1950年代にはどのように戦闘機が建設されましたか?

私が知る限り、ジェット機は1950年代まで世界中で大量生産されていませんでした。だから私はその時代にどのように構築されたのか興味があります。何種類の工場が必要でしたか?それらの工場はどのように機能しましたか?ジェットあたりに必要なものはどれくらいあり、どれだけの人力が必要でしたか?

今は、機体工場とエンジン工場の2種類しか想像していません。私はもっ​​と学ぶことに非常に関心があり、戦闘機を作ろうとする他の多くのタイプの工場があれば驚くことはありません。

簡単にするために、レーダーのようなエレクトロニクス工場、銃、弾丸、ミサイルのような兵器工場を除外しましょう。

2
@DJClayworth、あるいは1939年以来、このビッカーズ・ウェリントンを受け入れるならば-製品。それは戦闘機ではありませんが、まだ軍用機ですが、それは疑問の背後にある考えだと思います。
追加された 著者 Galwegian,
@DJClayworth:ああ...よく質問を読んでいない!
追加された 著者 Galwegian,
@Simon大量生産は大量生産を意味する。必ずしも組立ラインで生産されたものではありません。私も相対的な言葉で話していました。 50年代は、ジェット機が実際に生産で「離陸」したときです。その前に、ドイツではWW2で大量のジェット機が生産されていましたが、それ以前は主に実験的なジェット機でした。だから、50年代になるまでは、世界中で大量生産されていました(アメリカ、イギリス、ソ連など)。
追加された 著者 cpm,
@サイモンはい、まさにそうです。
追加された 著者 cpm,
ジェットは1950年代に(ここで定義したように)「量産」としか入力していなかったと言っても間違いだと思います。ジェット機は1940年代後半に多数生産されました。
追加された 著者 Chris Leon,
@ビッカーズウェリントンはジェットではありません。
追加された 著者 Chris Leon,
「量産」とはどういう意味ですか?私の直接的な経験はちょっと古いですが、90年代後半にはトルネードでしか行かなかったのですが、多くのアセンブリがあらかじめ用意されていましたが、手作りで作られました。これらの事前組立は手作業で行われています。私はそれを認識するように、例えば自動車業界で言うように、「大量生産」を見たことも聞いたこともありません。あなたは何を意味するのかの例を教えてくれますか?
追加された 著者 Simon,
ああ、私は理解していると思う。大量に、あなたは多数の?
追加された 著者 Simon,

1 答え

機体の建造はジェット時代にはそれほど変わらなかった。すべてのアルミ製航空機について話しているとすれば、発電所は生産ラインの観点から幾分抽象化されています。

ロッキードが初期の P-80ジェット(すべてではないプロペラのカウンターパーツとは異なるもの) 。この画像は、この画像だけでさまざまな段階で見ることができるように、機体が1つの場所にすべて組み込まれているかのように見えます。

enter image description here (source)

これはの歴史に関するかなり興味深い記事です飛行機とケリー・ジョンソンの役割を果たしました。

生産現場のどのようなものであっても、組立ラインはツーリングとほとんど変わりません。生産に何かをもたらすための主なコストの1つは、工具を切断して準備することです。ジェット機のフレームを組み立てることは、時代の高性能プロッププレーンを組み立てることとは異なるものではなかった。

物事がより複雑な資料に移動するにつれて状況はより複雑になりました(これはあなたの質問参照より少し遅れて来ましたが、それ以下ではありませんでした)。すべてのアカウントで、SR-71ブラックバードの予算の膨大な部分が、チタンで動作するツールの開発に費やされました( をご覧ください。

The engine companies (Like GE/P&W etc) saw much bigger changes as they were now making and testing a completely different product. The P-80 above housed a GE/Allison J33. This would have fallen on to GE to build and like many engines prior would have simply been bought by Lockheed for the plane.

私は、この飛行機の時代に向けて、厳しい生産数/時間を試してみることにします。

4
追加された
私は航空電子工学の大部分もアウトソーシングされていたと確信しています。人工地平線、ピトー管、IASゲージなどはすべて、プロパワー飛行機のために建造した同じ会社によって建設され購入された。おそらくその座席(特別な排出座席)もそのカテゴリーに入るだろう
追加された 著者 FreeMan,