後部ディスクキャリパーは収まりません、ディスクマウントは曲がっていますか?

MTBをディスクブレーキにアップグレードしています。 私はディスク互換ホイールとシマノM446ポストマウントキャリパーと160mmのローターのセットを持っています。

フロントフォークは、ポストマウントワゴンにかなり早く飛び乗ることを決めたマニトウです。フロントをセットアップするのは簡単でした。ディスクをホイールに取り付け、キャリパーをフレームに取り付け、すべてを整列させます。完了しました。

リアディスクマウントは51mm ISなので、シマノリアISをポストマウントアダプタに購入しました。 リアの160mmディスクをホイールに取り付け、ホイールを取り付けてドロップアウトに素早く座っていることを確認しました。

リアキャリパーをアダプターに取り付けようとすると、フィットしないことに気づいた。アダプターの長さは数mmほど離れているので、キャリパーのボルトは収まりません。上から見ると、ディスクとアダプターは平行ではありません。アダプター自体は損傷しておらず、まっすぐです。問題は、ISディスクがフレーム自体に取り付けられていることです。ディスクが(わずかな)角度にあり、ディスクと平行ではないようです。キャリパーとディスクの角度のため、スペーサーを使用して問題を解決することはできません。私の知っている限り、自転車にはクラッシュダメージはなく、ディスクマウント付近には損傷の兆候はありません。フレームの製造に何か問題があったでしょうか?

スチール製のフレームの場合、ディスクマウントとディスクが平行になるように慎重に曲げることができますが、これはアルミニウム製であるため、フレームを損傷する恐れがあります。私の選択肢は何ですか?角度差をキャンセルする非対称スペーサーを製作することはできますか?

2
オプションはリムブレーキ付きの新しいフレームまたはスティックです
追加された 著者 Topener,
Whatsブランドは自転車のフレームで、古いブランドのフレームには時には生涯保証が付いていて、通常は数年かかることがあります。品質管理の悪いISISタグを使用していても、そのような方法で簡単に工場を出ることができます。
追加された 著者 Topener,
ありがとう、しかし、新しいフレームは残念なことにオプションではありません。リムに戻すことはオプションですが、好ましくはありません。後で正確な問題を示すために写真を投稿します(角度はかなり小さく、キャリパーを正しく調整する方法が必要です)
追加された 著者 NARENDRA SINGH,

1 答え

ディスクブレーキタブに面するツールが呼び出されます。

DT 1.2 Disc Brake Tab Tool

このツールは、ロータのキャリパーとの位置を正しく合わせるために、ISディスクブレーキのタブとフレームのドロップアウトの位置合わせを修正するように設計されています。

Park Tool Repairヘルプブログ:

ディスクブレーキマウント(ISタイプ)とDT-1

この記事では、Park Tool DT-1 Disc Brake Mount Facing Toolの使用方法について説明します。 DT-1は、ディスクブレーキマウントを平坦、平行、同一平面内で機械加工するように設計された精密工具システムです。 DT-1を使用すると、適切なディスクブレーキのセットアップとパフォーマンスが保証されます。

DT-1には、10mmアクスルと9mmアクスルを使用したフレームのディスクブレーキマウントに直面するために必要なものがすべて含まれています。また、12mm貫通軸と20mm貫通軸を使用するフレームにディスクブレーキマウントを向けるための特別なアダプターブッシュも含まれています。

enter image description here

精密切削工具であるため、DT-1は非常に注意して使用し保管してください。毎回フェイザーのブレーキマウントと切削チップに、切削液(Park Tool CF-2 Cutting Fluidを推奨)を常に自由に塗布してください。保管する前、特に湿気の多い場所や湿気の多い場所では、コンポーネントを清潔に保ち、直面のカッターを定期的に油性の布や防錆剤で拭いてください。 DT-1は、元のパッケージまたは他の安全な場所に保管してください。すべての切削工具と同様に、DT-1に付属のカッターは、資格のある技術者によって定期的に交換またはシャープニングする必要があります。

ツールのインストール:

135mmリアフレーム:より長いアクスルをDT-1の本体に挿入します。アクスルのピンチボルトは、背面に向くはずです。 Cクリップ付きの車軸の側面がドロップアウト側に移動します。フレームにフレームを完全に取り付け、アクスルを固定します。注:130mm間隔の自転車は、直面する目的で135mm車軸を受け入れるために容易に曲がります。

enter image description here

135mmフレーム、10mmアクスル

100mmフォークと9mmアクスル:より短いアクスルをDT-1の本体に挿入します。アクスルのピンチボルトは、背面に向くはずです。 Cクリップ付きの車軸の側面がドロップアウト側に移動します。フレームにフレームを完全に取り付け、アクスルを固定します。

enter image description here 100mm wide fork, with 9mm axle.

