SolarisのGDB:/ proc/168:定義されたデータ型には大きすぎる値

Websphere MQからのメッセージを処理してターゲットアプリケーションに送信するSolaris SPARC 8で動作するCアプリケーションがあります。

アプリケーションはSolaris 10およびLinux 100%で変更されずに実行されます....問題はありません....

この特定のボックスでは、4000個以上のメッセージで実行され、AD HOCベースでは「ハング」しているようです...

そこで私はGDBをインストールしました。私は実行中のプロセスにアタッチすることを望んでいたので、次のように実行しました:

gdb ./idoclink_inbound --pid = 168 -tui次の出力が表示されます。

exec No process In:                                          Line: ??   PC: 0x0
and "show warranty" for details.
This GDB was configured as "sparc-sun-solaris2.8"...
Attaching to program `/opt/smq/idoclink/bin/idoclink_inbound', process 168
/proc/168: Value too large for defined data type.
do_attach: couldn't save traced faults.
(gdb) backtrace
No stack.
(gdb)

私は本当にプロセスが何をしているのかを調べる必要があります。あなたはこの問題が何であるか考えていますか?

GDBのバグのように思えるでしょうか?

どんな助言や助けも大いに感謝します;-)

リントン

1
mmmm ..... GDBが32ビットモードでコンパイルされている可能性があります.64ビットモードで再コンパイルする必要があります...
追加された 著者 Lynton Grice,

1 答え

GDBは32ビットモードでコンパイルされる可能性があります

GDBは32ビットモードで間違いなくビルドされています。 64ビットモードでビルドされている場合は、 spacv9-sun-solaris ... となります。

64ビットモードでの再構築は、この問題を解決する可能性があります。

1
追加された