アメリカンの生産過程で原子数が2つに変化しないのはなぜですか?

enter image description here

ウラン238の爆発を見ると、これは私が見るものです。

まず、中性子に衝突した92個の陽子を持つウラン238原子を見る。中性子は次にベータ崩壊して陽子になる。そこで、我々は中性子が陽子に崩壊し、原子数と質量数が1ずつ増加するにつれて、Neptuniumを得る。電子も原子から放出される。

それは理にかなっている。

プルトニウム239の砲撃の第2の式を見る。

94陽子のプルトニウム239は2つの中性子で砲撃を受ける。これらの中性子はベータ崩壊を受けてプロトンを生成する。したがって、原子および質量の数は2つ増加しなければならない。実際、質量数は2だけ増加する。原子番号はそうではありません。電子も放出される?理由もわからない。

2
1つの中性子だけが崩壊する。
追加された 著者 Dave Gregory,

1 答え

混乱しているのは、実際には2つの反応だということです。 2つの中性子が捕捉され、続いて1つのベータ崩壊が捕捉される。

$$\ce{^239_94Pu ->[2(n,\gamma)]^241_94Pu->[\beta^-]^241_95Am}$$

最初の反応は新しい核を励起状態にしておくので、ガンマ線が放出されます。 2回目の反応は実際にはかなり遅く、半減期は約14年です。ベータマイナス崩壊だからこそ、電子が放出されるのです。

4
追加された