パルス圧縮技術における中心周波数によるパルス幅の変動

Assume a chirp with BW = 1 Hz (frequency range 0-1 Hz) for a period of 700 sec. The pulse compression technique (obtained through auto correlation function) applied on the chirp generates a pulse with the main lobe width of 1.0 sec. However, on changing the frequency range to 1-2 Hz ( the BW is same) , the width of the main lobe of the generated pulse changes to 0.6. The image shows the compressed pulse obtained from two different chirps at 0-1 Hz and 1-2 Hz frequency range,respectively

私はこの背後にある理由を知りたい。理論的には、メインパルスの幅はBWのみに依存する。 (= 1/2BW)

0
プロットを取得した場所を指定することができます。上記は整合フィルタリング後のチャープのプロットであると思われますが、正しいのでしょうか?
追加された 著者 albert,
はい、プロットはy = xcorr(チャープ、チャープ)です(正規化された絶対値)
追加された 著者 Ali1S232,

答えはありません

0