可逆的化学反応の自発性 - 両側?

Does the reversibility of a chemical reaction make it spontaneous from both sides also? (i.e.: forward & backward reactions) If not then is there any relationship between $\Delta G$ of forward and backward reactions. Am I right to assume that if $\Delta G$ of one of the process is positive then $\Delta G$ for the reverse process must be negative. So at equilibrium $\Delta G = 0$ ?

1
はい、あなたが正しい。平衡$ \ Delta G = 0 $で
追加された 著者 M.A.R. ಠ_ಠ,
つまり、ある反応は負の自由エネルギーを持ち、もうひとつの反応は正のエネルギーであると結論づけます。それは両方が可逆的であることを意味しますか?あなたはそこからそれを取る。
追加された 著者 M.A.R. ಠ_ಠ,
追加された 著者 therefromhere,

1 答え

詳細については、こちらをご覧ください。

我々は、式$ \ Delta G = \ Delta HT \ Delta S $を知っており、左反応$ H Delta \ text {r} = c $の場合、他の反応$ H Delta \ \ sum \デルタH_ \ text {f} \ text {\} \ text {r} = - c $(デルタH_ \ text {r} {(反応物)} $)

エントロピーの変化と同じです。$ \ Delta S $:左辺の反応$ \ Delta S_ \ text {r} = c $の場合、他の反応については\ \ Delta S_ \ text {r} = - c $デルタS_ \ text {r} = \ sum \デルタS_ \ text {f} \ text {(product)} - \ sum \デルタS_ \ text {f} \ text {(reactant)} $)。

したがって、反応の逆の場合、両方の $ \ Delta H_ \ text {r} $と$ \ Delta S_ \ text {r} $が反対であるため、$ \ Delta G_ \ {r} $は逆になるので、平衡$ \ Delta G = 0 $になるので、どちらの方法も熱力学的に有利ではない。

In fact, how much a reaction (warning: reversible reactions isn’t the same as reversible processes, not to be confused) is reversible そして the direction it proceeds is determined not only from thermodynamics (I would say much more from other factors), but from Le Chatelier’s principle (temperature, pressure, concentration), catalysts そして of course activation energy.

したがって、反応とその逆の$ \ Delta G_ \ text {r} $の関係と、平衡$ \ Delta G = 0 $での事実を見てきました。

それは注意する必要があります:

"反応"(r)を参照する$ \デルタG_ \テキスト{r} $、$ \デルタH_ \テキスト{r} $、$ \デルタS_ \テキスト{r}

そして

$\Delta G_\text{f}$, $\Delta H_\text{f}$, $\Delta S_\text{f}$ refer to “formation” (f) (of chemical compounds そして elements)

1
追加された