Twisted Deferredコールバックで例外を捕捉する方法

    from twisted.internet import reactor, defer

def getDummyData(x):
    """
    This function is a dummy which simulates a delayed result and
    returns a Deferred which will fire with that result. Don't try too
    hard to understand this.
    """
    d = defer.Deferred()
    # simulate a delayed result by asking the reactor to fire the
    # Deferred in 2 seconds time with the result x * 3
    reactor.callLater(2, d.callback, x * 3)
    return d

def printData(d):
    """
    Data handling function to be added as a callback: handles the
    data by printing the result
    """
    raise ValueError('IIIGGAA')
    print d

def nextCall(d):
    import pdb; pdb.set_trace()
d = getDummyData(3)

d.addErrback(nextCall).addCallback(printData).addErrback(nextCall).addCallback(nextCall)


# manually set up the end of the process by asking the reactor to
# stop itself in 4 seconds time
reactor.callLater(1, reactor.stop)
# start up the Twisted reactor (event loop handler) manually
reactor.run()

function nextCall - 決して呼び出しません。私はValueErrorを見つけることができましたか?

ありがとう。

2

1 答え

4 秒以内に原子炉を止めるよう原子炉に求めるコードの下に原子炉が実際に 1 秒後に停止するよう求めているため、決して呼び出されません。 2秒の callLater は決して呼び出されないので、 d は決して起動されないので、 nextCall は決して呼び出されません。

おそらく、適切に遅延同期して callback を呼び出すだけで、リアクタを使用せずにこの例を構築してみるべきでしょうか?原子炉が単純な Deferred を発射して同期させる必要がないので、正確に何が起こるかをより正確に知ることができます。

4
追加された
あなたは正しく、ありがとう!わかりません。どうやってそれを逃したの?
追加された 著者 Oduvan,