複雑な関係を持つ複雑なデータベースのための流暢NHibernateまたはHibernate

私は複雑な関係を持つデータベースを持っています。私は私のプロジェクトでFluent NHIbernetを使用する方が良いか、NHibernateのみを使用する方が良いかどうかを知る必要があります。私は流暢よりも自動マッピングなどの方が良いことを知っています。しかし、私は本当に複雑な関係を持つ複雑なデータベースを持っているとき、将来私はいくつかの問題を抱えています。流暢なNHibernateいくつかの制限があります。 Fluentは設定中にいくつかの問題を解決しますか? NHibernateとしてNHibernateが遅くなるでしょうか?

3
複雑な定義...
追加された 著者 Ivan Crojach Karačić,
私はそれを大きなデータベースと呼ぶことはほとんどありません。何百ものテーブル、あるいは何千ものテーブルに入ると、パフォーマンスについて心配し始めますが、両方を試したことを示すコードを見た後でしかありません。彼らは比較するのに十分簡単です。
追加された 著者 Bob G,
はい、それは大きなdatabesではありません申し訳ありませんが、私は複雑な関係を持っている..私はdatabesで多くのデータを持っているいくつかの複雑なクエリを行うだろう...
追加された 著者 Eddy_Screamer,

2 答え

誰かが間違っている場合私は正しいが、私はフードの下で流暢nhibernateがnhibernateに読み込まれるXMLマッピングファイルを作成すると思う。

You can configure fluent-nhibernate to handle both the ClassMap<> and the xml based .hbm.xml mapping files. If there are situations you run into that fluent-nhibernate cannot handle then you can drop back to the xml mapping files if needed. The advantage of the fluent-nhibernate mapping is that it is easier to refactor your POCO classes as you have compile time checking, where as the xml mappings you will only know if there is a problem at runtime.

6
追加された

質問は建設的ではありません。 NHとFluentNHの唯一の違いは、XMLバインディング定義対コード内バインディング定義です。 FluentNHはスキーマを定義するだけで、ORMロジック自体には何もしません。それはまだNHibernateです。

1
追加された