能力の低下(自然な)攻撃と致命的なダメージ

Some creatures in D&D 3.5 have ability drain attacks, such as the Fang Dragon's bite attack. I remember reading somewhere that for such an attack to actually 'drain' it has to deal lethal damage, implying that for non hostile situations such a creature could use it's bite attack to inflict subdual damage and not permanently damage it's opponent.

以下のスニペットは、Draconomiconから抜粋して、例の能力を示しています。

能力ドレイン(Su):ファングドラゴンにはブレス武器はありませんが、   犠牲者が懲罰を免れた​​場合、その咬合は憲法を廃止する。ザ   憲法のポイントが消耗し、セービングスローDCが   添付の表に記載されています。

問題は、私がそれを読んだ場所を思い出すことができず、それを探しているときにそれを見つけることができないということです。誰かがこの特定の本、ルール、またはページがこの主題をカバーしていることを知っていますか?そして、私の「仮定」が正しいかどうか?

4

1 答え

能力排水ルールでは、次のように述べています。

この効果は、生きている相手の能力得点を永久に減少させます   そのクリーチャーは近接攻撃を受ける。

損害は言及されません。実際には、 Shadow にはHPのダメージを与えない攻撃があります(1d6 STRのダメージのみ)。

被害軽減には次のようなことが書かれています。

ダメージの軽減は、   それに付随するほとんどの特殊効果も無効になります   怪我タイプ毒、僧侶の驚くべき怪我タイプ、怪我タイプ   疾患。ダメージ軽減はタッチ攻撃、エネルギーダメージを否定しません   攻撃、またはエネルギーの流出に対処する。それは影響を及ぼさない   吸入、摂取、または接触によりもたらされる毒または病気。

非タッチ攻撃として、能力低下はそのリストに記載されていません。恐らくDRが完全に損傷を止めることができれば、流出は起こらないだろう。しかし、致命的でないダメージは、それだけでそれを止めることはありません。

牙龍の場合、能力排除能力は超自然的であるため、致命的でない攻撃の一部として使用することはできません。あなたがしたくなければ、あなたはそれをオンにしなければならないと私は信じていません。

6
追加された
@BasJansenかもしれない、私はその部分に明確な判決を見つけることができません。それが毒ならば、それはたぶんExとSuではないでしょう。
追加された 著者 maznika,
@BasJansenうん。私は、ダメージ軽減についての注意を追加しました。しかし、DRなしでは、私が致命的であるか非致死的であるかを示すことができる限り、違いはありません。
追加された 著者 maznika,
違いは、牙ドラゴンが能力を低下させている間に影が能力ダメージを与えることです。さらに、ドラゴンの能力を読んだり解釈したりするのは、それが自動毒/流出型の何らかの形であり、 (これは制御できない超自然的なダメージ低減のように)オンまたはオフになります。
追加された 著者 user7333,
それはまさに私が推測するこの質問の理由です:)
追加された 著者 user7333,
私はDRセクションを読んで、私の質問に述べたようにそれを解釈するかもしれないと思う。 DRの部分は、ダメージが取られなければ特別な影響が適用されないということを明確に示しています。私がしなければならないと思われる仮定(間違いの可能性)は、私の頭の中で、/i>
追加された 著者 user7333,
@BasJansenあなたは、超自然のDRがオフにできないことをどこで見つけましたか?
追加された 著者 Matthew Najmon,