Connes WindowのIFFTを取る方法は?

Connes Window関数は次のように定義されます。

w(f)=$(1-(\frac{f}{ \Delta f})^2)^2$ for $f<|\Delta f| $

w(f)=0 otherwise

この関数の逆フーリエ変換は、純粋に実数値の関数であると分析的に計算することができる。

しかし、matlabを使ってIFFTを実行すると、実数部と虚数部の複雑な関数が得られます。 私が使用したコードは次のとおりです:

delta_f=10;

fs=300; 

nCyl = 5;

t=0:1/fs:nCyl*1/f;

x=(1-(t/delta_f).^2).^2;

plot(t,x);

NFFT=1024;  

X=fftshift(ifft(x,NFFT));       

fVals=fs*(-NFFT/2:NFFT/2-1)/NFFT;   

plot(fVals,real(X),'b'); 

私は、この矛盾は機能が区分的であることと関係があると考えています。 私が紛失しているものはありますか?

0
最初のサンプルと等しい最後のサンプルですか?それはあってはならない。それは周期的でなければならない。 ifft([1,2,3,4,3,2,1])は複雑ですが、 ifft([1,2,3,4,3,2])は本当ですか
追加された 著者 Michael Haren,
[1,2,3,4,3,2] は対称で、最初のサンプルは最後のサンプルの直後にあります。たとえば、 [1,0,0,2,0,0] です。 [a、b、c、d、e、d、c、b] の形式のものはすべて実際の変換を行います。
追加された 著者 Michael Haren,
それはまだ想像上の価値を与えています。しかし、あなたが与えた例はどうして起こりますか?同一の逆フーリエ変換を行うべきではないか?
追加された 著者 wr0ng.name,

答えはありません

0