1つの滑走路に出発と到着の最適なシーケンスは何ですか?

When in a peak load scenario with plenty of departing & arriving aircraft to keep the ATC pipeline full, are there considerations that make a certain sequence of Departures/Arrivals that optimizes throughput?

For specificity, let us assume a single runway in use and no general aviation aircraft with predominantly jet traffic and multiple runway entry & exit taxiways available. Including high speed exit turnoffs.

私は通常、次のようなシーケンスを見ます:

 Dep-Dep-Arr-Dep-Dep-Arr

しかし、代わりの最適化は次のようになります。

Dep-Arr-Dep-Arr-Dep-Arr

I realize that the specifics will depend on the exact aircraft 等 but just to use an idealized model what would result from typical operating constraints. e.g. You need to allow a certain separation during approach but you can have multiple aircraft lined up for take off. So is the potential to squeeze departures into the "holes" higher? Also, you can clear a second departure after a first far more rapidly, than the landing-to-landing interval right?

Just wondering, if you had to set up a formal optimization model what sort of parameters & constraints should go into the model as inputs.

A follow up question: Say you had two runways available in parallel & widely spaced apart. Does it make sense (for throughput) to dedicate one to landings & another to takeoffs or is it more efficient to mix landings & takeoffs on both runways?

R18L: Dep-Dep-Dep-Dep-Dep-Dep-Dep-Dep-Dep
R18R: Arr-Arr-Arr-Arr-Arr-Arr-Arr-Arr-Arr

R18L: Dep-Dep-Arr-Dep-Dep-Arr-Dep-Dep-Arr
R18R: Dep-Dep-Arr-Dep-Dep-Arr-Dep-Dep-Arr

PS. If further simplifying assumptions are necessary, let's imagine a hypothetical airport serving a single aircraft type, say A320 only. Or assume any type you will to be representative of a wide class of aircraft just to get the modelling started.

10
興味深い質問。答えではなく、問題の要素にすぎません:空港の活動 --- 空港滑走路の最適化 --- 機体着陸最適化のモデル
追加された 著者 Galwegian,
1つの滑走路で1日に900便の情報を確認するには、NATS Gatwick Arrivals Reviewをご覧ください。現在、ヒースローでトライアルを行い、ガトウィックで展開される予定の時間ベースの分離も見てください
追加された 著者 cgnieder,
追加された 著者 user558,
これは非常に幅広い質問であり、多くの要因に依存しています。一部の空港では、1日の出発時にはより多くの出発があり、別の空港ではより多くの出発があります。あなたの最初の例では、到着の2倍の出発がありますが、2番目の場合は均等です。複数の滑走路を持つほとんどの空港は、別々の到着と出発滑走路を使用します
追加された 著者 TomMcW,
この件に関する情報はウェブ上にたくさんあります。 FAAから空港管理、大学、民間コンサルティング会社に至るまで、誰もがこのテーマを訪れました。そして、そのすべてがWeb上に公開されています。ちょうどほぼすべての主要空港には利用可能な交通調査があります。あまりにも私は答えに要約するためにどこを開始するのか分からない。可能であれば、到着と出発は別々の滑走路で行われることは明らかです。 1つの滑走路で何をすべきかに関する多くの情報はありません。 1つの滑走路しか持たない本当の忙しい空港はまったくありません。多分、私
追加された 著者 TomMcW,
もし多忙な単一滑走路の空港に出かけることができれば、その質問に答える交通調査があります。
追加された 著者 TomMcW,
それは、私には、復帰渦のポーヴから、あなたは逃げ道と弧を交互にしたいと思うようです。その理由が分かれているかどうかはわかりません。
追加された 著者 TomMcW,
@TomMcWもう一つの方法は次のとおりです。空港として私は到着と出発の数が一定の場合、ATCは分離されたり混ざったりしたら簡単ですか?
追加された 著者 curious_cat,
@mins良いリンク。そのうちの1人が「最適な出発順序」について語る。それは私が求めているものに近いものです。私の質問は、最適な出発+到着順序についてです。
追加された 著者 curious_cat,
@ TomMcWしかし、「従来の」知恵が間違っていると人々が考えていることはたくさんあります。例えばあなたが言及したことを思い出してください。可能な場合は別々の滑走路で行われた到着と出発。これは少なくともスループットの観点からは最適ではないようです。到着と出発を混在させるとスループットが向上するようです。 LHRレポートによると、混合モードでは1時間に96回の移動が行われます。到着と出発のための別々の滑走路はあなたに84の動きしか与えません。
追加された 著者 curious_cat,
@TomMcWいずれにしても、私はそこにこのトピックに関する多くの情報があることに異議を唱えていません。 SE-Aviationの要約を持つだけで、この情報が永続的な要約になります。
追加された 著者 curious_cat,

1 答え

通常は、混在使用滑走路が専用の着陸滑走路よりも効率的です。到着は、出発よりも一緒に近づくことが難しいです。最後の5マイルのギャップ(ウェイクアップとすべての出発のために)を実行することは、dep-arr-dep-arrを行う良い方法です。

専用のDep-Arr滑走路を使用すると、航空機の準備ができていると仮定すると、到着専用滑走路の予想時間料金は通常30前後ですが、出発滑走路では約45程度です(最小間隔と仮定し、ファンの見出し、および出発ルートは、中心に向かって良好な分離を可能にするために丁寧に分割される)。

7
追加された