辞職minibuferはもう24.5.1で動作しますか?

Ubuntu 16.04 Xenial Xerusに付属しているGNU Emacs 24.5.1では、以前のバージョンと同じようにC-gはコマンドを中断しません。これは習慣を壊すので厄介です。

一見同じことをするC-]コマンドがありますが、キーバインディングは、同じコマンドの中止 - 再帰的編集にバインドされていることを示す画面に役立ちます。

C-gを返すには、ミニバッファに入力したコマンドを中止するという以前の動作がありますか? C-gを変更する際に警告がありますか?

Update: in emacs -Q, press C-x C-f as if to find some file, but then press C-g to abandon the attempt. "Quit" is seen briefly, but "Find file: ..." message is still there in minibuffer, while it is expected to go away, like is the case with C-] command. Of coure, C-x C-f is only an example. Same happens with other commands as well.

1
問題はあまり明確ではありません。 emacs -Q からレシピを提供することを検討してください。また、Emacsバグレポートを提出することを検討してください: M-x report-emacs-bug
追加された 著者 Ryan Eastabrook,
C-f は1文字分だけ前に移動します。多分あなたは C-x C-f を意味していたでしょうか?もしそうなら、あなたが描いていることは、私が見ているものではありません。バグレポートを提出することを検討してください。
追加された 著者 Ryan Eastabrook,
更新しました。これがバグか新機能かはわかりません。
追加された 著者 telegott,
ごめんなさい。もちろんC-x C-f。
追加された 著者 telegott,

答えはありません

0