Team Foundation Server:バージョン管理されていないローカルファイルを削除する方法

私は、同じソリューションのブランチ間で複雑なマージを実行しようとしています。私たちはTeam Foundation Serverを使用していますが、変更された内容を直接TFSに依頼するのではなく、WinMergeとローカルでフォルダを比較することをお勧めします。問題は、WinMergeのフォルダ比較を汚染するソース管理にないファイルがたくさんあることです:bin、obj、静的コード解析ファイル、ローカルに作成されたものの、破棄されずに削除されなかったプロジェクト...

私はローカルフォルダを削除し、強制的にソース管理からそれをきれいにすることができますが、私は遅いVPNを通してソース管理に接続しています。私は重複していると思われるファイルを手動で削除することもできますが、これは網羅的すぎるほど経験的です。

だからここに私の質問です:ローカルフォルダをきれいにするためのtfsコマンドはありますか?

15

4 答え

2015年に tfpt は廃止されました。 2015 TFS Power Tools をダウンロードした後、新しいコマンドは次のようになります。

調整/クリーン/再帰的な調整

最後のドットは、あなたの開発者コマンドプロンプトがあなたの作業領域のルートディレクトリにあり、/ recursiveはすべてのサブディレクトリを含めることを前提としています。

コマンドを実行すると、すべての変更のプレビューがポップアップ表示され、すべてではないにしても、保持したいものをチェリーピックアップする機会が与えられます。

注:保留中ファイルは検索結果には含まれません。それらも削除したい場合は、保留中の変更を最初に元に戻す必要があります。

20
追加された
これは素晴らしいことです。「 VS2015用の開発者コマンドプロンプト」を開き、調整するソリューションまたはプロジェクトに移動し、上記の tf コマンドを入力してください。すばらしいポップアップを使用して、必要なファイルを選択および選択解除できます。
追加された 著者 Jaider,

あなたは以下を使用することができます:

tfptスコーチ

..command for this purpose. the TFPT command line is part of the TFS Power Tools

18
追加された
素晴らしいです、ありがとう!ちょうど試みられ、魅力のように働く。
追加された 著者 Evren Kuzucuoglu,

いいえ、コマンドはありません。バージョンコントロールには、バージョンコントロールに追加されていないファイルについてはわかりませんが、削除することはできません。

1
追加された
コメントを残さずにdownvotingに感謝します。
追加された 著者 PVitt,

Visual Studio 2017の場合、Power Toolsはありませんが、ほとんどの機能がTFS 2017に移行されているというのは良いことです。そのため、ツールをインストールせずに次の機能を使用するだけです。

tf vc reconcile/clean/recursive。

1
追加された