航空機の機体年齢や金属疲労に関するガイドラインはありますか?

機体が金属疲労の影響を受ける時期についてのガイドラインや経験則はありますか?

具体的には、1950年代のビンテージ・セスナのようなものですか、それとも金属の疲労を心配すべきですか?私はC172を買って完全にオーバーホールすることを考えていますが、どうすれば金属の疲労を心配すべきかどうかを判断できますか?飛行機はとても古く、その構造は年齢のために損なわれていないと私には思われません。

4
はい、航空機が半分くらいのまともな基準にさえ維持されていれば、そうです。腐食は時間がたつにつれてアルミニウムを痛いが、50年代に建設され、良好な状態に保たれた飛行機は安全である。乾いた気候(GoogleEarthの茶色の部分)で長い歴史を持つ航空機に目をつけてください。旧式の飛行機は全く新しい状態で見ることができ、絶対的な飛行船である新しい飛行機を見ることができます。ちょうど良い準備をして、メンテナンスを続けてください。私の次の飛行機はおそらく初期モデルのBonanza(57年前)になるだろうし、構造の強さについて心配もしていない。古い飛行機はよく建てられました。
追加された 著者 analytics2go,
@サイモン:ほぼ確実に20,000時間の飛行機が良い選択です。腐敗している飛行機。飛行機(特に飛行機に乗ってお金を稼ぐ飛行機)は、少なくとも年に一度、多くの場合100時間ごとに目を向けます。あなたが考慮する2つの飛行機を考えれば、私はCessna 2をハイ・タイムなので単純に値引きしません。
追加された 著者 analytics2go,
私は、 "いとどき"とは、人々に違うことを意味すると思います。いずれにせよ、私のポイントは飛行機は幸せな飛行機です。私は、飛行機の歴史のいずれかの側面は、時間、使用、場所、保守履歴などの他の考慮事項によって文脈に入るまで何も意味しないと言っていると私は思っています。
追加された 著者 analytics2go,
詳細を追加する必要があります。 1955年に建設されたセスナ1号は、一度飛行し、先週までの間、げっ歯類の状態で保存されました。セスナ2は1985年に建設され、主に訓練を受けて20,000時間飛行し、いくつかの激しい着陸に巻き込まれ、機体と構造の修理が多数行われています。どっちがいいですか?
追加された 著者 Simon,
@acpilotだからこそ、私は忌み嫌われた、つまりそれを保存するような方法で言ったのです。それにもかかわらず、私の指摘は、機体の時代は本質的に無意味だということです。
追加された 著者 Simon,
航空機をA&Pに持ち込み、点検を受けさせてください。ログブックなどを見てくださいインターネット上の段落からこれに答える方法はありません。
追加された 著者 c69,

1 答え

短い答えはいいえ、年齢や機体の時間だけでは、これらの軽いセスナについて心配するものではありません。

私が仕事に乗った1975年のC172Mは、機体に約20,000時間以上(正確には覚えていないかもしれません)、主に500フィート以下の低レベルの飛行で、しばしば強風、中程度の乱気流、低レベルの風切り比較的高いG操縦を多く含む飛行、および実証された横風成分をはるかに上回る横風着陸の多くが含まれる。数年前、私の雇用主がそれを買う前に、タクシー運転中に誰かがそれを裏返すことに成功しました。事はまたいくつかの鳥のストライキを持っています。

As an A&P mechanic, I have thoroughly inspected this airframe, to the level of an annual/100 hr inspection. Keeping in mind the airframe's age and history, my inspections included paying special attention to items of structural interest such as spar and strut attach points, control surface attach points, firewall, spars, etc. I have no concerns about the structure of this particular airframe, and I've trusted my life to it over 840 flight hours.

私はかなり古い、よく磨耗した個人のかなりの数を含むいくつかの単一のエンジンセスナモデルを維持するかなりの経験を持っています。私は、金属の疲れのみに起因する構造上の問題に遭遇したことは想起できません。私が考えることができる構造的なインスタンスのほとんどは、ファイアウォールにシワやクラックを引き起こすハードランディングなどの1回のイベントが原因であると考えられます。たとえば、U206Gのクラックギアストラットキャスティングなどのものは、大まかなバックカントリーの飛行に使用される航空機に比較的一般的です。私はそれが一種の金属疲労にまで分化しているかもしれないと思うが、私はあなたがこの質問で心配しているとは思わない。このようなアイテムは既知の問題であり、あなたが空から落ちることはありません。

構造上の問題に関する実際の年齢関連の懸念は腐食になります。明らかに、腐食は短期間で発生する可能性がありますが、機体には過酷な腐食環境下での長期間の滞在が認められ、「良好な」環境よりも貧困に陥る可能性があります。それは言われている、優れた形をした湿気の多い気候の中で吊り下げられたか、または納屋に座っている50年代の素晴らしい機体がたくさんあります。彼らは未使用のまま座っている場合、おそらくエンジンには当てはまりませんが、機体は素晴らしい形になっているかもしれません。

すべての機体が異なり、構造的に大きな問題がないことを保証するために、購入前検査を徹底する必要があります。しかし、年齢と時間だけが本当の懸念ではありません。

私はこれらの要因のために、ハイテクのヴィンテージセスナ機を買うことをためらっていません。

4
追加された
X線(Beech 18)、染料ペン(Be 35,36,55,58など)、または他のNDT方法で幻想的になることができますが、古いMkには何も問題はありません。私はそこにある光のほとんどのためにアイボール。それをこのように考えてみましょう。両方の架空の飛行機が1Gだけでハンガーに座っています。レベルのない急行飛行では、彼らは1Gです。彼らは、人生のごくわずかな部分について、2G(60°銀行)を参照してください。トレーナーは「Gを引き出す」のに多くの時間を費やすかもしれませんが、大部分のケースでは<2Gと話しています。もし20k時間のトレーナーがどんな広告をも作っていないなら、私は合理的に古い172年代が良いと確信しています。
追加された 著者 analytics2go,
あなたはセスナの金属疲労をどうやって調べますか?あなたは視覚的にひび割れやその他の兆候がないか、特別な分析ツール(超音波や電気抵抗など)を出していますか?
追加された 著者 TomMcW,