分解反応に臭素だけが使われるのはなぜですか?

なぜ特定の臭素が分解反応に使用されるのですか(ホフマンブロミド)?塩素やヨウ素を使って同じことができないのはなぜですか?

換言すれば、他のハロゲンガスと比較して、臭素がより簡便な試薬になるのは何ですか?例えば、アルカンのハロゲン化の間、我々は反応の爆発的性質のためにフッ素を使用せず、ゆっくりした速度のためにヨウ素を使用しない。理由はこれに幾分似ていますか?

私は、単一塩素化および一臭素化がモノヨード化および一フッ素化よりもはるかに容易である方法と幾分類似しているかもしれない動態的要因のために考えた

4

1 答え

そうではありません。

アルカリ性条件下で、第一級アミドのアミンへのホフマン転位は、塩素でも行うことができる。しかし、なぜ臭素がはるかに便利な場合に塩素で作業するのですか?


可能であれば塩素上の臭素を選択することは、実践的な実験室経験を持つ皆にとって明らかな決定です!

Under standard conditions, bromine is a liquid and can be added using a dropping funnel, while chlorine is a gas, which makes adding stoichiometric amounts much more tedious.


Hypohalites have been used too: in the presence of alkanols, rearranged carbamates are formed. Under acidic conditions, hypervalent iodine compounds have been shown to be effective.

5
追加された