信号の周波数に位相雑音を加える

私は位相ノイズのための簡単な信号を実装したい。私の監督によると、私はfrquencyに位相ノイズを追加しています。これが私の信号です。 B = cos(2 * pi *(fc + deltaf)* t)の信号でA = cos(2 * pi * fc * t)ここでどのように私はデルタfを定義するか?

その後、私は両方の信号をfftを使って分析すると、B信号のスペクトルはA信号のスペクトルよりも広くなければなりません。

0

1 答え

まず、これは、モデル化したい位相ノイズの性質に依存します。 deltaf が定数の場合は、単なる周波数シフトであり、実際には位相ノイズとはみなされません。本当に必要なのは、 deltaf t と同じ長さのノイズベクトルになることです。 matlabのフォーマットでこれを行うことができます:

t=0:255;
fc=0.2; %just an example
deltaf = 0.001*randn(size(t));
B=cos(2*pi*(fc+deltaf).*t);

この場合、周波数には有限の分散があることに注意してください。しかし、位相の分散は時間の経過とともに直線的に増加します。これは必要な場合とそうでない場合があります。有限の位相分散を持つには、次のようなことがあります

t=0:255;
fc=0.2; %just an example
ph_n = 0.0001*randn(size(t));
B=cos(2*pi*fc*t+2*pi*ph_n);

通常、これらの信号は、三角法のアイデンティティを使用して分析し、ノイズ部分が小さいと仮定するか、ノイズ成分に対してテイラー級数展開を使用して解析することができます。

1
追加された