最終的なアプローチでは、航空機のカテゴリー別に、または高さによってのみ、右折するルールは何ですか?

私は学生のパイロットで道を勉強しており、着陸規定について混乱しています。右折は、まず航空機カテゴリによって決定され、次に位置によって決定されます。それは理にかなっている。

しかし、最後の規定は、最終的に、下の航空機がすぐにいると言います。これは、カテゴリに関係なく下部航空機に通行権があることを意味しますか、下部航空機は同じカテゴリにある場合にのみ通行権を持ちますか?

例えば、グライダーが最終的だが高いところにあり、セスナ172が最終的だが低い/近いところにいるなら、誰が道を通るだろうか?

10

1 答え

C172には道がありますが、それはより低いです。ルールは 14 CFR 91.113 であり、カテゴリーが記載されている唯一の場所は91.113(d)で、「ほぼ同じ高度」の交通に関する収束トラフィックです。 着陸の交通に関しては、下の航空機には道があります。

People spend lots of time and energy discussing who has right of way on final, what "on final approach" really means, if it's OK to cut off a faster (or slower) aircraft, if an aircraft on a 5-mile final prevents other aircraft in the pattern from landing etc. But the discussion often becomes a bit academic: practically speaking the point is to be safe, not create any problems, and not cause other aircraft to go around or maneuver to avoid you. Think of it like pulling out of a side street in your car: if another car is coming then you shouldn't cause him to brake hard or swerve to avoid you.

11
追加された
また、多くの快適さを得るために十分な空港の使用がある場合、コントロールタワーがあります。
追加された 著者 Ian Ringrose,