ダブルエンドのILS滑走路が両側から同じ周波数を共有するのはなぜですか?

滑走路を見つけて、両端にローカライザ関連の手順がある場所を見つけましょう。

しかし、これはILSのバックコースコンセプトと一致しません。私が1つの手順を飛ぶと、私は他の手順の後ろにないと私は言うことができますか?インストゥルメントの解釈、HSI、フロントコースの設定方法伝統的なVORでは、ポジティブかネガティブセンスか?

POST EDIT: SIMで試してみると、斜面の上のほうに、コースが戻ってくるようです。私が低くなると、前のコースを示します。

enter image description here

7
それらは間違いなく同じトランスミッタではありません 。影付きの半分は両方のチャートのアプローチコースの右のものです。彼らは確かに両方の通常の感知です。
追加された 著者 Jan Hudec,
私は、インディアナポリス(KIND)の各ILSは各滑走路で同じ頻度を持っていると思います。 3つの滑走路、3つの周波数、6つのILSアプローチ。タワーは反対側の滑走路で使用されていないILSをオフにします。
追加された 著者 Nico Isamu,

1 答え

識別子に耳を傾ける...あなたが10RのI-MRYか28LのI-MTBを持っているかどうかを教えてくれるでしょう。いくつかの滑走路はこのような同じ周波数を使用しますが、他の滑走路は逆方向ILSに対して異なる周波数を使用します。しかし、識別子は常に一意になります。

10Rトランスミッタは、28Lトランスミッタと同時に動作しません。どんな周波数でも "この" IDを使って "この"方向の "この"ビームを送信します。他方は、異なるIDを使用して異なる方向に異なるビームを送信する。それが同じ周波数であるかどうかという事実は偶然である。

通常、同じ長さの舗装路に対する2つの逆方向ILSは、同じ周波数を使用し、もう一方のスイッチがオンのときにはスイッチオフされます。 OPのMRYはこれの良い例で、私が見た他のほとんどの空港でも同じような動きがありますが、これは普遍的なものではありません。リノ、ネバダ州 - KRNO - 同じ周波数で反対のILSがないの例です:16R ilsは110.9ですが、34L ilsは109.9です。同じ舗装、異なる周波数。また、デトロイト、ミシガン州 - KDTWには滑走路4R/22L用に2つの完全ILSが設定されているように見えますが、1対は111.75に、もう1対は111.95に設定されています。

One other note: the various flight simulator programs may or may not accurately model this behavior. Some may simply have every ILS "on" at the same time, so if you're west of "this" airport, you'll receive the ILS for landing east, and vice versa. Works well for a flight simulator program, but that's not how the real world works. It takes a call to tower to have the one ILS turned off and the other turned on, and it isn't something they prefer to do repeatedly or on short notice. In the sim, it's convenient to fly approaches back & forth to 16C then 34C then 16C and so on, but even if traffic permitted, in the real world they'd probably prefer you flew your ILS's to one runway, and use something that doesn't need the ILS or the LOC when landing in the opposite direction.

9
追加された
私は同じ周波数から2つのIDをどのようにブロードキャストすることが可能か疑問に思っていますか?
追加された 著者 r2_d2,