民間航空機の飛行中に使用された乗務員文書の構造は何ですか?

オンラインで簡単に見つけられる共通の文書(例としてA320ファミリを使用):

enter image description here
(Source)

彼らは何のために使われていますか?飛行するのに必要なその他の主要文書は何ですか?彼らはメーカーや航空会社とは異なるのですか?彼らは紙やディスプレイで利用可能ですか?

4

2 答え

  • FCOM:この文書には、飛行中に飛行機の乗組員が航空機について知る必要のあるものがすべて含まれています。それはボード上で利用可能でなければならず、パイロットは、パフォーマンスの計算やトラブルシューティングのためにメモリに依存したくない、あるいはそうしてはいけないものを参照します。それは航空機製造業者によって提供されるが、特定の機体の機器および特定のオペレータのSOPに従ってカスタマイズされる。

  • FCTM:この文書では、通常、シミュレータ上で、乗務員が定期的に訓練しなければならないものについて説明します。それは船上にいる必要はありません。

  • SOP:このドキュメントでは、操作の側面について説明します。許容されるクリアランス、減量された離陸推力を使用するためのルール、客室乗務員への通信プロトコルなどの追加の制限がある場合があります。これはオペレータが作成します。手続き側は通常艦隊全体で統一されていますが、特定の航空機に関連する制限もあります。船上で利用できるはずです。

  • QRH:基本的にチェックリストとテーブルを含む上記の文書から抜粋しています。もちろん、船に乗るべきです。

2
追加された

法的に必要な文書は管轄区によって異なる。私はFAAの下にある米国内のケースにしか話すことができません。フライトが2つの管轄区域の間にある場合、あなたの目的地でも準拠する地方条例があるかもしれません。たとえば、米国を出国する場合は、すべての機内に旅券と関連するカスタムフォームが必要です。

彼らは何のために使われていますか?

一般に、これらの文書はすべて参照のために使用されています。アメリカでは、コックピットで個人用の資料を読むことは一般的に禁じられていますが、パイロットは航空機や運行に関する文書を自由に読むことができます。彼らは物事を読むために飛行中の時間を使うことを選ぶかもしれません。

これらの文書には、障害発生時に乗組員が使用する必要のある緊急時の手順も含まれています。

飛行するのに必要なその他の主要文書は何ですか?

飛行機が必要とするものとは別に、乗組員は現行の医学証明書とパイロット免許証を自分の人に持たなければなりません。

If we take a look at FAR 121.135

(a)本sectionのparagraph(c)に規定されている場合を除き、no   証明書所有者は、航空機を運航することはできません。

     
    

(1)     米国の民間航空機として登録されており、     これに基づいて発行された適切な現在の耐空証明     章;

         

(2)耐え難い状態であり、適用される     この章の耐空性要件。     識別と機器へ

  
     

(b)証明書所有者は、   平均、仮定された、   適用可能な耐空性に適合するように重量   要件および動作上の制限。

     

(c)証明書所有者は、   一般的な運送で運行し、郵便の運送には、市民   乗組員なしで賃貸またはチャーターされた航空機。   この条約の締約国である国に登録されている   国際民間航空if-

     
    

(1)航空機には     国によって発行された適切な耐空証明     登録と識別を満たしている     その国の要件;     (2)航空機は型式設計である     米国の証明書の下で承認され、すべての     この章(14 CFR第1章)の要件のうち、     米国で登録された航空機に適用され、     米国の発行に必要とされる要件を含む     標準耐空証明書(型式適合性を含む、     安全な運転のための条件、および騒音、燃料排出、およびエンジン     この章の排出要件)を除き、     登録証明書と米国の標準耐空証明書     航空機には発行されません。     (3)航空機は、     証明書所有者が雇用している米国認定航空会社。 (4)     証明書保有者は航空機のリースまたはチャーターのコピーを提出する     FAA航空機登録局との合意     交通、6400 South MacArthur Boulevard、Oklahoma City、OK     (郵送先:P.O. Box 25504、Oklahoma City、OK 73125)。

  
     

メーカーや航空会社とは異なるのですか?

航空会社は、製造仕様を満たしている余分な書類やチェックリストを公表することがあります。航空機メーカーは、運航上の制限を含む航空機用の文書を公開しなければなりません。 FARの規制の良いチャンクをご覧ください。具体的には、

§23.1581 General.

(a) Furnishing information. An Airplane Flight Manual must be furnished with each airplane, and it must contain the following:

(1) Information required by §§23.1583 through 23.1589.

(2) Other information that is necessary for safe operation because of design, operating, or handling characteristics.

(3) Further information necessary to comply with the relevant operating rules.

(b) Approved information. (1) Except as provided in paragraph (b)(2) of this section, each part of the Airplane Flight Manual containing information prescribed in §§23.1583 through 23.1589 must be approved, segregated, identified and clearly distinguished from each unapproved part of that Airplane Flight Manual.

(2) The requirements of paragraph (b)(1) of this section do not apply to reciprocating engine-powered airplanes of 6,000 pounds or less maximum weight, if the following is met:

(i) Each part of the Airplane Flight Manual containing information prescribed in §23.1583 must be limited to such information, and must be approved, identified, and clearly distinguished from each other part of the Airplane Flight Manual.

(ii) The information prescribed in §§23.1585 through 23.1589 must be determined in accordance with the applicable requirements of this part and presented in its entirety in a manner acceptable to the Administrator.

(3) Each page of the Airplane Flight Manual containing information prescribed in this section must be of a type that is not easily erased, disfigured, or misplaced, and is capable of being inserted in a manual provided by the applicant, or in a folder, or in any other permanent binder.

(c) The units used in the Airplane Flight Manual must be the same as those marked on the appropriate instruments and placards.

(d) All Airplane Flight Manual operational airspeeds, unless otherwise specified, must be presented as indicated airspeeds.

(e) Provision must be made for stowing the Airplane Flight Manual in a suitable fixed container which is readily accessible to the pilot.

(f) Revisions and amendments. Each Airplane Flight Manual (AFM) must contain a means for recording the incorporation of revisions and amendments.

Are they available on paper or display?

キャリアに依存して、iPadsに多くの動きがあり、多くのもののデジタル化が見られました。

2
追加された
質問に具体的に記載されている文書はどこに記載されていますか? FCOMは明らかにAFMと同じですが、残りはどうですか?
追加された 著者 Jan Hudec,
私はリストされたものについてもう少し研究をするつもりです。これは質問の「他の文書と法的に必要なもの」への答えでした
追加された 著者 Dave,