CouchDBのリビジョンは、設計の観点からどのように扱われるべきですか?

私が知る限りでは、CouchDBのリビジョンは、ドキュメントのバージョン管理という言葉のリビジョンのように扱われるべきではありません。他の投稿を見ると、粗いコンパクト操作が呼び出されるまで存在する一時的なデータと見なされるようです。

私の質問は、CouchDBを使用してドキュメントやバージョン履歴を維持することに興味がある場合は、CouchDBのリビジョンでネイティブに処理できるようにするか、存続するレイヤーを構築する必要がありますコンパクトな操作ですか?

私は後者を考えています。なぜなら、Couchは最新のアップデートだけをドキュメントのリビジョンに複製しないからです。これは、リビジョンが誤解を招くような名前であると私に思います。レプリケーションを安定させるためのデータ構造のほうが多いからです。

3
これは私が探していた答えかもしれません 追加された 著者 Jacob Groundwater,

1 答え

couchdbリビジョンはデータのバージョニングシステムではない ため、そのレイヤーを構築する必要があります。

'revision'は誤解を招くものであり、 'version'もそうであり、これまでに提案されているすべての名前もそうです。これがいかに難しい名前であるかを確認する場合にのみ、提案が歓迎されます。

3
追加された
バリアントは不特定のようです。私のソフトウェアでは、一部のデータの代替ビューを示すためにバリアントを使用しました。 write_order save_number のようなdbmsの技術的側面をより明らかにするものは何ですか?
追加された 著者 mortb,
私は私の提案としてバリアントを投げつけるつもりです
追加された 著者 Jacob Groundwater,