可能な(ビット)パターンのネットマスク

接頭辞 Y が与えられれば、対応するネットマスクを計算するのは簡単です: Y にセットビットを乗じ、32ビットになるまで " (IPv4)を使用します。

例:

プレフィックス 24 、したがって、ネットマスク 11111111 11111111 11111111 00000000 または 255.255.255.0

Can there be a netmask with a different bit pattern, such as

  • 00000000 11111111 00000000 11111111 (0.255.0.255)
  • 00000000 11111111 11111111 11111111 (0.255.255.255)
  • 11111111 11111111 11111111 00000001 (255.255.255.1)

これらのケースでは、 "接頭辞"を明示的に指定しても機能しません。

(私は答えが "いいえ"だと確信していますが、いくつかのネットワークコードを書いています。これはすべての可能なケースで動作する必要があるため、101%にしたいと思います。)

13

4 答え

RFC950 states that

サブネットを識別するビットはビットマスクで指定されるため、   住所の隣にある必要はありません。ただし、   サブネットビットは連続しており、最上位ビット   ローカルアドレスの。

ほとんどのデバイスは、これを実施するためにこの勧告に従います。私は2012年にLinux専用ネットワーク上で非隣接サブネットマスクを使用することに成功しました。私がテストしたWindows、OSX、Cisco、およびHPのデバイスは処理/許可されませんでした。

9
追加された
これは明示的に連続したマスクが必要な RFC1519 によって置き換えられたと私は考えています。
追加された 著者 Bill Forster,
@grawityそうかもしれない。 "見つかった"唯一の顕著な制約は、マスクを連続したままにしなければならないということです。 " CIDRについて話していたが、文脈を取得するのに十分な読み方ではなかった。
追加された 著者 Kev,

プレフィックスとネットワークを使用している場合、答えはいいえ、ビットは連続している必要があります。ワイルドカードマスク(マスクの逆数)を使用することができる場合がある。 Cisco ACL、およびそれらは任意のビットパターンになります。たとえば、ネットワーク上のすべての奇数番号のホストからのトラフィックをブロックすることができます。これはまだ教えられているようですが、現実の世界では(私はそれを見てきましたが)非常に頻繁に使用されているのを見たことはありません。

7
追加された

いいえ、ネットマスクは連続する一連のものです。

(他は「ワイルドカード」パターンです。)

3
追加された
私はそれを非常に疑う。現代のルーティングハードウェアはそれを可能にしません。 80年代のルーターには、今日のIPの仕組みに多くの問題があります。 (90年代後半に問題があったとしても、すべてゼロのサブネットを使用していないと言っていました)その時代から私がまだ持っている唯一の2つのデバイスは、連続していない ネットマスク。 (WTI pdus、まだ10bTポートを持っているので、まだ周りは何も話していません。ほとんどの場合、インターネット )。
追加された 著者 Neall,
本当じゃない。 30年前にたくさんあった。まだいくつかの操作があるかもしれません。
追加された 著者 I.devries,

TCP/IPが最初に出てきて広く普及したとき、実際には非連続マスクを持つサブネットがたくさんありました。しかし、アドレスが不足するにつれ、ネットの残りの部分にかかるオーバーヘッドは、すべてをプレフィックスベースのみにするのではなく、これらのプレフィックスのグローバルルーティングを可能にする。あまりにも多く、グローバルネットワークはサポートするプレフィックスだけに変更されました。実際には、隣接しないマスクを内部で使用するレガシーネットワークが存在する可能性があります(多くのIGPがこれをサポートしています)。しかし、そのようなネットワークがインターネットに接続するとき、それはすべてをカバーし、BGPにアドバタイズする単一のプレフィックスを持っています。そして、もちろん、EGP(BGPの前身)はClassfulアドレッシングだけをサポートしていました。

私は何らかの理由で内部的に非連続的なネットマスクを使用していたオリジナルの問題クラスAネットワークを持ついくつかのプレイヤーを知っています。彼らのうちの誰かがそれをやっているのかどうかは分かりません。それらの多くはもう終了しません。 ARPAnetの内部ネットマスクは255.0.0.255(IIRC)でした。

