸せなMagitユーザーとして、私はMagitとうまく対応するワークフローを見つけようとしています。さまざまなリモコン( P p P u )に 2つの押し込む機能は私を困惑させます。私はこれらの2つが私が慣れていたリモコンに対応しているかどうかはわかりませんが、複数のリモコンに押し込むのは間違いありません。

私は、2つのリモコンのセクションを読んでいます。 Magitのマニュアルでは、私は啓発されていません。 Magitの 2つのリモコンの良いワークフローは何ですか?または、あなたが好きな場所に書かれた説明に私を向ける?

5
また、[ magit.vc/manual/magit/… ブランチ設定ポップアップ)、関連する変数とMagit内から変更する方法について説明しています。私はマニュアルにいくつかの相互参照を追加することを検討し、適切な答えに含まれるステップを後で要約するつもりです。
追加された 著者 num1,
追加された 著者 num1,
おそらく質問は少し広すぎますか?私は興味深い答えを見たいと思っています...
追加された 著者 Andrew Rimmer,

1 答え

それが良いと認めるかどうかはわかりませんが、私が使用する2つのワークフローです。

For fork -> master workflow: In this case I have the main remote called origin and a my fork remote which I imaginatively call fork I set the origin as my upstream and the fork as my push:Remote. So my changes are always pushed to my fork and any new changes on upstream are pulled from upstream

For feature-branch -> master workflow: My master branch/epic branch is the upstream here and my feature-branch is the push:Remote branch. Changes are pushed to my feature and upstream changes are pulled from my master/epic branch. The need to push to both remotes usually never appears in my workflow.

しかし、組織自体の一部であり、両方のリポジトリにその機能の専用ブランチを持っている人にとっては、必要かもしれません。この場合、元のリポジトリ内の専用ブランチは複数の作者からコミットを受け取ることがありますが、フォーク上の同じブランチは1人の作者のみが使用します。そのような場合は、両方のリモコンに押し込む必要があります。

2
追加された