人生を生きる方法を理解しようとする人を攻撃することについて間違っているのは何ですか?

Original Source: Michael E. Tigar BA JD (Univ. of California, Berkeley), “Defending,” Texas Law Review 74 (1995).
Source: p 196, How Can You Represent Those People? (2013) by Abbe Smith, Monroe Freedman (Editors)

      In telling about stepping into the stream between past and future, I make clear why I part company with those who criticize my representation of this or that person. I owe those detractors no duty of explanation. My private reasonings are mine to share or not as I should wish. [1.] By focusing on some purported obligation of personal justification, these misguided souls are missing the entire point of the journey. I am not trying to set an example. [2.] I am trying to understand how to live my life. Je voudrais apprendre à vivre enfin. [I know that this is a quote from Derrida, but whom I have not read.] [End of 2.]
    I can say I am not trying to set an example. I realize that by making some public expression—for the lawyer as for the artist—one is condemned to signify. Neither the artist nor the advocate can plausibly claim to be tracing figures on the inside walls of his mind, for his own delectation.

私のパラ相が間違っている場合は、私を修正してください:1では、彼の批判者は、彼のクライアントの(知覚された)不道徳と、刑事弁護士が論争のクライアントを守るための理由を正当化する必要があると主張して、

2では、Tigarは議論の余地のあるクライアントを防衛する理由を明確にして、嫌がらせ者を反駁します。彼の私の人生の生き方を理解しよう

しかし、人生を生きる方法を理解しようとしても、悪い行動を擁護するものではないので、なぜ2を誤って攻撃しているのでしょうか?ティガールは本当に生きる方法を理解しようとしているかもしれませんが、彼の試みは重大な問題を引き起こすかもしれませんか?

0

1 答え

彼の防衛は純粋な論理で作ることはできないと思います。 「私は自分の人生の生き方を理解しようとしています」から「私はこれらの批判者に説明の義務はありません」と言い返し、より一般的に言い換えると「彼らは私を傷つけるのは間違っています。

多くの人が、他人とやりとりすることなく、あなたが孤立して行うことはあなた自身のビジネスだと考えていますが、あなたが他者とやりとりしていることは一般の関心事です。私は彼がどこから来ているのかもしれないと思う。しかし、彼は「私の私的思考は私自身100%で、誰もそれに触れることはできません」「私のビジネスは100%公共事業であり、私の個人的考えとはまったく無関係」と非常に鋭く線を引くことを選択します。このような場合、彼の嫌がらせ者は自分のビジネスを苦情の対象とし、個人的な考えを残しておく必要があります。

公的なものと私的なものとの境界線がどこに引かれているか、それがどれくらい完全に鮮明でなければならないかについての彼の主張に同意すれば、彼は他の重大な問題を引き起こしているとしても合理的です。その論理によって、批判者は、彼の私的な事業をエンシストすることに焦点を当てるべきであり、それを追放して、生きることを学ぶことに苦しんでいくにつれて、彼はそれ以上のダメージを与えることができない。もしあなたが反対し、公的と私的の間の線が見えるよりも濁っていると思っているならば、彼の議論は非常に早く容認されるでしょう。

2
追加された
私はその文の中で「プライベート」を使っていたはずです。 「パブリック」という言葉には意味がありませんでした。嫌がらせ者は、彼の私生活を他の人を傷つけることから隔離するか、またはそれを吐き出し、遠くに押し出すべきです。
追加された 著者 shimonyk,
私はそれに応じてそれを編集した
追加された 著者 shimonyk,
申し訳ありませんが、最後の段落に「enc-cysting」と「exiling」とはどういう意味ですか?
追加された 著者 Xaero,