2
追加された
@MAPあなたはこれについて何かサポートリファレンスを持っていますか?おそらく伝統的なRFC?関連するニュース記事であっても、議論の場を提供する可能性があります。
追加された 著者 Domenic,
無論。これは、CIDR、クラス、または集約とは何も関係ありません。ネットマスクは常に連続しています。
追加された 著者 Neall,
サブネットを識別するビットはビットマスクによって指定されるため、アドレス内で隣接する必要はありません。 ただし、サブネットビットは連続しており、ローカルアドレスの最上位ビットとして配置することをお勧めします。これは今日使用されているSHOULD/MUST表現を持ちませんが、誰もが最新のサブネット機能を構築しています。 30年以上のネットワーキングで、私は不連続なサブネットを可能にする技術に遭遇したことはありません。
追加された 著者 Neall,
@RickyBeamあなたは間違いなく情報なしです。私の30年のネットワークエンジニアリングでは、多数の非連続的なネットマスクが発生しました。私の答えでは、私は例を提供しました(おそらく、クライアントとNDAの下にない唯一のもの)。
追加された 著者 I.devries,
申し訳ありませんが、私の30年前の文書が詰め込まれ、その時のあなたの間違った記憶を訂正します(あなたは1982年にどこにいましたか?)。
追加された 著者 I.devries,
具体的には、トピックに関するRFC1219が見つかりました(ただし、非コンティグマスクが存在していたという特定の場所は実際には存在しませんでしたが、全文はPaulが認識していたことを示しています)。また、RFC1519(第12頁の第2段落)では、ヴィンスは、CIDRが隣接するマスクの制約を加えていることを具体的に述べており、そうでない場所があることを知っていたことを暗示しています。最後に、FreeBSDのリストにある電子メール: lists.freebsd.org /pipermail/freebsd-net/2004-April/003648.ht‌ ml には、2004年にクライアントが登録されていることが記載されています。
追加された 著者 I.devries,
OK、私は著者の個人的な知識を追加していると思います。私は彼が実際に使用されている非隣接マスクについて知っていたことを知っています。私は彼が一度それらのネットを走らせたと思います。そして、古いマスクは常に左に少なくとも1ビットを持っていたので、おそらく右の連続したマスクを持つことはできませんでした。なぜ私はあまりあいまいな方法でそれを言いましたか分かりません(IETFおそらく意図されたものを実現した)。私は、このパラグラフが、現在のRFCプロセスに耐えられないかもしれないことに同意します。ただし、それは、置き換えられたRFCの中で守られています。
追加された 著者 I.devries,
私は、RFC 1519のページ12は実際にあなたのケースを傷つけると思います。関連する唯一の文は " マスクが隣接 のままでなければならないという唯一の未解決の制約です。 (強調鉱山)マスクはクラスルーティングによってクラスによって暗黙/仮定され、3つの連続マスクしか使用されておらず、CIDRのRFCは隣接マスクを指定しているので、あなたの答えが間違っているようです。 FreeBSDのリスト投稿は私にとって謎です。
追加された 著者 Todd Wilcox,
置き換えRFCは4632です: tools.ietf.org/html/rfc4632 スラッシュ表記は"prefix length "という言葉が何度か出現しますが、非連続マスクがサポートされていても意味をなさないでしょう。 RFC 950では、初期段階で非連続マスクを使用したシステムが存在する可能性があるが、これをアップするとTCP/IPが現在どのように動作しているのか理解できなくなり、非常に混乱する可能性があることは明らかです。
追加された 著者 Todd Wilcox,
例えば、 RFC 950 を参照してください。 Page 15では、255.255.255.88のネットマスクを使用した例を示します。
追加された 著者 Ross Presser,
または単にGoogleに「非連続的なネットマスク」という用語を使用します。
追加された 著者 Ross Presser,
RFC 950には、連続していないネットマスクを指定した実際の例があります。
追加された 著者 Ross Presser,