日本の「ライダーハウス」/「ライダーズハウス」の詳細はどこですか?

私はちょうど "ライダーハウス" - "ライダーズハウス"と呼ばれる自転車や多分バイクツアーの人々のために、日本では非常に興味深い種類の非常に興味深い種類の宿泊施設を学んだ。

記事を参照してください.Google翻訳は非常に難しいですが、完璧な仕事をすることはできません。

これらの宿泊施設、特にそれらを見つけるのに役立つリソースについて教えてくれるリソースはどこにありますか?


たとえば、私が思っていることのいくつか:

  • バイバイ以外の人も歓迎ですか?ヒッチハイカーなど?
  • 通常、あなたは探検する間に荷物を預けることができますか?通常は安全でしょうか?

(私はここで答えを期待しているわけではありません。私の例題の質問に答えるだけではなく、そのような答えを含む情報を持つサイトの全体的な質問だけです)。

9
google.com/search?q=riders+houses+japan かなりの数の結果がありますが、それらの中心的なディレクトリが少しだけ質問しているかもしれません。彼らはかなり季節的なようにも見えるので、ディレクトリはいつも古くなるでしょう。
追加された 著者 tghw,
そのウィキペディアのページの下部にもいくつかの外部リンクがあります。私は日本語を読むことができませんが、地図上にたくさんの点があるようです...
追加された 著者 tghw,
WarmShowers - サイクリストのサイトのcouchsurfingのようなものでしょうか?
追加された 著者 Peter Burns,
私たちに季節性についてのより多くの情報を与えた情報源は良いでしょう。季節性であることが知られている物のディレクトリは、彼らが最新の状態に保たなければならないことを知っているので、まだ存在する。
追加された 著者 Rufo Sanchez,
ああ私は外部のリンクを見落とした - ありがとう!
追加された 著者 Rufo Sanchez,
それ以前にそのことを聞いたことはありません、Markに感謝します。
追加された 著者 Rufo Sanchez,

1 答え

ライダーズの家は超商業寮であり、しばしば非商業的な趣味や地域社会の支援を受けて運営されています。名前が言うように、主な聴衆は電動とペダルで動くバイカーですが、誰でも歓迎します。しかし、公共交通機関(放棄された住宅、閉鎖された支店の旧駅、大きな農村住宅の予備の部屋など)では到達することが困難な場所に頻繁に配置されているため、実際にはあなた自身の車輪なしでそれら。

ライダーズハウスとバックパッカーの寮の主な違いは、自分の寝具を持たなければならないということです。寝袋などです(通常はマットレスが用意されています)。これは主に法的な理由によるものです。そうでなければ宿屋とみなされ、所有者は結果として生じた書類作成に対処したくないからです。ライダーズハウスの長期滞在も歓迎され、一晩以上の滞在を禁止するものもありますので、一般的に地域を探索するのに適していません。

そして、はい、 Hatinosu と書かれているディレクトリがあります(浜の須 )、日本語のみです。名前は "ミツバチの巣"を意味します。なぜなら、北海道のバイカーのニックネームは明白な理由からミツバチ族、ミツバチ部族であるからです。今日まで北海道のバイカーブームは90年代後半にピークを迎えたものの、北海道ではライダーの家が他の国よりも多く集まり、数字は急激に減少しています。また、短い夏の間に北海道の自転車を運転する人は誰もいないので、大多数は6月から9月程度しか開いていないことに注意してください。

10
追加された
答えをありがとう!私は昨晩私の最初のものにとどまった。北海道北部のノシャップの家に付いていた元屋。それは一年中開いていますが、私は今年で3番目のゲストです。私が2000円で期待したほど安くはなかった(布団2500枚)。私は、Wi-Fiを含むホステルの本物のベッドの料金を少なくしました。私はまだそれが好きだった。チェックアウトする前に、私は岬の西側を歩いて富士見へ行きました。そこでライダーハウスを見つけました。標識は750円です。一晩はヒーターとシャワーが付いていて良かったけど、今は野宿に戻っています( - :
追加された 著者 Rufo Sanchez,