gitolite:任意のrepo RW + CDのRWユーザーが自分の個人ブランチに移動できるようにし、他の人を許可しない

gitoliteでは、RW + CDのリポジトリに許可されているすべてのユーザーに、個人支店にすべての書き込みを許可したいと思います。言い換えれば、誰にでもプロジェクトをRWにすることが許可されている人は、ブランチを作成することが許可されていなければなりません。

私は基本的にこれを次のようにすることができることを理解しています:

    repo    some-repo
            RW+CD   = admin
            RW  = foo frob
            R   = bar
            RW+CD dev/USER/ = foo frob #admin

それは、すべてのリポジトリのユーザーリストを本質的に複製する必要があることを意味します。これは少量のリポジトリでは問題ありませんが、リポジトリやユーザーの数が増えると間違いなく醜いものになります。

私はこのようなことを考えました:

    repo    @all
            RW+CD dev/USER/ = @all

しかし、それはそうでなければ他の人が読んでいる権利を持っていなくてもすべてのプロジェクトのすべてのユーザーに少なくとも読んでアクセスできるようです。

これに最適なソリューションは何ですか?

4

1 答え

1つの解決方法は、ワイルドカードレポまたは "wildrepo"

ユーザーgitoliteドキュメント」に記載されています。

Note that "CREATOR" is a reserved word that gets expanded to your userid in some way, so the admin can literally add just the first two lines, and every authenticated user now has his own personal repo namespace, starting with pub//

ここで言及されている最初の2行は次のとおりです。

repo pub/CREATOR/..*
    RW+     =   CREATOR

これが完了すると、どのユーザーも次の操作を実行できます。

2
追加された