Arduino UnoのBLE特性値を読む

私はArduino Uno、RGB Led、HM-10 BLEモジュール、Androidデバイスを使ってSmart Ledプロジェクトを構築しようとしています。

HM-10をAndroidデバイスと接続し、Android BlueDroidスタックを使用して特性値を読み書きできます。

しかし、このプロジェクトがうまくいくためには、私はArduinoの特性値の変化をチェックし、色の値を処理し、LEDを点灯させる出力を生成する必要があります。

I thought I could possibly use AT commands (like AT+Name? AT+POWE? AT+CHAR?) parse their result , but I couldn't find any AT command to read characteristic value. If anyone know such working AT commands for HM-10, please answer?

Also, I looked into CurieBLE library from Intel for Arduino. I think the library is to work on an Arduino board which has BLE hardware as a built-in feature. If that's not the case, please help me how can I communicate Arduino and HM-10 using CurieBLE or any other available library?

1
HM10にロードされているファームウェアのマニュアルを見つけるか、TI CC254x SDKとプログラマを入手してHM10を汎用CC254x開発ボードとして扱い、独自のプログラムを作成する必要があるようです。
追加された 著者 rossp,

2 答え

私はArduino UNOとHM-10に連絡することができました。 Androidアプリケーションを使用してBLEに特性を書き込むたびに、正確なバイトはArduinoに Tx/Rxチャネルに送信され、 SoftwareSerial Arduinoライブラリを使用して読み取ることができます。

CurieBLEライブラリは、Intel Curie Moduleを搭載したGenuino/Arduino 101ボードで動作します。

0
追加された
これは遠隔で「方法」に答えようともしません。それはちょうど "何"に答える。
追加された 著者 RubberDuck,

私はこのサイトでHM-10について議論し、すべてのATコマンドをリストしたデータシートにリンクしています。セット/クエリ特性ATコマンドは、24ページの#13としてリストされています。

データシートのリンク

"Bluetooth 4.0 with HM-10" tutorial for MIT course "How To Make (almost) Anything"

お役に立てれば。

0
追加された
リンクが壊れたり動かされた場合に備えて、リンク先の情報を追加すると便利です。
追加された 著者 Yoni Baciu,