トランスポンダはクラスBの空域の上限に入っている必要がありますか?

クラスBの空域の上限を超えて動作するためにトランスポンダをオンにする必要があるか?

5

2 答え

はい: SMSvonder TannとRaaj Tramが提供する2つのセクションを組み合わせると、次のようになります。

14 CFR 91.215 - ATCトランスポンダおよび高度の報告装置および使用:

     
    

(b)(4)クラスBまたはクラスCの空域エリアの天井の上空および側方境界内のすべての空域にある航空機は、10,000フィートのMSLまで空港に指定されている。

         (I)表面の2,500フィート以下の空域を除く、連続した48の州およびコロンビア特別区の空域(MSLが10,000フィート以上の場合)。   

あなたはトランスポンダなしでBまたはCを飛行することはできません。

もともと電気システムを搭載していない航空機には、特定の例外がいくつかあります。

5
追加された

はい。

一般に、クラスBの空域は10,000フィートまで拡張されます。 FAAは次のように述べています。

すべての航空機にはモードCトランスポンダが装備されている必要があります   10,000フィートms1以上で飛行する場合、48の連続した状態   またはコロンビア特別区、2,500フィート以下の空域を除く   agl。

2
追加された
クラスBの空域は、必ずしも10,000フィートに及ぶとは限りません.7,000を上回るニューヨークを考慮してください。トランスポンダの操作はまだ必要ですが、必ずしもこの特定のルールで行う必要はありません。
追加された 著者 Michiel de Mare,
十分に公正で、私はあなたのFARの引用によって注意をそらされました。 91.215(b)(4)は91.215(b)(5)(i)より良い基準となる。
追加された 著者 Michiel de Mare,
@ NathanG - だから私は "一般的に"始まった。 FAAがクラスBの空域を定義する方法は次のとおりです。「クラスBの空域は、一般的に、空港操作または乗客列車の面で、全米最多の空港を囲む10,000フィートのMSLまでの空域です。出典 - faa.gov/regulations_policies/handbooks_manuals/aviation /…
追加された 著者 RaajTram,