パターン番号

あなたの使命は、あなたがそれを受け入れることを選択した場合、3つの部分です:A)パターンを描きなさい; B)同じパターンに続く2で始まる11個の数字列を与える; C)α(アルファ)で始まる11文字の文字シーケンスを与えます。

A)  1, 3, 34, 5, 56, 10, 160, 4, 42, 8, 118
B)  2, ?,  ?, ?,  ?,  ?,   ?, ?,  ?, ?,   ?
C)  α, ?,  ?, ?,  ?,  ?,   ?, ?,  ?, ?,   ?

ヒント:

パートCでは、シーケンス内の特定の場所に複数の文字が必要な場合があります。

ヒント2:

シーケンス内の各番号は必ずしも前の番号と直接関係しているとは限りません。

ヒント3:

シーケンス全体にどのようにフィットするかという点ではなく、個々の数字の側面を個別に考えてください。

9
これらが長さ11の配列であるか、より長い(おそらく無限の)配列の長さ11の初期セグメントであるかを教えてください。つまり、最初のシーケンスを続行するように指示するのは意味がありますか?
追加された 著者 Pankaj,
はい。これらのシーケンスを無限に続けることは絶対に可能です。開始番号によっては、理論的にはシーケンスを逆方向に続けることも可能ですが、1と2では不可能です(ヒントヒント)。
追加された 著者 mlibby,

2 答え

シーケンスAは、以下の方法で得られる。

1.数字で始まります(この例では1)。シーケンスは 1 です。
 2.数字の文字数をシーケンスに追加します(1 = 1、したがって3を加算します)。シーケンスは 1,3 です。
 3.同じ数字(o = 15、n = 14、e = 5、34を追加)の文字の数値の合計を加算します。シーケンスは 1,3,34 です。
 4.まだ適用されていないシーケンスの最初の番号に2.と3.を再度入力します。繰り返す。

したがって、シーケンスBは、

2、3、58、5、56、10、115、4、42、8、118.

Cについては、

いくつかの方法が考えられますが、これを試してみましょう(ギリシャ語のアルファベットには24文字が付いていることを覚えておいてください)。ステップ2.では、英語の文字数を使ってギリシャ文字(「アルファ」は5文字)に変換し、ギリシャ文字に再度変換します(αが数字0の場合はζが5)。もちろん、私たちはベース24に数えます!
 ステップ3では、同じことが再びベース24でギリシャ文字に変換されました。

これは与える

α、ζ、βν、ε、γε、η、γπ、θ、δτ、ν、ζη。

2
追加された
絶対に正しい!よくやった。 :)
追加された 著者 mlibby,

(Community evidence locker— feel free to add or correct)

適切かどうかにかかわらず、共有に抵抗するにはあまりにも見栄えがよく、 シーケンスAの因子は、二項分布を想起させるものであり、 均衡の取れた7つのリティがたくさんあります。

                               2
                               4
                               5
                               8
                      2       10       2
                      4       16       3
                      7       20       6
                      8       32       7
               2     14   2   40      14   2    2
              17     28   5   80   2  21   4   59

    A)  1, 3, 34, 5, 56, 10, 160,  4, 42,  8, 118


    i   1  2   3  4   5   6    7   8   9  10   11
1
追加された
列には、シーケンスAの各要素の要素が表示されます。これを明確にするようにします。
追加された 著者 humn,
さて、私は今のところそれを残しておき、これらのコメントをソルバーのガードレールとして役立てます。非常に興味深いパズル。
追加された 著者 humn,
...私はここで何を見ているのか全く分かりません。 :/
追加された 著者 mlibby,
とった。うん、それは絶対に何とも関係ない。しかし、興味深いリードのために+1。
追加された 著者 mlibby,