1 答え

Please excuse my lack of quotes and perhaps improper terminology. Heidegger is abound with very specific terminology.

To be responsible but not accountable is a very subtle distinction in most concepts of the word. But the difference is clearly defined in Heidegger's definition of Dasein, "This entity which each of us is himself…we shall denote by the term 'Dasein'". Since Dasein is being of and in accordance with its true self "Being-in-the-world", the responsibility is in acting in accordance with this self.

したがって、あなたはいかなる規則や要求に対しても責任を負いません。あなたは必然的に行動しており、Daseinの定義にカプセル化されているものだけを考慮に入れています。

アカウンタビリティは代わりに、その目的がそれに帰されるため、「すぐに手に入る」オブジェクトの属性です。 Daseinは外部から割り当てられた属性や役割を持たないため、Daseinはそれ自身では責任を負いません。

また見上げる...

  • "Thingness":これは、ハイデガーのコンセプトの個人的な性質を解明するのに役立つ、

    "Them-self":これは、Heideggerの真の自己(Dasein)の定義と、私たちがエージェントとやりとりしている一般的な概念の違いをよりよく理解するための具体的な参考文献です

3
追加された
私はHeideggerのニーチェの解釈を読んだとは言えません。Being and Timeで議論されていることを思い出しません。
追加された 著者 Daniel Schierbeck,
ああええ良い明確な答え、引用符の不足については恥ずかしい!私はとにかくそれを受け入れるつもりですが、それは直感的な多くの意味があります
追加された 著者 user6917,
こんにちは私はこれをもう一度噛んでいますが、あなたがこれが永遠のリターンの理想に結びついていると感じたかどうか疑問に思っただけです。価値を持っているならば、すべてのものの責任を負っている誰かを見ることはできません
追加された 著者 user6917,
大丈夫、返事のためにta
追加された 著者 user6917,