HTML5 appcache:NETWORK:セクションは本当に何ですか?

誰かが自分のURLをすべてNETWORK:セクションに入れたくない場合は見つかりません:

ネットワーク: *

リソースがCACHE:セクションまたはNETWORK:セクションにない場合、リソースはロードされません。しかし、リソースがCACHEになくても、NETWORK:セクションにある場合は、少なくともユーザーがオンラインの場合にロードされます。

1
同じ質問をしようとしていた。おそらく、 NETWORK セクションでは、他のセクションの設定をどうにかすることが可能です。一方、 * を指定すると、キャッシュされたリソースがオフラインモードで配信されることはありません。実際には、 NETWORK セクションは私にはかなり不必要です。
追加された 著者 feklee,
いくつかの読書をして、セキュリティについて知っていた:私の答えを参照してください。
追加された 著者 feklee,

2 答え

NETWORK セクションでは、信頼できるリソースのみをホワイトリストに表示できます。それは安全対策です。したがって、純粋なオンラインアプリ、つまり他の2つのセクション( CACHEFALLBACK )を使用しないアプリでも便利です。

MDN からの引用(2012-10-28 CEST、私の重点を置いて):

アプリケーションキャッシュ内のネットワークエントリは基本的に「オンラインホワイトリスト」です。-NETセクションセクションで指定されたURLは、キャッシュではなくサーバーからロードされます。 これにより、ブラウザのセキュリティモデルでは、承認されたリソースへのアクセスを制限することで、ユーザーにセキュリティ侵害の可能性を防ぐことができます。

3
追加された

はい。それで合っています。以下は私が見つけた完璧な答えです:

 A manifest can have three distinct sections: CACHE, NETWORK, and FALLBACK.

CACHE:
This is the default section for entries. Files listed under this header (or immediately     after the CACHE MANIFEST) will be explicitly cached after they're downloaded for the first time.
NETWORK:
Files listed under this section are white-listed resources that require a connection to the server. All requests to these resources bypass the cache, even if the user is offline. Wildcards may be used.
FALLBACK:
An optional section specifying fallback pages if a resource is inaccessible. The first URI is the resource, the second is the fallback. Both URIs must be relative and from the same origin as the manifest file. Wildcards may be used.
1
追加された
JavaScript - 日本のコミュニティ
JavaScript - 日本のコミュニティ
2 参加者の

日本人コミュニティのjavascript