まっすぐなアプローチから滑走路の整列はどうすればいいですか?

より正確には、ストレートインアプローチが存在する場合、直進アプローチコースと滑走路ヘッディングの間の最大角度はどの直線か?

I had thought it is 15° for GPS IAP and 30° for others. However, when I looked at RNAV (GPS) RWY 28L @ KMRY, the angle is |279.4° - 261°| = 18.4° > 15°. Is there any other rule that applies, or is this simply an exception?

IAP滑走路図(左下)には、FAFからMAPまでの距離とコース方向の矢印があり、ここでは省略されています。

RNAV (GPS) RWY 28L @ KMRY

8
FAA機器手順ハンドブックによると、第4章 、p 4-63:垂直ではない誘導型の直線的なRNAV(GPS)アプローチの場合、最終的な進路は、滑走路の中心線の15°以内でなければなりません。しかし、LPアプローチがここではまっすぐに考えられるのかどうか疑問に思うが、LNAVアプローチは本質的に回り道アプローチと考えられている。しかし、なぜLNAVオプションがあるのでしょうか?
追加された 著者 J Walters,
また、G1000/GFC700 WAAS搭載のデータベースでは、LPアプローチの手順はなく、LNAVのみであることに気付きました。
追加された 著者 r2_d2,

1 答え

これは興味深い質問です。なぜなら、RNAVのアプローチ基準は、 TERPS </あなたが期待するように>。代わりに、RNAVのアプローチについては、FAAの個別注文が 8260.58 あります。

TERPSは実際には、ほとんどのアプローチ(例えばセクション4-2-4)では最大30°、VOR/DME RNAVアプローチ(セクション13-3-4)では15°ですが、VOR/DME RNAVアプローチは依然としてベースです地上局(セクション13-1):

VOR/DME RNAVシステムは、VOR/DME、VORTAC、   またはTACAN参照施設。これらのシステムは、半径方向および距離   参照施設から位置と飛行経路を計算する   情報

一方、地上ステーションに基づかない「真の」RNAVアプローチの基準は8260.58で定義されており、垂直ガイダンスのないアプローチでは30°までのオフセットが可能です(セクション3-2-2)。

a. Offset. When the final course must be offset, it may be offset up to 30 degrees (published separately from vertically guided) when the following conditions are met:

(1) Offset ≤ 5 degrees. Align the course through LTP.

(2) Offset > 5 degrees and 10 ≤ degrees. The course must cross the runway centerline extended at least 1500 feet prior to LTP (5200 feet maximum).

(3) Offset > 10 degrees and ≤ 20 degrees. The course must cross the runway centerline extended at least 3000 feet prior to LTP (5200 feet maximum). For offsets > 15 degrees, CAT C/D minimum published visibility 1 SM, minimum HAT of 300 feet.

(4) Offset 20 to 30 degrees (CAT A/B only). The course must cross the runway centerline extended at least 4500 feet prior to the LTP (5200 feet maximum).

あなたが示したアプローチは垂直ガイダンスを持っていないので、それはこのセクションに該当するため、プレート上にマークされた16.76°のオフセットは正常です。

7
追加された