Spring @トランザクションアノテーションの使用法

@transactionalアノテーションをlimsserviceの監査メトリに置かないと、監査ログは保持されません。しかし、persistenceServiceの永続メタオブジェクトにはすでにこのアノテーションがあります。なぜこのアノテーションを入れる必要がありますか?

  @RequestMapping(value = "/lemf", method = RequestMethod.POST, headers = "Accept=application/json")
    public
    @ResponseBody
    Lemf create(HttpServletResponse response, @RequestBody Lemf lemf) {
        try {
            Lemf l = limsService.findLemfByName(lemf.getName());
            if (l == null) {
                     lemf=   limsService.addLemf(lemf);
                    limsService.audit("User action",getRequestInfo(),"New lemf created.");
                     return  lemf;
            }
            sendError(response, "Lemf Allready exist.");


        } catch (ProviderException e) {
            sendError(response, e);
        }
        return null;
    }


public class PersistenceServiceImpl implements PersistenceService {

   @Transactional(readOnly = false)
    public  T persist(T obj) {
        if (obj.getSystemId() != AbstractPersistable.UNSAVED_ID_VALUE) {
            log.info("Updating... :" + obj);
            T merged = em.merge(obj);
            return merged;
        } else {
            em.persist(obj);
            return obj;
        }
    }

}


public class LimsServiceImpl implements LimsService {
  @Override
    public Lemf addLemf(Lemf lemf) throws ProviderException {
        return  persistenceService.persist(lemf);
    }

    @Transactional
    public void  audit(String type,Pair  pair,String log)  {
         auditService. audit("User action", pair, "New lemf created.");
    }

}
3

1 答え

Spring Reference chapter 10.5.6. Using @Transactional

これについては非常に明確です:

ヒント

     

Springは、インターフェイスに注釈を付けるのではなく、具体的なクラス(および具象クラスのメソッド)に@Transactionalアノテーションを注釈することを推奨します。 @Transactionalアノテーションは、インターフェイス(またはインターフェイスメソッド)に置くことはできますが、これはインターフェイスベースのプロキシを使用している場合にのみ期待したとおりに機能します。 Javaアノテーションがインタフェースから継承されないという事実は、クラスベースのプロキシ(proxy-target-class = "true")またはウィービングベースのアスペクト(mode = "aspectj")を使用している場合、トランザクション設定は次のようになります。プロキシとウィービングインフラストラクチャでは認識されず、オブジェクトはトランザクションプロキシにラップされません。これは明らかに悪いことです。

1
追加された