12mmアクスルリアフレーム:アクスルを左側ドロップアウト、12mm IDスペーサー、DT-1ボディに挿入します。スペーサーの小さい方の端がDT-1の本体に収まります。フレームアクスルを固定します。スペーサーの接触が解除されるまで、DT-1本体を左に押します。固定車軸ピンチボルト。

enter image description here 12mm rear through axle with DT-1.

アクスルフォークから20mm:サイドドロップアウトを通して車軸をDT-1本体と20mm IDスペーサーを通して挿入します。スペーサーの小さい方の端がフォークの左側に面しています(ディスクマウント側)。 DT-1の本体をスペーサーの接触が解除されるまで左に押します。固定車軸ピンチボルト。

enter image description here 20mm through axle with spacer.

対向手続:

  1. Assemble DT-1 into bike as described above.
  2. Loosen knob setscrew. Slide knob to end of facing cutter shaft, next to 10mm hex. Tighten knob setscrew.
  3. Loosen pinch bolt and pivot bolt just enough to allow lower body and upper body to pivot and slide on axle.
  4. Slide body against retaining ring or bushing.
  5. Insert cutter through lower hole of body. Insert piloted tip of cutter fully into hole of brake mount.
  6. Tighten pinch bolt and pivot bolt to lock position.
  7. Turn knob clockwise while applying hand pressure to face surface of brake mount. Remove only enough material to create a clean, flat cut around the face of the mount. NOTE: For speed and leverage, a ratcheting wrench with a 10mm socket can be used to turn the 10mm hex head on the cutter . enter image description here
  8. With teeth of cutter contacting face of brake mount, loosen knob setscrew and slide knob on shaft of cutter until contact is made with body. Tighten setscrew. enter image description here
  9. Pull knob and cutter from lower hole and insert through upper hole. Loosen pinch bolt and/or pivot bolt to fit piloted tip of cutter fully into hole of brake mount, then retighten. enter image description here

カッター歯の位置をメモします。カッター歯がブレーキマウントに接触し、ノブとボディの間に隙間がある場合は、直面して停止します。カッター歯がブレーキマウントに接触する前にノブを本体に接触させるか、またはカッター歯がブレーキマウントに接触すると同時にノブが本体に接触する場合は、ステップ3のようにツールをリセットし、この設定を使用して下部マウントに向かいます。

  1. ディスクマウントの表面に手で圧力を加えながら、ノブを時計回りに回します。ノブが本体に止まるまでマウントに直面してください。対面プロセスは完了です。上下のマウントはきれいな平らなカットを持っていて、面は平行で同じ面にすべきです。フレームからDT-1を削除します。

DT-1の使用に関する注釈:

すべての加工と同様に、Park Tool CF-2などの切削液を使用します。表面に何らかの「チャタリング」がある場合、カットは車軸に対して直角になり、ブレーキはディスクに正しくマウントされます。カッターの圧力と速度を変更して、チャッターを減らします。

enter image description here Use a cutting fluid such as CF-2.

ディスクマウントの表面を切断するときは、ブレーキマウント用の平坦な面を達成することが重要です。下の画像では、両方のマウントが適切に向き合っています。左右のマウントが同じに見えないことに注意してください。しかし、2つのマウントがカッター上の同じ基準に向いていれば、その作業は完了です。

enter image description here Adequately machined caliper mounts.

It is important to note the "foot print" left by the cutter and compare this to the "foot print" or contact area of the caliper body or caliper body bracket adapter. Some mounts require significant machining, and the size of the machined surface may be smaller than the bracket. enter image description here

The adapter bracket above will have a larger contact area then the machined surface. Use spacers in this case. enter image description here

間隔が必要と思われる機械加工された切れ目を閉じる。

enter image description here Spacers in place for the adapter bracket.

If the caliper mount is equal to or smaller than the machined area, no spacer is required. enter image description here

このディスクマウント - キャリパーインターフェースはスペーサーを必要としません。

3
追加された
この答えをありがとう。これは、私がこのツールの現金を持っていなかったことを除いて、私がやったことです。カウンターシンクのドリルビットと古い車軸の上にスライドされた合板を使って、顔がまっすぐで整列していることを確認しました。おそらくこの(非常に良い)ツールほど正確ではないかもしれませんが、私の自転車は魅力的でした!
追加された 著者 NARENDRA SINGH,