VS2008スタティックおよびインポートライブラリのドキュメントはどこにありますか?

VS2008に付属のMSDNのドキュメントを見ると、静的ライブラリとインポートライブラリに関連する詳細なドキュメントは見つかりません。具体的には、静的ライブラリと静的ライブラリのトレードオフ、CRTのバージョン依存性、メモリ共有と例外処理などに関するそれぞれの影響

以前のバージョンのVSでは、メモリが提供されていて、以前のバージョンのこのドキュメントに関するドキュメントが多かったのですが、スタティックライブラリプロジェクトを作成し、それにクラスを追加するためにどのボタンを押すかを説明するページより詳細な内容はありません。

VS2008はMFCをもはやサポートしていないのにMFCに関する多くのドキュメントを参照しています.Dotnetに関する多くのドキュメントがありますが、コア言語やライブラリ参照以外のC ++開発に関するものはほとんどありません。

私はグーグルで有用なものは見つけられませんでしたが、情報ゴールドを返す文字列をまだ見つけていない可能性があります。

誰もが良い概観へのリンクを持っていますか?

1
「VS2008がMFCをもはやサポートしないとき」VS2008はどのようにMFCをサポートしていませんか?それでもMFCが付属しています。そして、2008 SP1はかなり重要なMFCアップデートを提供しました。
追加された 著者 Nicol Bolas,
私の推測:Visual Studio Express Edition?
追加された 著者 sehe,
MFCの全体的なポイントは、GUIとCOMアプリケーションの開発を簡略化することです。これは、ウィザードの拡張サポートを組み込むことで実現しました。オートメーションメソッドをMFCクラスに簡単に追加できるようにするために使用されたClassWizard。そのウィザードのサポートはすべて、VSの前のバージョンのいくつかのバージョンを静かに削除しました。そのため、ウィザードのサポートを有効にしたMFCのすべてのフレームワークコードは、まさに死んでしまいました。それがこの質問の本当の話題ではありません。
追加された 著者 Neutrino,

2 答え

Visual C ++のチュートリアルページには、plentifyいくつかの関連するものを命名する:

C/C ++プログラムページ(隔離されたアプリケーションを構築するため、静的リンクやサイドバイサイド展開にも関連しています)。

0
追加された
ありがとうございますが、ここでリンクしているのは、私がすでに触れたドキュメントです。これは、新しいプロジェクトを作成するためにどのボタンを押すかを説明するものです。もっと深いところが必要です。
追加された 著者 Neutrino,

VS2008に同梱されているMSDNのドキュメントを見ると、   静的およびインポートに関連する詳細なドキュメントを見つける   ライブラリ。具体的には、動的ライブラリと静的ライブラリのトレードオフ   CRTのバージョン依存性に関するそれぞれの示唆は、   メモリ共有と例外処理など。

msdn.comで「CRTライブラリ」を検索すると、これが最初の結果になります。

Cランタイムライブラリ

CRTライブラリの静的バージョンと動的バージョンに関するかなりの情報があります。

ダイナミックリンクライブラリについては、 DLLのこのページ

「C/C ++分離アプリケーションとサイドバイサイドアセンブリのビルド」というページもあります"を参照してください。これは、静的ライブラリを使用する利点(孤立したアプリケーションの作成方法)です。

メモリが提供されていた場合は、   以前のバージョンのVSでは、これ以上何もないようです   どのボタンを押してボタンを作成するかを記述したページ   静的ライブラリプロジェクトを作成し、クラスを追加してください!

msdn.comで「静的ライブラリ」を検索すると、これが最初の結果になります。

チュートリアル:スタティックライブラリの作成と使用(C ++)

タイトルには、スタティックライブラリを馬の口からまっすぐにする方法が段階的に示されています。

0
追加された
同じことがSeheに行ったコメントと同じです。私は静的ライブラリプロジェクトを作成するためにどのボタンを押すべきかを知る必要はありません。静的ライブラリを深く記述したドキュメントを探しています。私は特に、DLLやCRTに関する情報を探して 探していません。
追加された 著者 Neutrino,